節税の基本を知ろう

LINEで送る
Pocket

節税の基本を知ろうそもそも節税って何をすればいいのでしょうか?

恥ずかしい話、なぜ節税をすればいいのかもイマイチわかっていない状況で……
節税より投資をするほうがお金が増えるイメージをもっていました。
といった方に、節税の基本をお伝えします。
 

資産づくりを成功させる基本知識

資産づくりって何をすることなの?

資産づくりを考える場合、多くの人は投資を思い浮かべることでしょう。
株式投資、投資信託、不動産投資、仮想通貨……。いまある現金を元手にいま以上に「増やす方法」を考えるはずです。
投資した金額以上にリターンがあれば、大きなプラスとなり、資産づくりに大きく貢献します。いわば、「攻める資産づくり」です。
ただし、資産づくりとは「攻める」だけが術ではありません。
むしろ資産づくりに成功している人ほど、「攻め」より「守り」、すなわち「減らさないこと」を重視しています。
投資の場合、市場の動きや経済政策の変更など、複雑な要因が絡み合います。

どうなるか先が予測できないなかで、つねにリターンを生み続けるのは難しく、昨日は大きくプラスだったものが、翌日にはマイナスに転じることさえあります。投資は極めて予測が難しいといえます。
そこで発想の転換が必要なのです。
次の3つの観点が大切になります。

1 稼ぐ
2 減らさない
3 再投資する

1はリスクを覚悟でリターンを得ようとする「攻め」中心の考え方です。
2はムダな支出を減らす「守り」中心の考え方です。
3は1や2によって出た利益を再投資する考え方です。

このような考え方をすれば、投資で順調なときに増えた資産を減らさない努力をします。不調なときに蓄えた資産で乗り切り、再投資することができます。
この好循環を実現するには、資産の枯渇を防ぐ「減らさない」工夫が大切なのです。

最重要は「減らさない」こと

「予測できない」はリスクである

節税とは、当初把握していた特例のルールによって算出された税額を、特例や判例を元にした別の税法上の解釈を取り入れることで支払う金額を抑える行為です。
長期的に考えれば、節税は資産形成において非常にプラスの効果があるでしょう。
投資に関する有名な話の例として「籠の中の卵」があります。
1つの籠にすべての卵を入れてしまうと、何か不測の事態があったときに、すべてが割れてしまう可能性がある。
万が一を回避するためには、卵をいくつかの籠に分けておくと、リスクを分散できるという話です。
これは本来、リスクヘッジの例として語られますが、話の本質は自分でリスクをコントロールできるというところにあります。
つまり、資産づくりを成功させるうえでは、イチかバチかの投資ではなくて、「確実にできること」、つまり「コントロールできること」を行うのが重要なのです。
そしてその方法こそ、「節税」なのです。

自分に合った節税策を見つける

効果が最大化できる方法を選べ

資産づくりを成功させるうえで、「減らさない」節税が、どれほど重要かはわかってもらえたでしょう。
ただし、ここで“ある疑問”が浮かぶはずです。
それが「節税の手段」です。ひと口に節税といっても、どんな節税対策があって、それをどのように実行すればいいかわからない方も多いと思います。
個人の立場、会社の立場、置かれた状況によって対策も変わってきます。
まずは税金の種類を知り、それぞれの立場で、どんな節税策を講じればいいのかを把握することが肝心なのです。

【主な税金の種類】
◦所得税
◦住民税
◦法人税
◦相続税
◦贈与税
◦消費税
◦固定資産税

上手に節税するには、ほかの節税策とできるだけ比較をすることです。
どの節税策だったら効果が最大化できるかを比べてください。うまく節税できれば、数百万円の差が生じるケースもあります。

次回は、「資産家の方向けの節税法」をご紹介していきます。

 

LINEで送る
Pocket