誰でもできる!青色申告用の決算書の作り方

LINEで送る
Pocket

年末・年始になると気になってくるのが確定申告です。
特に青色申告の申請をしている方は、青色申告用の決算書の用意が必要になります。

確定申告の書類と合わせてとても複雑なイメージがありますが、大枠の流れをつかむと理解しやすい構成になっています。
まずは決算書の書類についてわかりやすく解説します。

青色申告用の決算書とは?

青色申告用の決算書は、全部で4ページから成ります。
内容は次の通りです。

1~3ページ「損益計算書」

1年間の事業の損益を計算して記入します。
2~3ページの内容を記入して1ページに反映する、というイメージで覚えましょう。

4ページ「貸借対照表」

事業全体の決算時点の状況を記入します。
決算とは、1年間の事業の成果をとりまとめる作業です。

法人の場合は、事業年度。
個人事業主の場合は、1月1日~12月31日までの1年間です。

青色申告用の決算書類はいつ届く?

青色申告用の決算書の書類は、12月中ごろから1月にかけて届きます。

青色申告の申請(「事業開始届」「青色申告承認申請書」の届出)が済んでいる方に送られ、確定申告書と決算書の書類が一緒に届く場合など、地域によって異なるようです。
国税庁のホームページからダウンロードし、プリントアウトして使うことも可能です。
(昨年、電子申告をしている方には決算書、申告書は送られてきません)

青色申告の決算書の記入の流れ

ここが大枠の流れとなりますが記入の流れは次の通りです。

青色申告決算書(損益計算書)⇒青色申告決算書(貸借対照表)⇒
確定申告書B(第二表)⇒確定申告書B(第一表)

※個人事業主やフリーランスなど、対象は「事業取得」を得ている方

この流れからも分かる通り、ただ書類がたくさんある訳ではなくて、それぞれがちゃんと意味のある書面なんですね。
では、記入例のイメージでさらに深掘りしていきましょう。

青色申告用の決算書の記入例

青色申告決算書(1)損益計算書

決算書2ページ目

▼クリックすると拡大します

1.帳簿から月ごとの売上・仕入金額を記入した合計
2.未回収の売掛金額を記入し、貸倒引当金(その5.5%の金額)を記入
3.雇っている人がいる場合、その賃金と源泉徴収税額などを記入
4.青色事業専従者がいる場合、その賃金(専従者給与)と源泉徴収税額などを記入

決算書3ページ目

▼クリックすると拡大します

5.固定資産台帳をもとに、今年の減価償却資産、減価償却費を記入
6.1年間に支払った家賃や賃借料(事務所・店舗・駐車場など)を記入

決算書1ページ目

2ページ、3ページに記入した内容を1ページに反映します。
▼クリックすると拡大します

7.1年間の売上金額、仕入金額などを記入し、売上金額から売上原価を差し引いて記入
8.帳簿から勘定科目ごとの必要経費を記入
9.【7】の差引金額から、【8】の合計を差し引いた金額を記入
10.その他、貸倒引当金などを記入し、合計額を記入。(繰戻額は、前年計上して回収された金額。繰入額は、今年計上した金額)
11.【10】の合計額から青色申告特別控除額を差し引いた金額を記入

青色申告決算書(2)貸借対照表

▼クリックすると拡大します

12.帳簿をもとに、決算時点の事業の「資産」を勘定科目ごとに記入
13.帳簿をもとに、決算時点の事業の「負債」と「資本」を勘定科目ごとに記入

青色申告決算書の書き方は、国税庁が提供している記入例もわかりやすいのでこちらも参考にしてください。
「青色申告決算書」一般用の書き方

まとめ

会計ソフトの普及や最近、登場したクラウド会計サービスなどで、損益計算書や貸借対照表は自動で作成できてしまいます。
ただ、そのためには普段の帳簿を正確に付けることが大事になってきます。
帳簿をしっかりミスなくつけることで、これをもとにとりまとめた決算書が正確なものになり、会社の状況を把握することができます。

LINEで送る
Pocket