借り入れの3つのメリット

借り入れの3つのメリット

借り入れについて補足しておきましょう。
 
無借金経営は「がんばった結果」そうなるならかまいませんが、それを「目標」にするのは間違っています。
 
いや、もっと別の言い方をすれば、金利以上に稼げばいいのです。

[Read more…]

銀行からいくらまで借りればよいか

銀行からいくらまで借りればよいか

銀行に頼らず、自己資金だけで起業し、起業後もできるだけ借金はしたくないという人は多いかと思います。
 
借金しなくても、1~2年は食べていける金額を用意して起業した人でも、事業がうまくいけば手元のキャッシュがなくなってしまうことがあります。

この場合、なぜ銀行からの借り入れを活用した方がよいのが、その場合、いくらまで借入するのが適切なのかについてご説明します。

[Read more…]

決算は必ず黒字にしましょう

決算は必ず黒字にしなさい

みなさん方の学生時代の成績はどうだったでしょうか。

成績のいい人は、堂々と自分の通知簿を人に見せたりできました。
でも、この通知簿、就職のときまでは役に立つものの、社会人になってからは、なんの通行手形にもなりません。

銀行に行って融資を受けるとき、銀行の担当者は「社長、学生時代の通知簿を見せてください」とは言いません。

では、この場合、社長は何を銀行に見せればよいのでしょうか。

[Read more…]

儲からなくてよいと思うなら 経営をしてはいけない

儲からなくてよいと思うなら 経営をしてはいけない

社長が会社を経営し、事業を続けていく上で、大切なこととは何でしょうか。

それは「儲ける」ということです。
会社にどれだけ「お金」を残しておけるかということです。

今回のお話では、ある社長のエピソードを交えつつ、なぜ会社の経営にとって「儲け」や「お金」が大事なのかについて解説いたします。

[Read more…]

お金に関心がないなら、起業してはいけない

お金に関心がないなら、起業してはいけない

この記事では
「これから起業する人」
「すでに起業しており5年以内の人」
「売上規模1億円程度以内の人」
に対して、会社経営を続けていくための「お金と経理の基本」について、ぜひ知っておいてほしい知識を紹介しながら、その活用方法をお教えしていきます。

今回の記事ではまず、「お金」に関する考え方についてご紹介していきます。

[Read more…]

どこまで活用できる?接待交際費として処理できる実例3選

どこまで活用できる?接待交際費として処理できる実例3選

法人が飲食代を使う際には、大きく分けて次の3つに分かれます。

  1. 社員の残業食事代など
    福利厚生費
  2. 会議を目的とした
    飲食代
  3. 接待交際を目的とした
    飲食代

「福利厚生費」と「飲食代」は全額経費となりますが、これまで「接待交際費」は一部または全部を経費にすることはできませんでした。

取引先などと飲食をしながらコミュニケーションを取り、自社製品やサービスなどのアピールをするという手法は、古くから行われています。
しかし
「お酒が入ったら会議費ではないのか?」
「会議を目的とした飲食代なのだけれど、会議室代金を入れて高額になってしまっても、会議費で大丈夫か?」
など悩みは尽きません。

[Read more…]

「通勤交通費の非課税限度額拡大」で企業が考えなければいけないことは?

「通勤交通費の非課税限度額拡大」で企業が考えなければいけないことは?

2016年1月分の通勤手当支給分から、非課税限度額が月額10万円から15万円に引き上げられました。
この改正の背景は、新幹線などの交通網の発達で、比較的遠距離から都心部への通勤者が増えていることなどに対応する狙いがあります。

月5万円から10万円に引き上げられた、1998年以来の改正となります。

[Read more…]

「売上の計上基準」を見直すと節税できる!?

「売上の計上基準」を見直すと節税できる!?

税法上、売上の計上時期は、原則「収益が実現したとき」となっています。
これは、現金の入金などがなくても「収益の実現」がいつなのかで、判断されるものですが、商取引や業種によってさまざまです。

今回はこの「収益の実現」、「売上の計上」をいつにするか意識して、資金繰りについてご紹介します。

[Read more…]

専門業者に払うホームページ作成費用の取り扱いは更新頻度によって変わる?

専門業者に払うホームページ作成費用の取り扱いは更新頻度によって変わる?
どのような業界でも、自社のホームページ(以下HP)を持つことが一般的になってきています。
HPを作成するのは専門的な知識が必要な場合が多く、専門業者に依頼することが多いはずです。

今回は、HP専門業者に依頼して作成してもらう場合の、作成費用の取り扱いについて解説します。

[Read more…]

管理コストの極小化のための8か条!

管理コストの極小化のための8か条!

管理部門・間接部門のミッションは、
○『最適な管理を最小のコスト』で行うことです。
×『十分な費用を費やして最高の管理』を行うことではありません。

また、営業系の社長が、優秀な管理部門長を片腕として持てた時に、高収益企業が誕生することを、多くの事例が証明しています。

[Read more…]

経理を自分で行うと業績が下がる2つの理由

経理を自分で行うと業績が下がる2つの理由

起業をしたら誰もが絶対に避けて通れないのが経理作業になります。

その作業の大半は、日々の取引を記録する帳簿付けになりますが、これを自分でやるか、それとも外部に委託するかで大きく業績が変わってくる、という話を聞いたことがありますか?

今回は経理事務を経営者が自ら行うと生じるデメリットについて紹介していきたいと思います。

[Read more…]

決算の最終チェックでの注意ポイント

決算の最終チェックでの注意ポイント

入力ミスのチェックをして、棚卸し作業、家事消費分などの整理、前払金、未払金、前受金などの整理、減価償却費用の処理、引当金の計上、繰延資産の処理などが終わったら、あともう少し。

今回は決算書の最終チェックで注意したいポイントをご紹介します。

 

[Read more…]

決算時で確認したい繰延資産のポイント4つ

決算時で確認したい繰延資産のポイント4つ

起業をするための開業費や商品を開発するための開発費用。
こうした支出の効果というのは、すぐに収入に結びつくわけではありません。

場合によっては1年以上かかってしまうケースも存在します。
このような費用のことを繰延資産といいます。

今回は決算整理で手続きが必要な繰延資産について紹介していきましょう。

[Read more…]

将来の損失に備える「引当金」の3つの種類

将来の損失に備える「引当金」の3つの種類

棚卸作業、収入や費用の整理、減価償却資産の処理が終われば、決算整理の手続きも、いよいよ大詰め。
次に行うのは引当金の計上になります。

引当金の計上は、実際にお金が動く取引とは異なりますので、ちょっと難しいかもしれません。
今回はどのように引当金の処理をすればいいのかを見ていくことにしましょう。

[Read more…]

減価償却費の計算で注意したいこと3つ

減価償却費の計算で注意したいこと3つ

決算処理の手続きで、ちょっと面倒くさいのが減価償却費の固定資産台帳への登録です。

 

決算に整理をする前に、ここで減価償却について少しおさらいをしておきましょう。

 

[Read more…]