確定申告の届け出はどうすればいいの?その6 税金を納める方法

税金を納める方法

確定申告をするのに合わせて、所得税を納付しなければなりません。 事前に源泉徴収税を納めているなどして税金が戻ってくる場合には、還付を受けるための手続きをします。

続きを読む...

確定申告の届け出はどうすればいいの?その7 間違って申告したらどうするか?

間違って申告したらどうするか?

申告した内容に間違いがあったことに気づいたら、どうすればいいでしょう。 申告期限までなら、もう一度申告をし直せば新しい内容で受け付けてもらえます。 しかし期限を過ぎてしまったら新たな手続きをしなければなりません。 だから […]

続きを読む...

経営におけるカラーバス効果とは!

経営におけるカラーバス効果とは!

情報やヒントは相手を選んで降りてきます。 幸運も不運も同じです。相手を選びます。 求める量と質に応じて降りてくる、と解説した方がわかり易いかも知れません。 ・優良な情報を得る人は、そのような生き方をしています。 ・優良な […]

続きを読む...

ライフサイクルと借入

ライフサイクルと借入

ご存知の方も多いと思いますが、会社や事業にはライフサイクルがあります。 ライフサイクルとは、会社や事業が、導入期→成長期→成熟期→衰退期という成長カーブを描くという考えです。 ライフサイクルと借入の関係について見てみまし […]

続きを読む...

日本初!税務サービス付きシェアオフィス、税務申告や事業計画の作成まで創業者を強力に支援

日本初!税務サービス付きシェアオフィス、税務申告や事業計画の作成まで創業者を強力に支援

「会社設立時、何の書類をどこに提出する?」 「確定申告や経理処理はどうすれば?」 このような創業時の悩みをいつでも相談できて、相談料はオフィスの賃料に込み。 そんなシェアオフィスが10月1日、人形町に誕生した。 Q-TA […]

続きを読む...

【税理士監修】これから起業するならドッチがお得? 日本一分かりやすい「個人事業」VS「法人設立」10番勝負!

法人企業と個人企業のどちらが有利?

今日は、「法人企業と個人企業のどちらが有利か」についてご紹介します。下記の表は良く聞かれる質問ベスト10に入る項目です。 一概にどちらが有利とは言えないのですが、メリットとデメリットを比較してみました。白色申告欄で空白の […]

続きを読む...

経営者業務と執行業務をバランスよく使い分けてください。

経営者業務と執行業務をバランスよく使い分けてください。

中小企業経営者は、100%経営者業務のみを行っているわけではありません。 執行部分、大企業流に言うなら執行役員部分や部長、場合によっては担当者の仕事も担っています。 経営者業務と執行業務を分けて考えておかないと、どうして […]

続きを読む...

なぜ、起業時の経理を「丸投げ」すると業績が上がるのか?

なぜ、起業時の経理を「丸投げ」すると業績が上がるのか?

皆様は、「税理士事務所に経理を一切合切丸投げする」と聞いて、どのような印象を受けますか? 「まだ起業したばかりなのに、そんなお金なんかない」というところでしょうか。 しかし、起業時だからこそ、税理士事務所に経理を丸投げす […]

続きを読む...

なぜ、起業時の経理を自力で行うと業績が下がるのか?

なぜ、起業時の経理を自力で行うと業績が下がるのか?

沖縄では全国的に見ても開業率が非常に高い地域となっています。反面、廃業率も高く、たとえ起業しても、その後に経営を持続していくのは一筋縄ではいかない現実が浮かび上がります。 もちろん、経営者自身の資質が大きなウエイトを占め […]

続きを読む...

クレーム対応での社長の役割

クレーム対応での社長の役割

今日は、最近お客さんのところで実際に起きた事例を基に、「クレーム対応」についてお話ししたいと思います。 どんな企業、どんな業種にも、クレームはつきものです。 あなたの大切なお客様にご迷惑をおかけし、怒らせているのですから […]

続きを読む...

厚生年金の料率改定のお知らせ

厚生年金の料率改定のお知らせ

今年もまた、厚生年金保険料の保険料率がアップする時期が近づいて参りました。 会社員の方は毎年この時期になると、給与の手取り額が若干変わるなぁ・・・と思われることも多いでしょう。 今回は厚生年金保険料の保険料率改定のお知ら […]

続きを読む...

怖い重加算税!

怖い重加算税!

今回は税務調査の後に仮装隠ぺいしている事実が発覚し、追徴課税を受けた時に課せられる「重加算税」などを中心に説明致します。 例えば、5年間無申告の個人事業者に税務調査が入り、調査の結果、1年あたり300万円の所得税額が出た […]

続きを読む...

知らないと損する小規模宅地税制

知らないと損する小規模宅地税制

今回のテーマでは、小規模宅地の特例の税制改正についてお話させて頂きます。 小規模宅地等とは、 「個人が、相続又は遺贈により取得した財産のうち、その相続の開始の直前において被相続人等の事業の用に供されていた宅地等」 又は […]

続きを読む...

外注エンジニアへの支払いは「給与」か「外注費」かで消費税の扱い変わる!?

外注エンジニアへの支払いは「給与」か「外注費」かで消費税の扱い変わる!?

会社でさまざまな業務を遂行するにあたり、自社の社員だけではリソースが足りず、社外の方にご協力いただくケースがよくあることと思います。 社外の方に発注すると「外注費」になる、と思われがちですが、一概にそうとは言えないようで […]

続きを読む...

役員の親族が通常の使用人である場合の給与には要注意

役員の親族が通常の使用人である場合の給与には要注意

私は、家族経営に数名のスタッフを含めた8人程度の中小企業の社長をしています。 先日、同業者の知り合いが、税務調査で多額の修正申告をするはめになったという話を聞きました。

続きを読む...