改めて問われる“労働者”の意義

改めて問われる“労働者”の意義

昨今、フランチャイズ業界で、“加盟店であるフランチャイジーが本部であるフランチャイザーの労働者に当たるのか?”ということが問題となっています。 これを肯定する東京都労働委員会の命令等が出たこともあり、改めて“労働者”の意 […]

続きを読む...

あなたは間違っていない? ゴルフ会員権の会計処理

あなたは間違っていない? ゴルフ会員権の会計処理

得意先の接待や従業員の福利厚生を目的として、ゴルフ会員権を法人で購入されることもあるでしょう。 ゴルフ会員権関連の会計処理は、所有形態や使用実態によって異なります。 今回は、ゴルフ会員権の会計処理についてご紹介していきま […]

続きを読む...

【ご質問】裁量労働制における夜10時以降の勤務について、深夜手当を定額支給にできる?

【ご質問】裁量労働制における夜10時以降の勤務について、深夜手当を定額支給にできる?

当社は専門業務型の裁量労働制で、社員の業務が午後10時以降に及んだと認められるケースでは定額の手当を支給しています。 裁量労働制を採用していても深夜労働に対する割増賃金が必要なようですが、このやり方で問題ありませんか?  […]

続きを読む...

人事制度が変わる!? 「改正育児・介護休業法」の改正内容は?

人事制度が変わる!? 「改正育児・介護休業法」の改正内容は?

バブル経済が崩壊した1990年代初め、共働き世帯が専業主婦世帯を上回りました。 これに伴い、保育所を必要とする親が増え、待機児童問題が顕在化したのです。 それから20年以上が経った現在、少子化が進んでいるにもかかわらず、 […]

続きを読む...

借上げ社宅を活用しましょう

労働契約や残業代… 法規制に適切に対応していこう

会社が従業員の自宅家賃を負担する方法として、借上げ社宅を検討される方もいらっしゃるでしょう。 借上げ社宅とは、会社がアパートやマンションを借りて、それを社宅として従業員に又貸し提供する方法です。 家賃負担制度として住宅手 […]

続きを読む...

障がいや疾患を持つ方の雇用をサポートする助成金

障がいや疾患を持つ方の雇用をサポートする助成金

“共生社会”を実現するため、すべての事業主には法定雇用率以上の割合で障がい者を雇用する義務があります。 そして、この法定雇用率は2018年4月1日から引き上げになります。 そこで今回は、障がいや疾患を持つ方の雇用に取り組 […]

続きを読む...

社会保険労務士について知ろう

社会保険労務士について知ろう

社労士は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです […]

続きを読む...

労働契約や残業代… 法規制に適切に対応していこう

労働契約や残業代… 法規制に適切に対応していこう

政府が注力している「働き方改革」の影響で、時間外労働の上限規制といった労働環境の改善が急速に進んでいます。 従業員の権利意識が高まる中、雇用主としては適切な対処方法を心得ておかなければいけません。 今回は、「雇用契約関係 […]

続きを読む...

家族への給与は、原則必要経費にならない!?

家族への給与は、原則必要経費にならない!?

個人事業主の場合、親族の協力の下に事業を展開・継続することは珍しくありません。 そして、事業が流れに乗り、収益増加となると、節税の観点から家族従業員への役務提供の対価として給料を支払おうと考えるのが道理です。 しかし、個 […]

続きを読む...

実際にあった雇用トラブル~事例集その2~

実際にあった雇用トラブル~事例集その2~

近年、雇用中のトラブルは増えており、平成27年度の総合労働相談は100万件を超えました。 これは8年連続の増加となります。 これまでに、就業規則や給与規程、各種保険等について解説してきましたが、従業員採用を前にしっかり準 […]

続きを読む...

起業者支援の専門家に相談してみませんか?