渋谷区でおすすめする評判の高い経理代行会社6選

渋谷区でおすすめする評判の高い経理代行会社6選
会社の経理について下記のようなお悩みはありませんか?

・経理が突然退職してしまって経理を探している
・求人を出しているが良い人が見つからない
・経理業務をプロにアウトソーシングしたい

こんな企業様におすすめできる経理丸投げOKな会計事務所、税理士事務所、経理代行会社をご紹介します!

[Read more…]

中小企業が必要なお金を手に入れるポイント「資金調達」で会社の成長にスピードをつけよう!

中小企業が必要なお金を手に入れるポイント「資金調達」で会社の成長にスピードをつけよう!

会社を人体に例えると、「血液」に相当するものは何でしょう?
それは「資金」、平たく言うと「お金」です。
会社が成長するため、ひいては会社が存続するためにはお金が必要なのです。
「お金なんて全然いらない」という会社は存在しません。
ならば、どのようにしてお金を調達すればいいのか、知りたいと思いませんか?
今回は「資金調達」、中小企業が成長に必要なお金を手に入れるポイントについて解説します。

[Read more…]

シーン別に理解するべき税務調査の対応方法

 

シーン別に理解するべき税務調査の対応方法

税務調査には「電話対応」「事前準備」「調査当日」という流れがあることがわかりました。

では、具体的にはやらなければいけないことを見ていきます。

 

 

これさえ気を付ければOK!税務調査の当日は慌てず余裕を持った対応を

これさえ気を付ければOK!税務調査の当日は慌てず余裕を持った対応を1~3日ほど行われる税務調査。

どのような流れがあり、どのようなことを注意しなければならないのかを確認していきましょう。

調査の流れがわかれば、自信を持って対応することができます。

税務調査の対象として狙われやすい会社や業種とは?

 

税務調査の対象として狙われやすい会社や業種とは?

税務署は税務調査に入る企業をどうやって選んでいるのでしょうか。

決してランダムで選定されるわけではありません。

実は一定の法則と、世の中の流行が関係しているのです。

では、実際にどんな会社が税務調査の対象となりやすいのでしょうか。

準備をすれば怖くない!はじめての人でもわかる税務調査の対応方法

準備をすれば怖くない!はじめての人でもわかる税務調査の対応方法
9月から10月にかけて件数が増える「税務調査」。

まだ一度も受けたことがない社長の中には何をされるかわからず、怖いと感じている人もいるでしょう。

税務調査について事前に知ることで、必要以上の税金を払わずにすませることができます。
今回は、税務調査に強い税理士にお話をおうかがいました。

「借金は悪」は勘違い?会社を伸ばすために必要な考え方とは

「借金は悪」は勘違い?会社を伸ばすために必要な考え方とは会社のお金は循環しており、売掛金や買掛金、過剰在庫をうまく整理していけば、資金繰りが改善していきます。
ですが、これらは、まだ創業していない方の資金繰り改善には当てはまりません。
実は、創業していない方の資金繰りは意外と大変です。サラリーマンをやめて開業準備期間に入ったとして、その間、無給となります。
また、事務所や店舗のリフォーム費、開店時スタッフの教育費などで、開業資金として貯めた額はあっという間に少なくなっていくでしょう。
今回は借金に対する考え方について説明していきます。

[Read more…]

よい税理士の選び方3つのポイント

役に立つ税理士の選び方
「よい税理士」と一言に言っても税の体系は非常に膨大なので、すべての税理士がすべての税に精通しているわけでありません。

税理士には税金の種類によって、得意不得意があるのです。

ですので、よい税理士と出会いたいと希望する人は、まずは自分が税理士に対して「何を求めているのか」を明確にする必要があるのです。

今回はよい税理士の選び方のポイントを紹介していきます。

[Read more…]

貸借対照表のポイントは3つだけ

貸借対照表のポイントは3つだけ

貸借対照表の見方を皆さんはご存知ですか?

今回は、創業者にとって必要な、貸借対照表の見方を簡単にご説明します。

重要なポイントはたった3つです。

経営理念の3つの柱「ミッション」「ビジョン」「バリュー」

経営理念の3つの柱「ミッション」「ビジョン」「バリュー」尊敬する会社の経営理念を調べてもらうと、気がつくことがあります。

多くの会社では、経営理念が、多少の言葉の違いこそありますが「ミッション」「ビジョン」「バリュー」の3つの言葉に分けられて明示されているはずです。
これらを順に説明していきます。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?