リーダーに求められる「説明する力」

リーダーに求められる「説明する力」チームスポーツの指導者が、もっとも頭を悩ませる場面とは?
「先発メンバーの決定」と答える指導者は、種目を問わずに多い。

チームが勝っているなかでスタメンを代えると、先発落ちした選手は「結果が出ているのになぜ?」と思う。
「監督は自分が嫌いなのか?」といった疑問さえ心に浮かべる。
[Read more…]

3,000万円までは控除! マイホームを売ったときの特例 ~利益が出た場合~

3,000万円までは控除!マイホーム(居住用財産)を売ったときは、所有期間の長短に関係なく譲渡所得から最高3,000万円まで控除ができる特例(居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例)があります。

譲渡益が3,000万までは、税金がかからないという訳です。
[Read more…]

採用前の準備 ~賃金をどのように決めるか~

採用前の準備 ~賃金をどのように決めるか~賃金は、従業員にとって、非常に大切なものです。
あなたの会社から支払われた賃金を元に、従業員は家賃を支払い、食費を支払い、光熱費を支払い、また、子どもがいる場合は教育費を支払ったりして、生活全般を成り立たせていくわけです。

それゆえ、社長であるあなたの気分で突然、額を上下させたり、支払い時期を遅らせたりすべきものではありません。
そのようなことをすると、従業員は会社に対して疑心暗鬼となり、仕事に対するモチベーションがダウンしてしまうでしょう。

[Read more…]

メンタルヘルス対策に取り組む企業がもらえる「心の健康づくり計画助成金」

心の健康づくり計画助成金メンタルヘルス対策を重要視されている企業は多くあるかと思います。

平成27年12月からは、「ストレスチェック制度」が労働安全衛生法において施行されました。

一説として、メンタルヘルス不全を起こしやすい時期は“季節の節目”といわれています。
節目には人事異動が発生しやすく、心身の不調を自覚する人が多くなる傾向があるようです。

今回ご紹介する助成金は、日頃からメンタルヘルス対策に取り組みたいと考えている企業にお勧めです。

[Read more…]

人を雇うときに活用できるおすすめの助成金

人を雇うときに活用できるおすすめの助成金「助成金」は、主に厚生労働省から給付され、申請が通れば基本的には給付されます。

ここでは、厚生労働省の助成金のなかから、人を雇うことを予定している経営者に該当しそうな6つの助成金をご紹介します。

 

人を雇うときに活用しよう!補助金・助成金の基本

人を雇うときに活用しよう!補助金・助成金の基本「パート・アルバイトを正社員に転換したら、1人当たり 60 万円支給」
「高齢者やシングルマザーを採用したら、最大 60 万円支給」

このようにご紹介すると、驚かれる方もいらっしゃると思います。
補助金・助成金については、多くの経営者が知らずに、活用しきれていないことが多いようです。

本業以外の何十万、何百万という金額が経営にもたらすインパクトというのははかりしれません。

[Read more…]

経理の仕事をわかっていない社長が会社を潰す

経理の仕事をわかっていない社長が会社を潰す

皆様は「経理の仕事」といわれて、どのような仕事内容を思い浮かべますか。

経理とは、会社に入ってきたり(入金)、会社から出て行くお金(出金)に対して、きっちりと伝票をつくり、それを総勘定元帳に記入して…というのが、一般的な答えかと思います。

経理部のイメージはどうでしょうか。
営業など花形の部署に対して、簿記の資格をもったまじめな人が、静かに細かいお金の計算をしている。
そのような様子を頭に浮かべるのではないでしょうか。

しかし、これは経理業務の一部であり、すべてではありません。

[Read more…]

お金は○○している

お金は○○している

ここでは「お金」の本質を理解していただいた上で、起業後1~3年間にわたって、ここだけ理解していれば、会社が潰れず事業が発展していくという「即効性」があり、すぐに使えるテクニックを紹介します。

[Read more…]

経理を 「アウトソーシング」して 会社を成長させる

経理を 「アウトソーシング」して 会社を成長させる会社の経理がかかえる問題点を把握し、スリム化の具体的手法を実践することで、「見える化」「標準化」「スリム化」が進むはずです。
 
それでは、見える化、標準化、スリム化を何のために行うかというと、最終的にはアウトソーシングを実現するためです。
[Read more…]

経理が1ヵ月止まれば会社は傾く

経理が1ヵ月止まれば会社は傾く経営者の多くは、前職で営業マン出身か、技術者出身かのどちらかでしょう。前職が経理出身という方は、まずいません。

ですから、成長期にある企業において、営業マン出身の社長は営業に注力しますし、技術者出身の社長は新技術、新サービスの開発に熱心になる傾向があり、経理はどうしても軽視されがちになります。

このような社長たちにとって、経理とは単なる「空気のような存在」なのかもしれません。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?