「資産家の節税法」で差をつけよう その1

「資産家の節税法」で差をつけよう その1じつは資産形成のために以前、不動産や株式を購入しております。
こうした固定費を少しでも抑える方法はあるのでしょうか?

このような悩みを抱えている経営者は多いので、いくつか効果的な方法をご説明します。
すぐに活用できる方法もありますので、現状を見直すだけで、節税できるものもあるはずです。

[Read more…]

損をしないために知っておきたい! 貼り間違えた収入印紙の対処法

損をしないために知っておきたい!契約書や領収書などの課税文書に貼る収入印紙は、記載内容や金額によって印紙税額が決まっています。
切手サイズながら、納税額は200円から40万円を超すものまであるので、取り扱いには十分注意したいものです。
貼り損じた場合や、収入印紙が不要になった場合でも、しっかり対処すれば損をすることはありません。
そこで今回、日常的に収入印紙を扱う方はもちろん、年に数回しか扱わない方も役に立つ、『誤って貼ってしまった収入印紙の対処方法』をご紹介します。

節税の基本を知ろう

節税の基本を知ろうそもそも節税って何をすればいいのでしょうか?

恥ずかしい話、なぜ節税をすればいいのかもイマイチわかっていない状況で……
節税より投資をするほうがお金が増えるイメージをもっていました。
といった方に、節税の基本をお伝えします。
[Read more…]

学生にも企業にもメリット大! 今注目の異能人材採用とは?

学生にも企業にもメリット大! 今注目の異能人材採用とは?2018年春に卒業した大学生の就職内定率が過去最高を記録。そんな“売り手市場”が続く中、大手企業が続々と、芸術やスポーツなど分野を問わずに優秀な実績を修めた学生を採用する“異能人材採用”の導入を始めました。
ゼネラリストを大量に確保する従来型の採用方法から、新たな視点での採用を試みた背景には何があるのでしょうか。
異能人材を採用することの企業側のメリットや、異能人材の確保の仕方など、かつてない人材採用の実態をご紹介します。
[Read more…]

「税理士」に関するQ&Aその2

「税理士」に関するQ&Aその2税理士にまつわる一般のお客さまからのよくある質問をQ&A形式でまとめました。
知っているようで知らないことや、今更聞けない!?といった疑問にお答えします。是非参考にしてください。

 

 

[Read more…]

仕事帰りに“期日前投票を徹底”はNG?

仕事帰りに“期日前投票を徹底”はNG?相談内容
選挙の際には必ず投票に行くよう社員に呼びかけていますが、「選挙の日は日曜日のため、遊びに出かけていて行く時間がない」と言い訳し、なかなか選挙に行かない社員もいます。そこで選挙への参加を徹底させるために、就業時間後に期日前投票に行くよう指示してはどうかと考えています。
このような形で労働者を拘束することはできるのでしょうか?
[Read more…]

「税理士」に関するQ&Aその1

「税理士」に関するQ&Aその1税理士にまつわる一般のお客さまからのよくある質問をQ&A形式でまとめました。
知っているようで知らないことや、今更聞けない!?といった疑問にお答えします。是非参考にしてください。
[Read more…]

豪雨災害により被災した社員にカンパを送りたい。社員の賃金から義援金を一律控除は可能か?

豪雨災害により被災した社員にカンパを送りたい。社員の賃金から義援金を一律控除は可能か?相談内容
被災した営業所に、社員達からカンパを送る計画が持ち上がりました。
救援支援金を集める場合、社員の任意参加がベターだとは思いますが、ごく少額を社員の賃金から一律控除する方法というのは認められないのでしょうか?

 
[Read more…]

企業にもメリット満載! 大きな改正を遂げた所得拡大促進税制とは?

企業にもメリット満載! 大きな改正を遂げた所得拡大促進税制とは?安倍内閣が掲げた経済政策として発足した所得拡大促進税制。これは、事業で得た利益を賃上げにより従業員に還元した法人又は個人事業主に対し、税金を一定額控除する制度のことです。
今回、平成30年度税制改正により、所得拡大促進税制適用要件の見直しが行われました。
ここでは、所得拡大促進税制の内容をおさらいすると共に、改正されたポイントにも触れていきます。

業界別税理士の活用方法(美容院)

業界別税理士の活用方法(美容院)これまでの記事では、いい税理士の条件や探し方などについていろいろと述べてきました。
ここでは業種別税理士の活用法~美容院編~をご紹介します。
これから新たに税理士を探される方は今後の参考にして下さい。
[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?