ものづくり・商業・サービス革新補助金【2015年1月現在】

LINEで送る
Pocket

ものづくり・商業・サービス革新補助金【2015年1月現在】

平成27年1月9日に中小企業庁のホームページで平成26年度補正予算案が公表されました。
補助金関係の目玉として今年も「ものづくり補助金」が予算額1,020億円となっています。

この「ものづくり補助金」の内容は以下のとおりです。

ものづくり・商業・サービス革新補助金

新しい商品・サービスの開発や業務プロセスの改善、新しい販売方法の導入など、
中小企業・小規模事業者が取り組む事業革新の費用の2/3を補助されます。
今回は、共同体で行う設備投資なども支援対象に追加されます。

補助対象

  1. 新しいサービス、新商品・試作品の開発
  2. 複数者が共同で取り組む設備投資等

※2については、創業間もない企業や小規模事業者は申請書類が簡素化されます。

補助上限額

  1. 1,000万円
  2. 共同体で5,000万円(500万円/社)

前年度のものづくり補助金採択状況を分析

前年度の各公募における採択率は以下のとおりです。

申請件数 採択件数 採択率 公募期間
一次公募(一次締切り) 7,396件 2,916件 39.4% 2月17日~3月14日
一次公募(二次締切り) 15,019件 6,697件 44.5% 3月15日~5月14日
二次公募 14,502件 4,818件 33.2% 7月1日~8月11日

後になる程、採択率が悪くなっています。
これは申請件数との兼ね合いもありますが、予算が決まっていますので
申請件数が多ければ、最終の公募の採択率が悪くなるように考えられます。

今回も例年通りの予定であれば、一次公募は2月頃となりますので、
「ものづくり補助金」の申請をお考えの中小企業・小規模事業者の方は、
早めの申請をしてみてはいかがでしょうか。

複数回の公募がある場合は、チャレンジ出来る回数も増えますので、
年度末で大変お忙しい時期となりますがご検討してみてください。

LINEで送る
Pocket