起業家が会社設立時に知っておきたい21のWEBサービスまとめ

LINEで送る
Pocket

会社を設立すると、どうしても避けられない雑務があります。例えば、取引先や仕入先への見積書や請求書の作成、社員の給与計算と給与明細書作成、会計帳簿の作成、経費精算など、会社を運営するためには様々な手間がかかります。それらの作業は、少しでも効率化し売上業務に専念したいところです。

そこで本日は、会社設立後に便利なWEBサービスを紹介します。手間を軽減したり、様々なメリットのあるツールばかりです。ぜひ使ってみてください。 

業務効率化のためのビジネスチャットサービス

複数人で会社を設立する場合はコミュニケーションが非常に重要です。ビジネスチャットを使えばタイムリーなやり取りが可能になり、過去の履歴も残るため非常に便利です。最近のスタートアップ企業の多くが利用していますね。

アウトソーシングができるクラウドサービス

会社を設立した際、会社のロゴを作成したり、名刺をデザインする時に便利なクラウドのアウトソーシングです。比較的安い価格で多くの提案を集められるので、ロゴの作成などは非常に満足感が得られます。

見積書・請求書作成サービス

会社を設立して最初に困るのが、見積書や請求書の書き方やテンプレート探しだったという方も少なくありません。そんな時、クラウド型の見積り請求書作成が便利です。会計ソフトとの連動や売掛金管理、売上のダッシュボードがあったりと、非常に便利になってきていますね

給与計算

会社を設立して、従業員がいる場合は給与明細を作らなければなりません。これも初めての場合分からない事が多く、困るケースが多いですね。給与明細作成も便利なクラウドが出てきています。

会計ソフト

会社設立当初は会計ソフトの入力をするかどうか、判断が分かれる所ですが何はともあれやってみたいという方もいるでしょう。そんな方はクラウドの会計ソフトから入ると導入が比較的楽になります。市販のソフトに比べ、無料で体験できるのがいいですね。

経費精算

経費精算も非常に便利なシステムがあります。領収書をスマホなどで撮影して送るだけで入力データに変換してくれるクラウドシステムです。これがあれば、入力せずに済みますし、データを税理士に渡して申告してもらうことも出来ますね。

名刺管理サービス

名刺もクラウドで管理する時代になりました。いちいち入力せずに文字認識でデータを作成できるので年賀状や住所移転のハガキを送る際にもデータを活用できるので非常に便利です。最近は、データから電話がすぐにかけられたり、地図と連動して場所を教えてくれたりと非常に便利になってきています。

  • すごい名刺管理:無料で取り込み放題の名刺管理
  • Eight:10万人が使う名刺管理アプリ
  • CamCard:名刺認識管理(無料版と有料版1,500円)
  • e-ファックス:PDFやWordファイルをそのままファックスできるサービス。

いかがでしたでしょうか?ここでご紹介したサービスは、評判の良いサービスばかりです。最初は無料で利用できるサービスも多いので、実際に使ってみて感覚的に合うものを選んでみてください。貴方にとって無くてはならないツールになるかもしれません。

 

LINEで送る
Pocket