金融機関との金利交渉は慎重に

金融機関との金利交渉は慎重に

金利が決定されるメカニズムは、借りる側には良く分かりません。 金利に無頓着すぎると相場よりも高い金利を支払わされる可能性がありますし、金利にこだわりすぎると金融機関から融資取引そのものを敬遠される可能性があります。 今回 […]

続きを読む...

事業所得者必見!会計ソフトを利用した帳簿付けのポイント

事業所得者必見!会計ソフトを利用した帳簿付けのポイント

青色申告の記帳は、原則、年末に貸借対照表と損益計算書を作成することができるような正規の簿記(一般的には複式簿記による記帳)によることが必要です。 また、平成26年からは白色申告の場合もすべて記帳義務が発生します。 税務申 […]

続きを読む...

土地、建物を一括購入したときの価格はどうなるの?

company-place

土地と建物を同時に購入し、それぞれの金額が区分されていない場合は、どちらか合理的に算定できるほうを選んで価格を決め、もう一方の価格を出します。 今回は土地、建物を一括購入したときの価格についてご紹介します。

続きを読む...

会社にかかる税金の種類にはどんなものがあるの?

会社にかかる税金の種類にはどんなものがあるの?

会社を運営していると、様々な税金を支払う必要が出てきます。 具体的にはどんな税金がかかってくるのでしょうか。 今回は会社にかかる税金についてご紹介します。

続きを読む...

納める税金を少なくするのは同じでも、節税と脱税は何が違う?

納める税金を少なくするのは同じでも、節税と脱税は何が違う?

会社で利益が出たら、税金を納めなければいけません。 しかし、できれば税金を多く払わずに手元に残しておきたいもの。 節税と脱税って、納める税金を少なくする点では同じ。 本質的にはどう違うのか、ご紹介します。

続きを読む...

創業補助金の申請で上限金額を狙うなら注意すべき
事業計画書4つのポイント

創業補助金の申請で上限金額を狙うなら注意すべき事業計画書4つのポイント

創業補助金の申請するなら、上限金額を狙いたいところ。融資の可否を握る事業計画書を作成する際に、どんなところに注意したらよいでしょうか。 今回は、相談事例をもとに創業時の事業計画の注意点を考えてみましょう。

続きを読む...

なぜ!?記帳することが必要かを考える

なぜ!?記帳することが必要かを考える

青色申告特別控除の要件などでは記帳が必要と述べましたが、税務のためにも記帳することは必要です。 しかし、それだけでしょうか? 自社の取引を記帳してまとめて行き、最終的には会社の財政状態・経営成績を把握するために作成します […]

続きを読む...

サービス業を始めたらこの数字だけは要チェック

サービス業を始めたらこの数字だけは要チェック

確定申告書を出して、決められた金額を納税すれば、長きに渡る税金とのお付き合いは終わり……。 と思っていませんか? 実は忘れてはいけないことがあります。 それは忘れた頃にやってくる税務調査です。

続きを読む...

建設業の税務調査で指摘される急所とその対応策

建設業の税務調査で指摘される急所とその対応策

建設業を営んでいる社長さんに、日々の売上管理と原価管理はしっかり行っていますか? と聞くとたいてい、「細かくはやっていない」「頭の中で把握している」といった答えをいただくことがあります。 しかしながら、このような社長さん […]

続きを読む...

起業当初の経理は丸投げにする3つのメリット

起業当初の経理は丸投げにする3つのメリット

起業した当初は、営業から事務まで社長が一人でこなさなければならないのが普通です。 しかし、そんな目の回るような忙しさの中でも、経理作業はきちんと行う必要があります。 そうでなければ、利益の把握が曖昧になり、経営に支障が出 […]

続きを読む...

融資判断で重視される3つのポイント。自社の決算書を金融機関の目線で見る

融資判断で重視される3つのポイント。自社の決算書を金融機関の目線で見る

金融機関は決算書を見て融資判断を行います。 金融機関を味方につけ最良の事業パートナーとしたいのであれば、決算書を大切にしなくてはなりません。 今回は、金融機関が会社の決算書をどのように見ているかを解説します。

続きを読む...

小口現金は社長が立て替えて月1回の振り込みに!

小口現金は社長が立て替えて月1回の振り込みに!

宅配便代や郵便代、ちょっとした消耗品代、お客さん用の新聞や雑誌代など、会社のなかの細々としたお金。 こうしたお金は小口現金で処理するのが一般的です。 しかしながら、小口現金の管理は意外と面倒だと思っている社長も多いのでは […]

続きを読む...

飲食業の税務調査で必ずつっこまれる急所と対応策

飲食業の税務調査で必ずつっこまれる急所と対応策

飲食店はその日の売上が現金で管理される現金商売の代表格です。 日々の売上をきちんと帳簿につけて管理している飲食店は別として、なかには、実際に取引があったのにも関わらず、帳簿に売上をつけずに、申告する悪質なケースも存在しま […]

続きを読む...

美容室が自社の売上を伸ばしていく2つの重要なポイント

美容室が自社の売上を伸ばしていく2つの重要なポイント

厚生労働省の調査によると、平成25年度(2013年)3月末の全国の美容室の数は23万1,134店。 なんとコンビニエンスストアの4倍の数が全国にあるのです。 ちなみに、同じ商圏のなかでの競合店は7.5店舗もあり、売上を上 […]

続きを読む...

税務署は介護事業者の数字のここを見ている

税務署は介護事業者の数字のここを見ている

「うちは、自分とヘルパーさん数人の小さな事業所。年商も1,000万円未満だから税理士なんていらないよ」という介護事業者の社長さん、それはちょっと早計かもしれません。 実は近年、税務調査で指摘される項目として、ヘルパーさん […]

続きを読む...