なぜ、起業時の経理を「丸投げ」すると業績が上がるのか?

LINEで送る
Pocket

なぜ、起業時の経理を「丸投げ」すると業績が上がるのか?
皆様は、「税理士事務所に経理を一切合切丸投げする」と聞いて、どのような印象を受けますか?
「まだ起業したばかりなのに、そんなお金なんかない」というところでしょうか。
しかし、起業時だからこそ、税理士事務所に経理を丸投げすることで、成長が早まります。

税理士事務所に経理を代行してもらう7つのメリット

税理士事務所に経理を代行してもらうと、主に以下の7つのメリットがあります。

1.会計ソフトの入力から解放される

経理業務を税理士事務所に丸投げすると、会計ソフトの入力からは解放されます。
そうなると、別途簿記の知識をマスターする必要はありません。
その分、本来のビジネスに集中できます。

2.帳簿の整理、ファイリングの手間がなくなる

きちんとした経理は、帳簿の整理整頓から。
しかし、自社で行うと手間と時間がかかり、うまくいきません。
税理士事務所は帳簿の整理やファイリングのプロです。
任せておけば、しっかりファイリングされた帳簿をいただけます。

3.決算申告が近づいても焦らなくていい

税理士事務所に経理を頼んでおけば、決算申告が近づくと、やるべきこと、用意すべきものをタイミングよく知らせてくれます。
決算申告はスケジュール管理が命。税理士事務所に任せれば、決算が近づいても安心です。

4.経理の従業員を1人雇うよりも低コスト

「税理士事務所に頼むとお金がかかる」起業時はこんな風に考える方は少なくありません。
しかし、経理の従業員を1人雇うと、給料として最低でも15万前後かかり、さらにパソコンや仕事で必要な機器の導入費、水道光熱費の増加、さらに社会保険料などの負担を要します。
さらに、教育・定着等のコストを考えると、税理士事務所にある程度のお金を払ったほうがコスト面ではるかに安くつきます。

5.毎年の税制改正にも対応

企業は帳簿をつけた後は決算書を作成します。
そして、ゴールは税務申告。
正しい税務申告を行うことが求められており、誤った税務処理をしてしまうと、後になって税務調査でチェックされ、余計な税金を払わされてしまいます。
「税理士事務所に払うお金がもったいない」という考えが、裏目に出てしまうことにもなりかねないのです。

税制は大なり小なり毎年改正されます。
税制改正のたびにマスターできれば問題ないのですが、実際問題、一般の納税者が税制改正の内容を十分に理解するのは不可能といってもいいでしょう。

そこで僕たち税理士事務所の出番です。
記帳から税務申告まで一貫して進めており、税務上の処理は正しく、節税対策は万全です。
毎年の税制改正にもリアルタイムで対応しているので、税務の知識がなくても安心できます。

(ただし、税理士個々人や担当職員によって能力が大きく異なる場合がありますので、しっかりやってくれる事務所とお付き合いされていることが前提のお話となります)

6.融資や助成金等に関する情報が入り、資金調達に有利になる

起業時にのどから手が出るほど欲しいのは、なんといっても資金です。
資金調達は起業時の最大の課題ともいえるでしょう。
しかし、起業したばかりの社長は、融資や助成金等の知識がほとんどない方が多いです。

税理士事務所では、融資や助成金など資金調達に関する情報が逐一入ってきます。
融資の審査が通りやすくなるための事業計画書の作成を指導したり、金融機関との交渉にも同行したりします。

7.経理面での不安が軽減し社長が身軽になる

起業して間もない段階では、経理の従業員を1人雇うより、税理士事務所に経理を丸投げするほうが安心です。
そうすると、社長は身軽になります。
経理面での不安が軽減され、本業に専念できる環境が整います。

税理士事務所による経理や資金調達面でのバックアップがあると、本業に磨きがかかり、業績が向上していきます。
すると、想像以上に短期間での成長が望めるのです。

最後までお読みいただきありがとうございます。
文中でも述べましたが、税理士事務所によって、それぞれの特色があり、業務レベルの格差も大きい業界です。
これから税理士事務所とのお付き合いを考えておられる方は、時間の限りなどもあると思いますが、ぜひ色んな税理士さんとお会いになられてみてください。
その中で、自分(自社)と合う税理士さんと出会っていただくことができればいいなと思います。

LINEで送る
Pocket