確定申告の届け出はどうすればいいの?その1 届出はいつ、どこにするのか?

LINEで送る
Pocket

届出はいつ、どこにするのか?

確定申告は、所得のあった翌年の3月15日までに所轄の税務署にするのが基本です。
そのほかに税務署まで行かなくて済む方法もあります。
なかでも電子申告は書類を提出しなくて済むなど、届出に関わる手間をかなり減らすことができます。

納税申告は2月16日から3月15日

所得税の確定申告は2月16日から3月15日までに申告書を提出するのが原則です。
2014年は2月15日が土曜日だったので、確定申告(2013年の所得分)の受付は2月17日の月曜日から始まり、申告期限もやはり月曜日の3月17日となりました。
このように休日と重なる場合は後ろにずれます。

ただ「還付申告」の場合は1月1日から申告できることになっていますから、早く還付を受けたければ2月16日まで待つ必要はありません。
税金が戻る申告なので、提出期限が過ぎても延滞税などはかからず、罰則も特にありません。
そして所得があった年の翌年から5年間は受け付けてもらえます。

提出するのは所轄の税務署

確定申告書は、自分の住所を管轄する所管税務署で窓口に提出します。
その他の税務署では基本的に受け付けてもらえません。
税務署の開庁時間は平日の8時半から17時までです。
この時間内に行くことができなければ、建物の外にある時間外収受箱に提出することもできます。

提出する前には、書き漏らしたところがないかもう一度見直します。
必要となる添付書類が揃っているかどうかも確認しましょう。

下書きや印鑑を持参すると、もしその場で不備が見つかっても対応できるかもしれません。
確定申告書を提出すると、窓口で「控え」に受付日の入った受付印を押して返してくれます。
確定申告をした事実と申告内容を示す記録になるので、なくさずに保管します。

税務署に行かずに申告するには

税務署に行かなくても、申告書を提出することはできます。

方法は次の3つです。

  1. 広域申告センターに提出する
    大きな駅などに毎年設置される広域申告センターでも確定申告書を受け付けます。所轄の税務署に関係なく提出できるので便利です。
    年により設置場所が変わることがあるので、近場にあるところを国税庁のホームページで確認するか、ネットで「広域申告センター」と検索してみてください。
  2. 郵送する
    所轄の税務署に確定申告書を郵送する方法です。
    通信日付印(通常は「消印」)の日付が申告書の提出日となります。
    普通郵便でかまいませんが、念のため書留郵便で送れば郵送記録が残ります。
    なお宅配便やゆうパック、ゆうメールなどでの提出はできません。
    このとき自分の住所と名前を書いた返信用封筒に切手を貼って同封すると、確定申告書の「控え」に受付印を押して返送してくれます。
  3. 電子申告もできる
    インターネット経由でも申告ができます。
    申告書や添付書類がなくても、「e-Tax」ソフトを使って税務署の所定のサイトにアクセスし、所定の手順に従って入力や送信をするだけでOKです。
    1月中旬から申告期限日までは24時間アクセスできるので、夜中に自宅からパソコンで申告手続きを済ますこともできます。
    「e-Tax」には料金はかかりませんが、あらかじめ利用開始の手続きをしておく必要があります。
    また申告時には電子証明書や住民基本台帳カード、パソコンに接続して使うICカードリーダーライタを用意します。

申告期限までなら再提出できる

確定申告書をいったん提出した後でも、書き直して再提出することができます。
一番日付が新しいものが正式な申告書となりますが、再提出は申告期限日までしか認められません。
その後になると、「修正申告」(税額を少なく申告したとき)か「更正の請求」(多く申告したとき)という手続きのどちらかが必要です。

LINEで送る
Pocket