新米社長がキャッシュフロー計算書を使って改善する方法と使うべき理由

LINEで送る
Pocket

新米社長がキャッシュフロー計算書を使って改善する方法と使うべき理由クライアントの数が両手で数え切れないくらいになってくると、経理の手間は想像以上に甚大に煩雑になってきます。
そして、少しでも気を抜くと、会社の経営数字も全く把握できなくなってしまいます。
そうなってきたら、考え方の一つとして知っておいて頂きたいのがキャッシュフロー計算書です。

キャッシュフロー計算書は、全ての企業に義務づけられているものではありませんが、その視点を使い、経営を考えることは賢明と言えます。
上場企業ならば、財務諸表の必須にあたり、会社の現金状態を把握する計算書です。

今日は、このキャッシュフローの数字の読み方を簡単にご紹介します。

現金の動きで経営を見る

繰り返しになりますが、キャッシュフローの動きは、経営者が絶対に把握しておきたいことの一つです。

キャッシュフロー計算書(C/S)は、会社のある期間のお金の流れを表す計算書です。
つまり、会社の事業が成長してくると煩雑になりがちなお金の管理がキャッシュフロー計算書を記入する癖をつけることで、もれなく把握できるようになります。

正式な記入方法は以下のようになります。

間接法CF

キャッシュフローには以下の3種類です。

  1. 営業活動のキャッシュフロー
  2. 投資活動のキャッシュフロー
  3. 財務活動のキャッシュフロー

全てが企業にとっては大切な指標なのですが、起業したばかりの会社では投資活動はほとんど行っていないと思います。また、借入や配当金の支払いなどの財務活動もおそらく行っていない会社の方が多いでしょう。

つまり、経営者が把握しておきたいのは、営業活動のキャッシュフローだと言えます。

営業活動のキャッシュフローは、会社の行っている事業からのお金の動きのことで、今、販売している商品やサービスからのお金の動きがどのようになっているかが分かります。

さて、それでは、このキャッシュフロー計算書をどのように経営に生かすべきでしょうか?

次からそのポイントをご紹介します。

良い会社・悪い会社の判断材料?フリー・キャッシュフローを見る

大切なのはフリーキャッシュフロー!

会社のキャッシュのうち自由に使うことができるお金をフリー・キャッシュフローといいます。

例えば、今手元に500万円あったとしても、明日、従業員への給与の支払いや、事務所の家賃でぴったり500万円払わなければいけないとしたら、手元の500万円を使うことはできないですよね。

なので、それはフリーキャッシュフローではありません。

逆に、今手元に1000万円あったとしたら、明日500万円の支払いがあったとしても、500万円が残ります。そのため、その月のフリーキャッシュフローは500万円になります。

(※分かりやすくお伝えするために、非常に簡単にお伝えしています。本来はもっと長期的な視点から考えることが必要です。)

フリーキャッシュフローは会社の経営状況をダイレクトに表すもの!

フリー・キャッシュフローの数字から、自分の会社の経営状況がわかります。

プラスなら会社の経営状況は良好です。ゼロかマイナスなら、新たに資金調達に奔走しなければいけないので、経営状態は悪いというのが、基本的な考えです。

例えば、たまたま4年に一度の多額の設備投資をしたとします。
多額の設備投資をすれば、投資キャッシュフローがマイナスになり、従って、フリー・キャッシュフローもマイナスになる可能性が出てきます。
つまり、会社のフリー・キャッシュフローを正確に把握するには、長期的な視点にたって、将来どのような投資が起こりうるかをしっかりと考えて算出する必要があります。
その設備投資が、業務上効率を上げたり、業績を上げる結果をもたらすことになる場合を考えてみましょう。

どこにキャッシュが使われているかを把握する癖をつけよう

フリーキャッシュフローが分かったら、次はそのキャッシュが現状では、どこに使われているかを把握することが経営にとっては大切です。

例えば、フリーキャッシュフローを将来の売上のための投資に使っていたら、将来は利益が増えることが分かります。
利益が増えると、営業キャッシュフローが増えます。
よって、フリー・キャッシュフローも増えます。
このように現状のキャッシュフローだけを重視するのではなく、それが将来のためにどのように使われているのかを見ましょう。
もちろん、将来への投資が失敗して、利益は上がらないという可能性もあります。
その場合は、社内の新規事業を行う仕組みそのものに原因があると考えられます。
他にも、将来への投資が一切行われておらず、キャッシュが、全て営業をまわすためだけに使われているとしたら、今の事業が儲かっていないことが分かります。
その場合は、商品の利益率を改善する取り組みが必要だと言えます。

このように、キャッシュフローの動きを常に把握するようにすることで、今、社内のどこを改善したら良いのかが分かります。
財務体質がマイナス・ループに陥らないよう、営業・投資・財務のキャッシュフローを念頭にいれて、経営していくことが賢明といえるではないでしょうか?

まとめ

どうでしたでしょうか、キャッシュフローを把握するメリットがおわかりになりましたでしょうか?

フリー・キャッシュフローが全く無かったり、最悪マイナスが何年も続けば、会社は健全に生き残れません。
より多くの視点を増やして、力のある会社作りに邁進されてください。

LINEで送る
Pocket