少額の経費とはいえ、あなどってはいけないのはなぜ?

a1598b32c62bc6b3cc12a24b29a8ed02_s小売業のような商品点数が多い場合を除き、士業やデザイン事務所、人的サービス業などで起業される場合の経理のポイントは、「少額の経費」管理になります。

売上管理というのは、銀行の通帳をひとつに決め、請求書に対する入金はすべてその口座に振り込むようにお願いすれば、案外簡単にできてしまいます。

また仕入れ先などに対する数万円以上の大口の支払いであれば、入金同様に、「支払い専用口座」を決め、そちらから振り込み、引き落としすれば、その通帳でおおよその経費管理ができるでしょう。

しかし、少額の経費管理はそう簡単にいきません。 [Read more…]

経費として計上できるものとできないもの

0473cade02b59296173de49b4fe3b106_s「起業したら何でも経費にできる」

こう思っている人は多いと思いますが、そう簡単にいかないのが現実です。

使用目的や使用状況により、経費にできるものとできないものがあるのです。

具体的にはどこで判断されるのか。今回は、経費として計上できるかできないかの基準をお話します。 [Read more…]

損益計算書や貸借対照表でよく使う経費を把握しておこう

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s会社にとって売上は大切ですが、経費管理は、売上管理同様に大切なものです。

経費がしっかりと管理できなければ、いくら売上をアップさせても利益がでにくくなってしまうからです。

また、経費の管理は、売上のアップに比べて、どちらかといえば地味で手間がかかる作業です。

これについて、シンプルに簡略化しておく方法を学んでおいて損はありません。 [Read more…]

起業家が「ブレーン」にするならどんな人がいい?

起業を目指している人、すでに起業をした人が、一番困るのがお金の問題です。

マーチャンダイジングやマーケティングの問題であるならば、その分野に詳しい友人や知人に聞けば済みますが

「いま借金がこれぐらいあって、あとどれぐらい借りれば、運転資金として充分になるだろうか」

といった悩みなどは、生々しすぎて、他人には言いたくないという人も多いと思います。

このようなお金に関する問題は、誰に相談するのがベストでしょうか。

[Read more…]

ITを最大限に活用する7つのポイント

経理業務だけに限りませんが、ITの活用は、業務の効率化の大きなポイントです。

IT技術は日々大きく進化していきます。

その最新テクノロジーを存分に活用するために抑えるべきポイントを、今回は7つご紹介します。

ぜひ業務の効率化に役立ててください。

[Read more…]

経費精算も月1回にすることでコスト削減につながる

前回の記事で請求書の発行を1回にするという話をしましたが、同じような方法で、会計処理を簡便化する方法があります。

それは経営者や営業マンの旅費交通費の精算です。

旅費交通費をその都度精算しているのであれば、その精算方法を見直すだけで、会計処理が簡便化されるだけでなく、多くのコストを減らすことができるのです。

[Read more…]

押さえておくべき請求書・領収書発行の2つのポイント

経営者のみなさんは経理業務をやる必要はありませんが、だからと言って無関心でもいけません。

お金の流れを把握するためには、請求書と領収書の使い方を知る必要があります。

今回は、請求書と領収書、それぞれで押さえておくべきポイントを2つご紹介します。

[Read more…]

経理代行をお願いする場合に事前に決めておくべきことは

inQup用会計事務所に経理代行をお願いする場合には、気を付けておくべきことがあります。

それは、役割分担と経理基準についてです。

この2つが、両者によって違うとお互いに混乱が生じてしまうからです。

 

たとえば、売上の計上の方法をみてみましょう。

起業して数年以内の社長さんの場合、売上はお客様から入金があった時点にしていると思います。

最初は税務署も見逃してくれるかもしれませんが、厳密にいうとこれは間違いで、商品やサービスを販売した時点で、売上は計上しなければいけないのです。

[Read more…]

給与計算を自社でやらない方がよいたった一つの理由

給与計算を自社でやらない方がよいたった一つの理由

みなさんの会社では、給与計算をどのように処理していますか?

自分でExcelを使って計算したり、クラウド給与計算ソフトを使用したり、いろいろ手段があるかと思います。

実は、会計事務所にも給与計算をお願いできるのをご存知でしたか?
会計事務所にまかせられるのは、単純な記帳代行や、経理代行だけではありません。
給与計算もお願いすることができます。

ここでは、なぜ給与計算を外部にお願いした方がよいか、その理由についてご紹介します。

[Read more…]

社員30名以内の企業なら経理全てをむしろアウトソーシングした方がよい理由

社員30名以内の企業なら経理全てをむしろアウトソーシングした方がよい理由

いますでに月5万円も税理士に顧問料として支払っている、そのうえ月15万円も外部に払いたくない、と思う社長さんは大勢いると思います。

ですが、考えてみてください。

経理を外注化せずにそのままにしていたら、どうなるでしょうか。
多くの会社では、年功序列で経理担当者の給料は上がっていきます。

経理作業の効率は、3年もやればだいたいの人が同じ水準に到達します。

ですから3年以上の人に任せたままにしておくと、それ以上は給料が上がった分だけ無駄なコストとなってしまうのです。

[Read more…]

社長が経理を丸投げする場合、最低限注意すべきポイントとは

社長が経理を丸投げする場合、最低限注意すべきポイントとは

社長が自ら帳簿をつけても1円も儲かりません。

経理や税金の専門家の税理士に任せてしまうのが一番です。

深夜に、仕事が終わって疲れている身体にむち打って、伝票の仕訳をしている社長さんがいますが、これはいくらやっても意味がありません。

そのようなことに汗を流すよりも、自分がいくら儲けたいかを考えてみてください。

[Read more…]

粗利益1億円未満の会社が、経理業務で正社員を雇わない方がよい理由

粗利益1億円未満の会社が、経理業務で正社員を雇わない方がよい理由

以前ご紹介した記事で、「経理業務は丸投げしなさい」と書きました。

では、どこに「丸投げ」するのがよいでしょうか。

会社が大きくなってくると、簿記の資格をもっている人を経理担当の正社員として雇おうとする社長さんがいます。

しかし、これでは、会社がいくら利益を上げても、本業を圧迫するだけです。

事務員の人件費は固定費です。

設立間もない会社が、事務員1人分の固定費をかかえるというのは、大きな足かせになるとお考えください。

[Read more…]

なぜ経理は丸投げした方がよいのか

なぜ経理は丸投げした方がよいのか

ここで、とても大切なことを述べます。

プレイングマネージャーと呼ばれる人達がいます。

野球では、選手兼監督といった人がそうですし、ビジネスの現場では営業マン兼管理職といったところでしょうか。
営業マンの場合、その部署のトップ営業マンが部下の育成指導もまかされているケースが多いと思います。

ところが、社長になると兼務をしてはいけない役職があります。

それは経理兼社長です。

[Read more…]

売上仕入について理解する

売上仕入について理解する

経理つまり経営管理の役目は、お金の流れを把握して、できるだけ多く手元にキャッシュを残していくことです。

そのためには、入金と出金の内訳を明確に分けて確認できる能力がなければなりません。

 

[Read more…]

社長は経理を「流れ」でとらえましょう

社長は経理を「流れ」でとらえなさい

そもそも経理とはどのような仕事の範囲のことをさすのでしょうか。
 
普通の人に「経理とは何か」と質問すると「売上や経費を記帳したり、仕訳していく〝単純作業〞だよ」と捉えている人がほとんどです。
経理を個々の単純作業ととらえていると、以前の記事でご紹介したように〝循環〞として把握できないのです。
 
経理とはその名の通り「経営管理」の略です。

[Read more…]