青色申告の帳簿をつけるために知っておくべき5つのポイント

LINEで送る
Pocket

 books-of-blue-return-taxpayer

青色申告では白色申告と比べて多くのメリットがある反面、「帳簿」をつけないとそのメリットを受けられないという条件があります。
帳簿というと全く経験のない方には、自分には難しいと思う方も多いようです。

しかし、今は便利な会計ソフトが出回り、「クラウド会計」でネットで管理できるものもあり、以前の様な敷居は下がりつつあります。
青色申告の帳簿をつけるために知っておくべき5つのポイントをわかりやすく解説します。

1.帳簿をつける手順(月単位の場合)

手順1.たまった領収書を2つに分類する

 ・直接現金を支払った際の領収証
 ・銀行口座を経由して支払った際の領収証

手順2.「現金出納帳」に記帳する

 直接現金を支払った際の領収証を日付順に記帳する

手順3.作業用に通帳をコピーする

 入出金のチェック用にコピーをとります。もちろん直接通帳にチェックを入れても問題ありません。

手順4.請求書と通帳を照合し、当月出金予定がない請求書を買掛帳に記帳する

 ・当月出金予定の請求書 
 ・当月受け取った請求書

 ※請求書と照合した明細は、通帳のコピーに蛍光ペンでマーカーなどを引いて確認する

手順5.請求書と通帳を照合し、当月入金予定がない請求書を売掛帳に記帳する

 ・当月入金予定の請求書
 ・当月立てた請求書

 ※請求書と照合した明細は、通帳のコピーに蛍光ペンでマーカーなどを引いて確認する

手順6.預金出納帳に記帳する

 1.の「銀行口座を経由して支払った際の領収証」を反映する
 (引き落としなどの明細をチェックしながら記帳する)

2.会計ソフトに口座名を登録しましょう

青色申告を行う方は、最初にやるべき帳簿付けとして、事業用口座の資金を転記します。
ここで会計ソフトを使う事をお勧めします。やはり一番の理由は、複雑な簿記についてたくさん勉強する必要がなく、ある程度の会計知識で帳簿管理できるからです。

まず会計ソフトへの口座名の登録を行い、会計ソフト上に口座を設けます。
次に実際の通帳に事業資金として預けた金額を会計ソフトの「預金出納帳」に転記します。

3.帳簿をつける最終ゴールは決算書の作成

決算書の申告には「損益計算書」と「貸借対照表」の作成が不可欠です。
「損益計算書」と「貸借対照表」を作成するためには、この帳簿付けが必要となります。
そして勘定科目はこの2つの財務諸表のどちらかに属することを覚えておきましょう。

3-1.貸借対照表とは?

貸借対照表とは、ある一定期間の会社が持っている財産とその源泉を表します。
「源泉」とは“お金が発生する原因”を意味します。

 books-of-blue-return-taxpayer1

3-2.損益計算書とは?

損益計算書とは、1年を通した会社の儲け、またはいくら損したかがわかる書類を表します。
簡単に言うと1年の儲け具合を表します。

 books-of-blue-return-taxpayer2

4.勘定科目の一覧表を用意しましょう

勘定科目とは、使ったお金がどのグループに属するかを表すものです。
帳簿付けではこの勘定科目の知識が必要になってきます。
またここで気をつけたいのが、勘定の科目分けを細かく行い過ぎて、時間をかけ過ぎてしまう事です。
サインペンは勘定科目で分けると「事務用品費」か、それとも「消耗品費」なのか?

実は勘定科目には厳密なルールがあるわけではありません。
そのためどの科目を頻繁に使うかで勘定科目を限定させましょう。

「サインペンは事務用品費にする」と勘定科目を決めてしまえば良いのです。
税務署としても課税対象となる「所得額」が最も気になることであって、どの勘定科目で計上されているのかは気にしません。 一般的な事業であれば、次に挙げる勘定科目で十分でしょう。

5.勘定科目一覧表

この科目が全て必要というわけではありません。
よく使う科目を自分の事業に合わせて絞っていくとオリジナルの一覧表ができます。
すると勘定科目がスリムになり、無駄に時間をかける必要がなくなります。

5-1.「資産」の主な勘定科目

 books-of-blue-return-taxpayer3

5-2.「負債」の主な勘定科目

 books-of-blue-return-taxpayer4

5-3.「資本」の主な勘定科目

 books-of-blue-return-taxpayer5

5-4.「費用」の主な勘定科目

 books-of-blue-return-taxpayer6

5-5.「収益」の主な勘定科目

 books-of-blue-return-taxpayer7

まとめ

青色申告の帳簿について、基本的に毎月まめに帳簿をつけることが、後々の決算書作成にかかわってきます。
勘定科目は単純に「ジャンル分け」のためと覚えましょう。

これを機に経理を勉強しようと、簿記三級にチャレンジするのも良いでしょう。
しかし十分に時間がとれない経営者様は専門家のサポートを受けることで、記帳にかける時間を本業に充てられるようにするのも一つの手段です。

 

LINEで送る
Pocket