起業家なら絶対に理解しておくべき粗利/粗利率の重要性とその理由

LINEで送る
Pocket

gross-profit粗利は経営をする上で最も重要な利益と言っても過言ではありません。なぜなら、全ての経費はこの粗利から支払われるからです。

粗利は、正式な名称は「売上総利益」と言います。しかし、ビジネスの世界では粗利と呼ばれることの方が多いかと思います。

ソフトバンクの孫正義さんも粗利を非常に重視する経営をすることで有名です。孫さんは「利益を上げるには、粗利以上に経費を使わないという単純な原則だけを頭に入れておけばいい」と言っています。そこで、今回は粗利とはどういったものなのかを解説したいと思います。ぜひ参考にしてください。

粗利とは売上から仕入を引いたものと理解しよう

粗利は、おおまかな利益のことで、簡単に言うと売上から仕入(売上原価)を引いたものを言います。

粗利を求める式  「売上ー売上原価」=粗利

正式には粗利は「売上総利益」と呼ばれます。損益計算書(P/L)で一番最初に出てくる利益です。日常的には粗利と呼ばれたり、それ以外にも粗利益、荒利などと言われます。

(※厳密には粗利は業種によって算出方法が異なりますが、ここでは理解のしやすさを重視しています)

粗利はビジネスにおける大元の利益

粗利の概念を理解するのに、まず知っておきたいのは、「粗利とはビジネスにおける大元の利益である」ということです。言い換えると、商品そのものが生み出す利益です。商品1単位当たりの粗利は「売価-仕入」で簡単に算出できます。これは商売ではとても重要な概念で、この粗利をいかに稼ぐかがビジネスそのものなのです。(一般的には管理会計の限界利益のことです。製造業では粗利と限界利益は違います)

なぜ、このような当たり前の事をわざわざ経営者が意識するのでしょうか。それは、ビジネスをしていると、目の前の売上やキャッシュに目がいってしまい、大事な事、「粗利が重要である」ということをつい忘れてしまうからなのです。

粗利とは

粗利以上に経費を使わなければ必ず利益が出ることを理解する

ビジネスにおいて、粗利が重要なのは、「粗利をどれだけ稼げるかということがビジネスそのものの能力を表すから」です。そして、「粗利以上に経費を使わないことが利益を出す鉄則」だからなのです。

利益を出す鉄則 粗利ー経費=利益(営業活動を通じた利益) 

そのため、経営者が意識しなければならないのは、今の自社の粗利を稼ぐ能力です。いくらの粗利を稼げる能力があるかを徹底的に把握することです。それを把握できれば、それ以上に経費を使わなければ、必ず利益が出るということなのです。

粗利の総額と粗利率を重視して経営する

損益計算書(P/L)では、売上があり、その下に売上原価、そして粗利があります。そして、その下には販管費、水道光熱費、人件費・・・などいろんな費用がある。これらの全ての経費は粗利から支払われることになります。だからできるだけ粗利は大きい方がいいのです。

ビジネスを始めたばかりの経営者は、まずこの「粗利の総額」を増やす事に集中するべきです。毎月いくらの粗利額を稼げるのか、50万円なのか、100万円なのか、200万円なのか。個人事業と法人組織の分けれ目は、最低でも毎月50万円以上の粗利が稼げるかどうかというラインが分かれ目になると言われています。

徐々に粗利が稼げるようになってきたら、次に考えるのは、「粗利の効率」です。商品やサービスの粗利率をもっと高めることができないかという事を考えます。粗利率が高ければ、少ない販売数でも採算が取れるようになります。出来る限り高い粗利額・粗利率の商品を販売する方が経営は楽になります。

まとめ

粗利はビジネスにおいて非常に重要です。

・粗利から全ての経費が支払われることを明確に理解しておく

・粗利以上に経費を使わなければ必ず利益が出ることを理解しておく

・経営者は、売上よりも毎月の粗利額をどの程度稼げる能力があるのかを把握する

損益計算書がかんたんに作れるクラウド会計ソフト

LINEで送る
Pocket