税務調査の対象として狙われやすい会社や業種とは?

LINEで送る
Pocket

 

税務調査の対象として狙われやすい会社や業種とは?

税務署は税務調査に入る企業をどうやって選んでいるのでしょうか。

決してランダムで選定されるわけではありません。

実は一定の法則と、世の中の流行が関係しているのです。

では、実際にどんな会社が税務調査の対象となりやすいのでしょうか。

狙われやすい会社の3つの特徴

税理士に税務調査で狙われやすい会社の特徴を聞くと、「売上が伸びている会社ですね」という回答がありました。
理由は利益が出ており、税金を取れる可能性が高いからだと言います。

売上が伸びている会社の中でも、特に次の3つに当てはまる場合はいつ連絡が来てもおかしくないと思っていてください。

1.口コミで話題になっている会社

情報誌やネット、口コミで話題になっている会社は、税務署も注目しています。
「話題になっている=売上が伸びている」と判断し、調査対象として選ばれます。

2.売上が伸びているのに利益が伸びていない会社

売上の伸びに対して、利益がさほど伸びていない、もしくは横ばい気味の会社は「経費を水増ししているのでは?」と勘繰られ、税務調査に入られやすいです。

3.短期間で業績が急上昇した会社

1~3年ほどの短期間で店舗を次々と増やしたり、新しい社屋を建設したりしている会社は調査対象になりやすいです。
企業規模が急拡大すると、内部体制が追いつかず、経理上のミスが起こりやすいことが調査の対象に選ばれる理由として挙げられます。

業種全体が成長していると調査対象に選ばれやすい

税務署は業種全体の景気を見て、調査対象を選定することもあります。
ですので、業界全体の業績が伸びている事業を行っている会社は注意が必要です。

ただ、業界の景気が良い時期に調査が入るわけではありません。
3年ぐらい時間をあけてから、徐々に始めていきます。
税務署が3年待つのは、調査先の売上を増やし、できるだけ高い追徴税額を支払わせたいからです。

税務調査に入られやすい業種

税務調査の対象として狙われやすい会社や業種とは?

 

 

 

 

 

 

 

建設業

東日本大震災をはじめ、近年全国各地で天災による建物の損壊がありました。
これに伴い、復興作業の受注が増えた会社は注意してください。

太陽光発電関連業

東日本大震災による原発不振から、太陽光発電関連の会社の需要が伸びました。
今後も成長しやすい事業なので、調査に入られやすいでしょう。

飲食業

飲食業は毎年選ばれやすい業種です。
売上をごまかしやすい現金商売なので、事前に電話連絡がなく無予告で調査に入られる可能性もあります。

美容業

手軽にできることで注目されているネイルやエステ。
低額なサービスが出てきて、顧客数が増えていることから、調査に入られる可能性が高いです。

LINEで送る
Pocket