役員退職金をチェック!知らないと損する不要な税金をおさえる方法

LINEで送る
Pocket

 books-of-blue-return-taxpayer

「自分の報酬は高い方がよいか、低い方がよいか」。
オーナー経営者の場合、この問いに対する答えは単純ではありません。実は、オーナー社長の場合、報酬が高すぎて損をする場合があるのです。

会社の利益には、法人税が課税されます。一方、社長の報酬には、所得税が課税されます。役員報酬を差し引く前の会社の利益を役員報酬として受け取るのか、法人税を支払った上でそのまま利益として留保するかによって、オーナー社長の持ち分としての金額が変わってきます。

所得税、法人税それぞれの税体系の特徴、また税務上有利となる「役員退職金」をもとに、理想の役員報酬額を決めるポイントを解説します。

社長の報酬を考える所得税法上のポイント

所得税法では、オーナー社長の報酬は従業員の給料と同様、給与所得に分類されます。
わが国の所得税は、次の2つのステップによって求められます。

①収入額から「給与所得控除」を差し引いて「給与所得」を算出する
②給与所得に税率をかけ、さらに控除額を差し引く

表1.給与所得控除額
list

表2.個人の所得税額
list
※所得税+住民税、事業税なし

例えば、収入が1,000万円の場合、
①1,000万円-{1000万円×10%(所得比例)+120万円(固定額)}
                                =780万円(給与所得額)
②780万円×43%-153万6,000円=181万8,000円
となり、181万8,000円を納付することになります。
所得税額の計算にあたっては、収入額が上がるごとに階段状に税率が高くなる「超過累進課税」という仕組みがとられています。
この仕組みは最適な社長の報酬を決める際に重要になるので、覚えておきましょう。

社長の報酬を考える法人税法上のポイント

社長の報酬は、法人税法上は
①役員報酬
②役員賞与
③役員退職金
の3種類に分類できます。

このうち、①と③の報酬が増えれば、法人税の課税対象となる「所得」が減ります。
また、②の役員賞与には、利益が出たときに特別に支給するいわゆる「賞与」だけではなく、役員報酬の支給額が一定でない場合の超過額も含まれることになっています。

これは、役員報酬を変動させ、意図的に利益を少なくすることによる脱税行為を防止するために設けられた規則です。
法人税の実効税率は、最適な役員報酬を決める際に使いますので、覚えておきましょう。

表3.法人実効税率
list

資産づくりのポイント「役員退職金」

社長の資産づくりにおいて、最も重要となるのが退職金です。
所得税法上、退職金には極めて優遇された3つの制度が存在しています。

①退職金控除(給与所得控除より手厚い控除制度)があります。
②退職金控除後の所得の半分だけが課税対象となります。
③給与所得とは別個に課税されます。

例えば、給与所得で年間2,000万円の役員報酬を得ている社長がさらに2,000万円の報酬を増額する場合、所得税の金額は
2,000万円×50%(所得税率)=1,000万円
となります。

一方、勤続25年で2,000万円の退職金を受け取った場合、退職金にかかる課税対象額は、
{2,000万円-1,150万円(退職所得控除)}×50%(上記②より)=425万円
となります。

そして、これに課される所得税の金額は、
425万円×30%(所得税率)-42万7,500円(控除額)=84万7,500円
となり、報酬を2,000万円増やした場合に比べて900万円の節税になるのです。

まとめ

以上をふまえ、理想の報酬額を決めるための6ステップを紹介します。

① 社長の家族構成を踏まえて、社長の報酬の最低必要額を算定します。
子供が産まれるなど家族構成に変化がある場合は、必ず算定し直してください。
② ①の報酬額にかかる所得税額を計算します。
また、①より高い報酬額で、所得税の税率の変わり目における税額を計算します。
③ 翌期の予想利益(役員報酬控除前)を把握してください。
④ ③で求めた役員報酬控除前の利益から、①の場合の報酬額を控除した金額を計算します。
また、②で設定した、税率の変わり目における報酬を控除した場合の利益額を計算します。
⑤ ④の金額と、法人税の実効税率表から、それぞれの法人税額を計算します。
⑥ ②と⑤の対応する金額のうち、一番小さな金額に近い金額が当期の報酬の最適額です。

このとき、①で計算した最低必要報酬額と、最も納税額が低くなる報酬額との差額は、退職金用の積立に回すことができる額ともいえます。

なお、退職金については、税引き後利益を内部留保するよりも、生命保険などを活用して社外に留保する方が税務上有利なので、そちらも検討なさってください。

LINEで送る
Pocket