収入の決算整理で覚えておきたいこと3つ

LINEで送る
Pocket

収入の決算整理で覚えておきたいこと3つ

日々の経理作業の総まとめとも言われる決算。何をやっていいのかわからないと考えている社長も多いはずです。

今回は収入の決算整理について、3つのポイントに絞りながら、ご紹介していきたいと思います。

 

ポイント1 収入を整理する

まず、決算とはそもそもどのようなものだったのでしょうか?
少し思い出してみましょう。

会計の原則として、ゴーイングコンサーンという言葉があります。
これは、企業活動は無期限に継続する、継続企業という意味です。

決算は、本来継続している事業をある一定の期間に区切って集計するというものになります。
そのため、収入も当期の収入なのか、はたまた来期の収入になるのか、その判断をする必要があります。

例を挙げて説明しましょう。
当期の12月に掛けで商品を販売して、来期の1月に入金がある場合は、当期中には入金がないのですが、来期の売上にはなりません。
当期の売上として処理をする必要があるのです。こうした売掛金の残高を売掛帳で正しくチェックする必要があります。

忘れてしまいがちなのが、商品を家事消費したときや他人に贈り物としてあげてしまったときの処理です。
家事で消費した場合や他人に贈り物であげてしまった場合も売上で処理する必要があります。
家事消費も取引ですから、その都度記帳しなければならないのですが、メモなどに残しておいて、決算時にまとめて集計しても大丈夫です。

ポイント2 前受金の処理をする

また、ある商品を取引先へ来期に納品するというケースを考えてみましょう。
商品の受け渡し前に、商品の一部代金をもらった場合、そのお金は、当然のことながら当期の売上として仕訳することはできません。

では、どのように処理をすればいいのでしょうか?

商品の代金は来期の売上と処理をするので、当期に商品の代金の一部をもらった場合は、前受金の勘定科目で処理をします。
そして、来期に商品を納品したときに、改めて借方を前受金、貸方を売上高にして仕訳を行うのです。

ポイント3 売掛金の残高が正しいか、前受金の処理が正しいかチェックする

上記の要領で、科目の残高を確定していき、決算期末の売掛金の残高が正しいかどうか、前受金がきちんと処理をされているかどうかチェックしていきます。

会計ソフトで帳簿を作成している場合は、売掛帳などを確認する作業になります。クラウド会計ソフトの場合も同様で売掛帳の残高が正しいかどうかをチェックします。

まとめ

いかがでしょうか?
決算では、特定の期間を区切って集計するために、こうした収入の整理が必要になります。
こうした調整も会計ソフトを導入したり、クラウド会計ソフトを利用したりすることによって、格段に便利になります。
ぜひ、日々の記帳にこれらのサービスを利用することをお勧めします。

 

LINEで送る
Pocket