年末調整後の還付金に4万円もの差が

年末調整後の還付金に4万円もの差が
私は運送業を営む会社の経営者です。
ここ数年、弊社では適齢期を迎え、
結婚する社員が増えてきています。

昨年は入社4年目の同期社員2名が
ほぼ同時期に結婚、入籍をしました。
しかし、そのときに年末調整のことで、
意外なエピソードがあったことを
思い出したのでお伝えします。
[Read more…]

ふるさと納税を法人が行う際、気をつけることとは?

ふるさと納税を法人が行う際、気をつけることとは?ここ数年、よく話題になるのが「ふるさと納税」というお話。

ふるさと納税といっても、実態は地方自治体への
寄付金の ようですが、個人がふるさと納税をした場合には、
確定申告を行うことで、納付する税金の額から、
一定額の寄付金控除を受けることが出来ます。

[Read more…]

太陽光及び風力発電事業!「グリーン投資減税」

太陽光及び風力発電事業!「グリーン投資減税」
グリーン投資減税(エネルギー環境負荷低減推進税制)とは、青色申告書を提出する個人及び法人が、対象設備(太陽光及び風力発電設備など)を取得し、かつ1年以内に事業の用に供した場合に、取得価額の30%特別償却(一部の対象設備については即時償却)又は7%税額控除(中小企業者等のみ)のいずれかを選択し税制優遇が受けられる制度です。

このグリーン投資減税について別表1の太陽光発電設備を中心に簡単に説明致します。
[Read more…]

ポイントカードの税務上の扱い

ポイントカードの税務上の扱い
最近はどこのお店に行っても
「ポイントカードを作りませんか?」と言われ、
気が付くとすぐにお財布の中は
ポイントカードでいっぱいになってしまいます。
そんな時、すべてのポイントカードが、統合されればいいのにと思うものです。

ポイントカード会社は、ポイントを発行することによって、
ポイントカードを採用している店舗からお金を受け取り、
ポイントを使用されたお店にお金を支払うことによって ビジネスをしています。

[Read more…]

強烈な当事者意識は経営者に必要な資質の一つ目です

強烈な当事者意識は経営者に必要な資質の一つ目です自分自身の人生のリーダーは自分自身しかいません

経営者に必要な資質をひとつだけあげるなら、私は当事者意識を選びます。
経営者には強烈な当事者意識、例えば、頭上から石が降ってきて自分の頭に当ろうとも、そこを歩いていた自分が100%悪いと瞬時に思えるぐらいのそれが必要です。
[Read more…]

見積書の書き方と効率化のポイント

見積書の書き方と効率化のポイント売上を立てるために必要な見積書ですが、その記載のルールは業種や業態によってさまざまです。
一体、どこまで書けば、見積書に法的に有効になるのでしょうか?
今回は、見積書が法的に有効になる内容の書き方、法的に有効になる見積書を簡単につくる方法を紹介したいと思います。
[Read more…]

投資判断時に使える便利な算式

投資判断時に使える便利な算式
投資判断時の大まかな採算ラインを把握する

経営者は、人員を雇用する、広告を出す、値引き販売をする…等の様々な投資判断を下さなくてはなりません。
投資判断を行う際に最も気になる点は、「採算が取れるかどうか」かと思います。

もちろん、机上でいろいろと考えたところで、最終結論は、「やってみなければ分からない」と言うのが本質かも知れません。
しかし、理屈で成り立たない事を現実に成り立たたせるのは大変難しい、というのも事実です。
[Read more…]

請求書管理を効率化するためにクラウドを使う4つのメリット

請求書管理を効率化するためにクラウドを使う4つのメリット売上が上がったら、取引先に代金の支払いを請求するために「請求書」を郵送する必要があります。しかし、取引ごとに請求書を書いたり、郵送したりする作業は非常に面倒。
しかも、請求書の数が多くなると請求書の管理するのも大変です。
また、ワードやエクセルなどの文書データで請求書を作成し、管理している人は、記載ミスや記載漏れ、間違ってデータの上書きをしてしまったりして、取引の記帳漏れという問題も出てくる場合があります。
そこで今回は、請求書発行を正しく効率化するための方法について、紹介していきたいと思います。
[Read more…]

新しい資金調達手法「クラウドファンディング」について

新しい資金調達手法「クラウドファンディング」について「クラウドファンディング」はインターネットを通じて一般の人々から資金を募る仕組みです。
資金調達の新しい手法として、最近「クラウドファンディング」という言葉を耳にする機会が増えているのではないでしょうか。
実際に利用されている方はまだまだ少ないですが、これから急速に発展していく可能性もあります。
[Read more…]

この経費はどんな科目?個人事業向けの「勘定科目」を見てみよう

この経費はどんな科目?個人事業向けの「勘定科目」を見てみよう確定申告の集計していくのに迷うのが「勘定科目」です。
この経費はどんな科目になるの?この取引は?

会計ソフトを利用する場合でも同じことが言えます。
入力項目としては「日付」「勘定科目」「適要:相手先・内容」「金額」なのですが、このうち日付・摘要・金額は領収書などに記載されているので入力しやすいです。
しかし、勘定科目は迷うことが多いのではないでしょうか。

今回は、この「勘定科目」の個人事業向けのものを確認していきましょう。(損益計算書勘定科目)
[Read more…]

申告で困ったら確認しておきたい、決算で必要な5つのポイント

決算でやることは5つある

まずは試算表(合計残高試算表)をつくる

複式簿記による記帳によって、取引の仕訳を総勘定元帳へ転記し終わったら、各勘定科目の借方と貸方を合計していきます。
こうして出来上がったものが、合計試算表です。
そして、借方の合計から、貸方の合計を差し引いて、各勘定科目の残高を算出します。
これが合計残高試算表(試算表)になります。
[Read more…]

どうやってお金を集めて、どう使ったかがわかる貸借対照表

どうやってお金を集めて、どう使ったかがわかる貸借対照表

どのような状態で財産が使われているかがわかる左側

貸借対照表とは、ある事業年度末における会社の財政状態を表す財務諸表のひとつです。
貸借対照表は、大きく分けて左側と右側で記載されている内容が異なります。
[Read more…]

会社の決算申告手続きに必要な16の勘定科目内訳明細書

会社の決算申告手続きに必要な16の勘定科目内訳明細書

決算の月から2ヵ月後が、会社の決算申告手続き期限です。
今回は勘定科目内訳書を中心に、会社の決算手続きの内容を確認してみましょう。

[Read more…]

65万円の特別控除を受けるための記帳方法とは?

65万円の特別控除を受けるための記帳方法とは?
青色申告制度を活用して、65万円の特別控除を受けるためには、「正規の簿記の原則」で記帳をしなければなりません。

正規の簿記の原則とは、資産、負債及び資本に影響を及ぼす一切の取引をきちんと記録できて、最終的に貸借対照表損益計算書を作成することができる記帳方法で記帳することです。
貸借対照表と損益計算書をつくることができる記帳方法は、一般的には「複式簿記」とされています。

[Read more…]

経営する上で、経営者が数字を把握するためにも帳簿が必要

2014年8月4日 by admin_inqup (Edit) 経営する上で、経営者が数字を把握するためにも帳簿が必要

会社を経営していくには、常にその会社の状態を把握するために数字を理解しなければならない、という話をどこかで聞いたことがあるかもしれません。
ところが、具体的にどのような数字を理解すべきかということになると、途端にわからなくなる、という人も多いのではないでしょうか。
[Read more…]