会社の税金の納税時期。定期的に納める11種類について

LINEで送る
Pocket

会社を経営していると事業年度ごとに定期的に掛かってくる税金。前回はその税金の種類についてご紹介しましたが、税金の納税時期についても、経営して行く上で資金計画の面で重要です。滞納すると延滞税や加算税が取られます。そのため、今回はその納税時期についてご紹介いたします。

会社が納めるおもな税金

下記についても、ご参照下さい。
会社の税金を全解説!会社を作ったら、この11種類を覚えておこう

1.法人税(国税)

納税時期が中間申告分と確定申告分と2回有ります。
(1)中間申告分:各事業年度開始の日から6か月を経過した日から2か月以内です。3月決算法人なら11月30日です。ただし直前期の年税額が20万円以下の場合は不要です。
(2)確定申告分:各事業年度終了の日の翌日から2か月以内です。3月決算 法人なら5月31日。

2.復興特別法人税(国税)

平成23年に公布され東日本大震災からの復興の財源のための税金です。平成24年4月1日から平成27年まで施行されます。
納税時期は法人税と同じでです。納税時期が中間申告分と確定申告分と2回有ります。
(1)中間申告分:法人税と同じです。中間申告の要否は法人税に連動して判断します。
(2)確定申告分:法人税と同じです。

3.法人住民税(都道府県税・市区町村税)

均等割・法人割
納税時期は法人税と同じでです。納税時期が中間申告分と確定申告分と2回有ります。
(1)中間申告分:法人税と同じです。中間申告の要否は法人税に連動して判断します。
(2)確定申告分:法人税と同じです。

利子割
金融機関などからの利子等に対しては、源泉徴収(天引き)され納税されます。

4.法人事業税(都道府県税)

納税時期は法人税と同じでです。納税時期が中間申告分と確定申告分と2回有ります。
(1)中間申告分:法人税と同じです。中間申告の要否は法人税に連動して判断します。
(2)確定申告分:法人税と同じです。

5.地方法人特別税(国税)

納税時期は法人税と同じでです。納税時期が中間申告分と確定申告分と2回有ります。
(1)中間申告分:法人税と同じです。中間申告の要否は法人税に連動して判断します。
(2)確定申告分:法人税と同じです。

6.消費税(国税)

納税時期は法人税と同じでです。納税時期が中間申告分と確定申告分と2回有ります。
(1) 中間申告分:納税時期は法人税に同じです。ただし直前課税期間の地方消費税込みの納税額が60万円以下の場合は不要です。また直前課税期間の地方消費税込みの納税額が500万円を超える場合は3か月ごとに、同税額が6000万円を超える場合には毎月になります。
(2)確定申告分:法人税と同じです。

7.印紙税(国税)

課税対象の文書を作成した時です。 必ず押印が必要です。

8.登録免許税(国税)

登記等を行う時に納税します。(その時だけで定期的に掛かりません。)

9.所得税(国税)

利子や配当金などは源泉徴収(天引き)され納税されます。

10.固定資産税(区市町村税)

毎年6 、9、12 月、翌年2月の年4 回に分けて納付します。6 月に一括納付することも可能です。

11.自動車関連の税 

・自動車税(都道府県税)
  軽自動車や特殊車両を除く自動車の税金です。自家用車、営業車は、排気量によって決まります。
  賦課期日は毎年4月1日で、納期は原則として5月中(青森県と秋田県は6月中)です。5月頃に送付される納税通知書によって納めます。
・自動車重量税(国税)
  車検時等に納税します。車重によって決まります。
・自動車取得税(都道府県税)
  自動車を取得した時に納税します。
・軽自動車税(市区町村税)
  自動車税の代わりに、軽自動車を所有している時に納税します。

その他

源泉所得税(国税)

会社に掛かる税金では有りませんが、従業員の給与から源泉徴収(天引き)して預かっている、所得税を納付しなければなりません。
会社が徴収した源泉徴収税額は、月末で締めて、翌月10日までに税務署に納付することになっています。また納期の特例が有り、
社員が10人未満の小規模事業所は、税務署に「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」の届出をすれば、1 月から6 月までの上半期分をまとめて7月10日まで、7月から12月までの下半期分をまとめて翌年1月20日までに納付することが可能になります。

詳細は下記をご参照下さい。
社員を雇用するための源泉所得税の手続き6つのポイント

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は会社を経営していると事業年度ごとに定期的に掛かってくる税金の納税時期についてご紹介しました。
経営して行く上で資金計画の面で重要ですので、今後これらの税金について、意識して経営に望んでみて下さい。

LINEで送る
Pocket