どこまで活用できる?接待交際費として処理できる実例3選

どこまで活用できる?接待交際費として処理できる実例3選

法人が飲食代を使う際には、大きく分けて次の3つに分かれます。

  1. 社員の残業食事代など
    福利厚生費
  2. 会議を目的とした
    飲食代
  3. 接待交際を目的とした
    飲食代

「福利厚生費」と「飲食代」は全額経費となりますが、これまで「接待交際費」は一部または全部を経費にすることはできませんでした。

取引先などと飲食をしながらコミュニケーションを取り、自社製品やサービスなどのアピールをするという手法は、古くから行われています。
しかし
「お酒が入ったら会議費ではないのか?」
「会議を目的とした飲食代なのだけれど、会議室代金を入れて高額になってしまっても、会議費で大丈夫か?」
など悩みは尽きません。

[Read more…]

個人事業者の決算・確定申告のコツ!?

個人事業者の決算・確定申告のコツ!?

いよいよ今週から所得税及び復興所得税の受付が開始されました。
個人事業者の方は収支内訳書や青色申告決算書の集計は出来てますでしょうか?
最近では自動で決算申告ができるクラウド会計ソフトのfreeeCrewなどの会計システムが出てきており便利になってきました。

ただ、自動とはいえ「各勘定科目の内容及び数字は合っているか?」「決算整理」などを確認して行う必要があります。
今回はどのような確認・作業をしていくのか?代表的なものを説明していきます。

[Read more…]

マイナンバーはいつから申告書に記載するのか?

マイナンバーはいつから申告書に記載するのか?

平成28年からマイナンバーが本格稼働されます。

税務署に提出する申告書等にも、マイナンバーを記載する必要があります。

それでは、具体的には、いつから申告書などにマイナンバーを記載する必要があるのでしょうか。

それをまとめてみました。

[Read more…]

個人事業者の確定申告でよくある誤り!?

個人事業者の確定申告でよくある誤り!?

2月に入りいよいよ16日から所得税及び復興特別所得税の確定申告の受付が開始(税金が戻ってくる申告は2月15日以前でもできます)されます。
準備の方は進められていますでしょうか?
今回は個人事業者の方の確定申告で誤りやすい事例の一部をまとめてみました。
是非、ご参考にしてください。

[Read more…]