書籍:社長にとっていちばん大事な「お金」「売上」「経費」がらくらくわかる本

LINEで送る
Pocket

社長にとっていちばん大事な「お金」「売上」「経費」がらくらくわかる本

inQup運営団体による発刊、監修
売上1億円未満の社長さんのための、会社経営を
成功させる「経理」必読本

これから起業する人、起業5年以内の人にとって、大切なものは何でしょうか。それは「お金」です。

初年度の決算が赤字でも、「お金」があれば倒産しません。
逆に黒字でも、会社の金庫に「お金」がなければ倒産してしまいます。

「お金は大切だ。だから経理や税金のこともしっかり勉強したい」

そうおっしゃる経営者の方も、中にはいらっしゃいます。
その考え自体は素晴らしいと思います。

しかし、社長が簿記の知識を身につけても、会社の売り上げは1円も上がりません。
経理の人が知っておくべきことと、社長が知っておくべきことはまったく違うからです。

では、社長は会社の業績を伸ばすために
「お金」について、どんなことを学んでいけばよいのでしょうか。

この本では、社長が知っておくべき「お金」について
6つのパートに分けて解説していきます。

目次

第1章:起業で一番大事なお金の話

  • お金に関心がないなら起業してはならない
  • 儲からなくていいと思うなら、起業してはいけない
  • 絶対に黒字決算にしなさい ほか

第2章:売上、入金、支払いを「簡単」にする

  • 売上・仕入れについて理解する
  • 請求書の発行、チェック
  • 領収書の発行、チェック ほか

第3章:誰もが知りたい経費のこと

  • 主な経費の種類
  • 経費として計上できないもの
  • 少額経費をあなどってはいけない ほか

第4章:クラウドの活用が、経理事務作業を一段と速くする

  • これまでのIT活用
  • Crewの登場
  • ネットバンキング ほか

第5章:お金の専門家「会計事務所」を活用する

  • 社長が節税対策を考えるのには限界がある
  • 税理士を嫌がる社長はコスト計算ができていない
  • いい税理士の探し方・見分け方 ほか

第6章:知らなければならない、会社経営の知識Q&A

  • 会社のお金と自分のお金(経営者の生活費)
  • 定款は会社の存在を表すもの
  • 法人登記とは ほか

 

プライバシーポリシー

LINEで送る
Pocket