社員の給与と会社が負担する社会保険の関係

8b21cd2ee8c449fb672f78d9b7b8d081_s

起業をして社員を雇う際、人件費について考える必要があります。

その際に、社会保険がいくらかかるのか、把握しておかないと、思わぬところで大きな負担に頭を抱えてしまうことになるかもしれません。

今回は、社会保険について、ご紹介します。

[Read more…]

「助成金」「補助金」の金額以上の2つのメリットとは?

e12f8b77bb70da14f3725b6b1fd64942_s数多くの制度の中から自社の事業に合う助成金や補助金を見つけ出し、申請期間に間に合うよう準備を整え、申請が通った後も定期的に進捗報告を行い、対象事業が完了してからやっとお金がもらえる……。
おまけに、かけた労力に見合う金額がもらえるとは限らない。

「そんなに大変で、見返りが少ないのなら、審査に合格したらすぐにお金を振り込んでもらえる銀行融資の方がいいのでは?」
そう考える人は多いかもしれません。

しかし日本政策金融公庫の創業融資と同様に、創業時の資金調達方法として、助成金・補助金は強くお勧めできます。
その理由は、大きく2つあります。 [Read more…]

会社設立のために押さえておくべき2つのポイント

b24c403eb686ba0ae049c422bbf0ed31_s会社を設立しようとした時、具体的に何を行えばよいのでしょうか。

今回は、会社設立の際に必ず行わなければいけない以下の2点についてご紹介します。

  • 法人登記
  • 法人税の申告

どちらも欠かせないものなので、本記事を参考にして、どちらもしっかり押さえておきましょう。 [Read more…]

「助成金」と「補助金」の違いを理解して、必要に応じて活用しよう

af8b69f52ca3ad2c361af5a90cd115f1_s助成金も補助金も、どちらも国や地方自治体から交付される、返済義務のないお金です。
そのため、
「じゃあ、どっちを申請すればいいの?どっちに申請した方が得なの?」
と、混乱する人もいるでしょう。

まずは意識を切り替えて、助成金や補助金を単なる「タダでもらえるお金」としてとらえるのではなく、その目的と意義について理解していきましょう。 [Read more…]

起業の際にはっきりさせておきたい2つのこと

cf4eb4f1668a9e0a8243d5e8f056a09e_s会社を起業するとき、起業資金の融資を受けた銀行、顧問税理士などから「会社と自分のお金を区別したほうがいい」というアドバイスを受けると思います。
とはいえ、たとえ意識しても、どうしてもその境界が曖昧になってしまいがちです。

皆さんの多くは、銀行借入だけで起業した人はほとんどいないはずですし、多くが起業を志してから、実際の起業までの間に、コツコツと貯めた資金を創業時に「社長借入」という形で資本金にしている場合がほとんどではないでしょうか。

もちろん、社長借入で起業をすることは悪いことではありませんが、スタートでこの境界が曖昧になってしまうと、その後5年、10年たっても、その習慣から抜け出すことができなくなりさまざまなデメリットを被ることになってしまいます。 [Read more…]

融資と異なる資金調達方法、「助成金」「補助金」とは?

b3ab486c56deb6909eeef1341ea4f638_s資金調達の手段は、金融機関からお金を借りる「融資」ばかりではありません。

国や自治体は、新しいアイデアや技術を持つ企業が増えること、それによって雇用が生まれ、経済活動が活発になることを常に望んでいます。

そのための助成金や補助金が、毎年用意されています。

今回は、助成金、補助金についてお話します。
[Read more…]

忘れられてしまいがち?実は落とせる4種の経費

5414cd666254af97101fe5c13e1e42b9_mこれまでの記事で、さまざまな経費項目について、経費で落とせるもの、落とせないものをご紹介してきましたが、意外なところに盲点はあるものです。
経費として計上できるものとできないもの
減価償却資産を経費化する際に気をつけるべきこととは

落とせるのに忘れている、というものについて参考までにいくつか挙げておきます。

塵も積もれば山となる。
経費の落とし忘れをなくすことで、もしかするとかなりの額を節税できるかもしれませんよ。 [Read more…]

計上すると銀行に嫌われてしまう5つの勘定科目

9177e1832b93eab273c15c7adc805f82_s決算書の中には「それが計上されているだけで銀行側がマイナス評価を下す」という恐ろしい項目があります。
税理士が税金対策のために行ったちょっとした「工夫」のせいで、融資が受けられなくなるというケースは珍しくありません。

決算書に対する価値観は、税理士と銀行では大きなズレがあります。
顧問税理士が「これで大丈夫です!」と太鼓判を押したとしても、必ず自分の目で、次の5つの項目を確認しておきましょう。 [Read more…]

減価償却資産を経費化する際に気をつけるべきこととは

c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_sパソコンを購入すると、1年ですぐに壊れてしまったり、10年間無事に使えたりと、その使用期間はさまざまです。

また、営業車を購入したとしても、その車に3年乗るのか、それとも10年を超えて乗るのかは、買った時点では不明です。

実際に使用した期間をもとに経費算入するというのは、事実上不可能ですから、税法上、資産を使用する平均的な期間が決められています。これを法定耐用年数といいます。

法定耐用年数が経過するまでの期間を通して購入した資産全額が経費算入できるというわけです。 [Read more…]

銀行に喜ばれる決算書を作るための5つのチェックポイント

fbfac7bbf8a031e24d6d042d7409d3de_s以前の記事で、融資を受ける際は企業の格付けが大事であるとお伝えしました。

(以前の記事はこちら → 融資を受けられる会社と受けられない会社を分ける2つのポイント

今回は、銀行に融資を申し込む際に提出する決算書の書き方について、事前にチェックすべきポイントをご紹介します。

ぜひ最後までご覧いただき、喜ばれる決算書を作成する際の参考にしていただければと思います。

まずはすぐに確認できる、最も簡単な3つの確認事項を紹介します。 [Read more…]

減価償却の限度額を増やす方法とは?

cc19c9358bc977a6a46271f36267eea7_s 正しい経費だからといって、すべてのものが、その年に全額経費算入できるわけではありません。
パソコンや、電話、FAX、机、椅子、応接セットの備品、営業車などほかにも事業をするために必要なものは多数あります。

これらは当然、経費としてみとめられますが、10万円を超えるものについては、それを使用する期間に分割して経費扱いとしなければいけません。

ですから、その年に一括して経費にしたければ10万円未満のものにしておく必要があるということを覚えておきましょう。

専門用語で、これを減価償却といいます。 [Read more…]

融資を受けられる会社と受けられない会社を分ける2つのポイント

2b9420af992754aac84c587b8cc4fd53_l企業から融資の申し込みがあったとき、銀行が融資を行うか否か。
行う場合はどの程度の金利を設定するか。

それらの判断基準となるのが「金融検査マニュアル」に基づいた企業の格付けです。

いったいどのような基準で格付けがされるのでしょうか?
[Read more…]

通勤費と税金の仕組みを理解して、上手に節税対策をしよう

d826644dce48eb0a7093f0caafbec372_sサラリーマン時代は、何気なく申請し、給与と一緒に振り込んでもらっていた通勤費。

実は通勤費についても、自分の会社を持つうえで誤解をしている起業家の方が多くいらっしゃいます。

起業家、社長としての通勤費とは一体何なのでしょうか。

今回は、通勤費について詳しく説明しておきたいと思います。 [Read more…]

銀行と上手に付き合う3つの方法と関係チェックリスト

75ffd15607f5fdb009ddcf4fb55dd051_m
以前の記事で、銀行の仕組みについてご紹介しました。

銀行とうまく付き合うために抑えておきたい4つのポイント

その記事の中で、

まずは相手を知ること。
次に、相手が望んでいることを正しく理解して、アプローチをすることです。

とお伝えしました。

それに沿って、今回はアプローチについてお話いたします。 [Read more…]

出張のグリーン車を経費にするために気をつけるべきこととは?

ad4e511790cad573b0a44207e26d6c80_s創業して間もない社長が誤解することの多い経費に、旅費交通費があります。

自分や従業員が仕事関連で移動したタクシー代や、電車代などはすべて経費算入できると思っている人が多いようです。

しかし、「常識の範囲内」の制約があります。

今回は、旅費交通費についてご紹介いたします。

[Read more…]