どうやってお金を集めて、どう使ったかがわかる貸借対照表

どうやってお金を集めて、どう使ったかがわかる貸借対照表

どのような状態で財産が使われているかがわかる左側 貸借対照表とは、ある事業年度末における会社の財政状態を表す財務諸表のひとつです。 貸借対照表は、大きく分けて左側と右側で記載されている内容が異なります。

続きを読む...

会社の決算申告手続きに必要な16の勘定科目内訳明細書

会社の決算申告手続きに必要な16の勘定科目内訳明細書

決算の月から2ヵ月後が、会社の決算申告手続き期限です。 今回は勘定科目内訳書を中心に、会社の決算手続きの内容を確認してみましょう。

続きを読む...

65万円の特別控除を受けるための記帳方法とは?

65万円の特別控除を受けるための記帳方法とは?

青色申告制度を活用して、65万円の特別控除を受けるためには、「正規の簿記の原則」で記帳をしなければなりません。 正規の簿記の原則とは、資産、負債及び資本に影響を及ぼす一切の取引をきちんと記録できて、最終的に貸借対照表と損 […]

続きを読む...

経営する上で、経営者が数字を把握するためにも帳簿が必要

2014年8月4日 by admin_inqup (Edit) 経営する上で、経営者が数字を把握するためにも帳簿が必要

会社を経営していくには、常にその会社の状態を把握するために数字を理解しなければならない、という話をどこかで聞いたことがあるかもしれません。 ところが、具体的にどのような数字を理解すべきかということになると、途端にわからな […]

続きを読む...

会社の事業活動を象徴する「取引」はどう分類したらよい?

会社の事業活動を象徴する「取引」はどう分類したらよい?

事業を始めると、さまざまな取引が行われます。 たとえば、お客さんと商品の販売契約をするという取引もありますし、取引先から商品を仕入れたという取引もあります。 掛けで取引をするケースもあるでしょう。 また、実際には事業の取 […]

続きを読む...

第二次公募の締め切り間近!ものづくり補助金申請のポイント

第二次公募の締め切り間近!ものづくり補助金申請のポイント

ものづくり補助金の申請締切が近づいてきています。 第二次公募の締め切りは8/11(月)と募集期間も短く、頭を悩ませるところは事業計画の内容などの記載です。 どのようにすれば採択を受けるのか?PRするには? などなど短い期 […]

続きを読む...

いくらまでもらっていいかやっぱり悩む、社長の役員報酬

いくらまでもらっていいかやっぱり悩む、社長の役員報酬

中小企業の社長は役員給与を自分で決められます。しかし、いざ自分で決めるとなると、いくらまでもらうのが適切なのか悩むところ。今回は節税の意味も含め、どれくらいの金額に設定するが適正額なのか、ご案内します。

続きを読む...

通勤手当、旅費交通費、出張費の処理で気をつけるべきポイント

通勤手当、旅費交通費、出張費の処理で気をつけるべきポイント

社員の移動に関する費用は、業務上必要なこととはいえ、どう処理してよいか悩むところ。 今回は通勤手当をはじめ、旅費交通費、出張費などの処理で気をつけなければいけないポイントについてご紹介します。

続きを読む...

本則課税と簡易課税の違い、お得なのはどっち?

本則課税と簡易課税の違い、お得なのはどっち?

消費税には簡易課税制度と本則課税制度があることをご存知ですか? それぞれ、どう違うのか、また、どちらのほうが税金の面で得なのか、ご紹介します。

続きを読む...

社長がすべき2つの仕事

社長がすべき2つの仕事

社長に上司はいません。 誰かに助言はもらえても、代役はお願いできません。 怠惰に生きても、しかられることも少ないでしょう。 故に、社長は孤独です。 今回は、社長の仕事について考えてみましょう。

続きを読む...

売上の税込処理と税抜処理、どちらがお得?

売上の税込処理と税抜処理、どちらがお得?

商品などの販売価格を見てみると、それぞれ金額が消費税込と消費税別で表記されているものがあることにお気づきかと思います。 売上の表記を税込で処理するのと、税抜で処理するのとでは、どう違いがあるのでしょうか、またどちらがお得 […]

続きを読む...

決算期を変更する際に注意するべき4つのポイント

決算期を変更する際に注意するべき4つのポイント

会社設立に必ず決めないといけない会計期間。これは決算期とも呼ばれます。 この決算期は、一度会社設立時に決めたら変更できないのでしょうか。 実は、設立後も決算期を変更することが可能です。今回は決算期の変更手続きについてご紹 […]

続きを読む...

事業用建物・土地は会社、個人のどちらで購入したほうが得?

事業用建物・土地は会社、個人のどちらで購入したほうが得?

事業用建物・土地を会社で購入するのと、個人で購入して会社に貸すのとででは、どちらが得なのでしょうか? 結論からいうと、個人の年間所得が高額でなければ、個人が購入して会社へ貸すほうが、税金は安く済みます。

続きを読む...

金融機関との金利交渉は慎重に

金融機関との金利交渉は慎重に

金利が決定されるメカニズムは、借りる側には良く分かりません。 金利に無頓着すぎると相場よりも高い金利を支払わされる可能性がありますし、金利にこだわりすぎると金融機関から融資取引そのものを敬遠される可能性があります。 今回 […]

続きを読む...

事業所得者必見!会計ソフトを利用した帳簿付けのポイント

事業所得者必見!会計ソフトを利用した帳簿付けのポイント

青色申告の記帳は、原則、年末に貸借対照表と損益計算書を作成することができるような正規の簿記(一般的には複式簿記による記帳)によることが必要です。 また、平成26年からは白色申告の場合もすべて記帳義務が発生します。 税務申 […]

続きを読む...