経営計画を立てるなら、まず行動計画に「数字目標」を落とし込もう

行動計画に「数字目標」を落とし込もう

経営計画を立てるときは、売上目標よりも利益目標を先に立てるのが主流です。 では利益計画を掲げるだけで、会社経営はうまくいくのでしょうか。 会社経営というのは、そんなに甘い世界ではありません。 起業する際に絶対見ておくべき […]

続きを読む...

「利益計画」「行動計画」を実現していけるかは社長の「行動」にかかっている

「利益計画」「行動計画」を実現していけるかは社長の「行動」にかかっている

会社を発展させるには、利益計画、行動計画が必要です。 それらの計画を実現していけるかは、社長の「行動」にかかっているのです。 会社設立して間もない頃は、予定をしっかりと立てる余裕もなく、毎日がむしゃらに行動している社長さ […]

続きを読む...

会社設立直後の資金繰りを改善する3つのポイント「売掛金」「過剰投資」「固定費」

資金繰りの改善のポイントは「売掛金」「過剰投資」「固定費」

たとえば、今、あなたが会社設立したばかりだとします。 会社設立直後で、経営的に厳しい状況が続くようであっても、次に述べる3つのポイントを押さえておけば、資金繰りに困ることはないはずです。 それは「売掛金」「過剰投資(過剰 […]

続きを読む...

資金繰り表を作成して経営数字を読み、利益を確保する方法

利益の出し方と資金繰りの方法

飲食業や美容業など、ビジネスの種類によって、どのぐらいの運転資金が必要でしょうか? 業種業態によって資金需要は大きく変わりますが、「狩猟型」と「農耕型」に分けて考えると、どんな業種業態にも、応用がきき、わかりやすくなりま […]

続きを読む...

キャッシュリッチ経営を社長が最低限知っておくべきお金の循環の話

キャッシュリッチ経営を

キャッシュリッチという言葉をご存じでしょうか。 ほとんどの人にとって、初耳だと思います。 普通はキャッシュフローというからです。 キャッシュフローとは資金の収支のことをいいます。 対して、キャッシュリッチというのは、資金 […]

続きを読む...

増運の会社と減運の会社

増運の会社と減運の会社

会社経営において重要な「運転資金」という観点から見た場合、会社には「増運の会社」と「減運の会社」があります。 ・運転資金の増えていく会社=増運の会社 ・運転資金の減っていく会社=減運の会社 とここでは言うことにします。

続きを読む...

創業融資の受け方を理解しておく(3)面談

創業融資の受け方を理解しておく(3)面談

事業計画書、その他の書類を提出したあと、1週間ほどで、いよいよ担当者との面談となります。 融資の審査担当者は、あなたに直接会って事業計画書の内容を確認するとともに、人間性も見極めようとします。 審査は、計画書などの書類が […]

続きを読む...

創業融資の受け方を理解しておく(2)地方自治体の創業融資制度

創業融資の受け方を理解しておく 地方自治体の創業融資制度

開業する地域によっては、地方自治体が「創業融資制度」を設けている場合があります。 個人的な保証人は必要ありませんが、代わりに信用保証協会という公的機関に保証人になってもらうと、融資を受けることができます。 ですので、開業 […]

続きを読む...

創業融資の受け方を理解しておく(1)日本政策金融公庫で借りる

日本政策金融公庫で借りる

創業時の借金は、どこから、どのようにすれば可能になるのでしょうか。 ぜひ知っておきたいのが、創業融資の制度です。一番のおすすめは「日本政策金融」です。 日本政策金融公庫は、株式の100%を国が常時保有することを「日本政策 […]

続きを読む...

銀行が注意して確認する決算書のポイントを把握しておこう!

銀行が注意して確認する決算書のポイントを把握しておこう!

銀行が貸し出しの審査を行う際、決算書による「信用格付け」から判断します。 すなわち、決算書の内容次第で、プロパー融資を受けられるかが決まるのです。 では、銀行は決算書どの部分を見て、融資を判断するのでしょうか?

続きを読む...

起業者支援の専門家に相談してみませんか?