まずは現状を把握し計画を立てることから

まずは現状を把握し計画を立てることから

具体的にキャッシュリッチ経営をめざすためには、何をすべきなのでしょうか。   売上ではなく、利益に重点をおいた経営をすればよいのでしょうか。   間違ってはいけないのは、利益も売上と同じく、単なる会計上の活用解釈です。 […]

続きを読む...

経営改善の決め手は売上アップではない

経営改善の決め手は売上アップではない

自社が経営の改善をしなければいけないとき、皆さんなら何をしますか。 多くの場合、何とかして売上をあげようとするでしょう。 売上さえあがれば、キャッシュが潤沢になって、すべてがよくなると思いがちなのですが、何度も述べている […]

続きを読む...

会社経営にお金はどれくらい必要か

会社経営にお金はどれくらい必要か

多くの起業を予定している方からいただく質問で「会社経営にお金はどれくらい必要か」というのがあります。 結局のところ、会社を経営していくうえで、手元にはどのくらいのお金をおいておけばいいのでしょうか。 3~6ヵ月、売上がゼ […]

続きを読む...

手元にお金を残す3つのポイント

cash-3point

インターネットのSEO対策を事業としている会社の若い経営者から受けた相談です。 「個人事業からはじめ、いまは株式会社にして売上は5倍近くに伸びています。 儲かっているはずなのに、お金は手元にあまりない気がするのです。 ど […]

続きを読む...

社長はキャッシュリッチ経営を目指しましょう

社長はキャッシュリッチ経営を目指しなさい

「キャッシュリッチ」という言葉をご存じでしょうか。 ほとんどの人にとって、初耳だと思います。普通はキャッシュフローというからです。 キャッシュフローとは資金の収支のことをいいます。 対して、キャッシュリッチというのは、資 […]

続きを読む...

運転資金が増えていく「増運の会社」、運転資金が減っていく「減運の会社」、その違いとは

運転資金が増えていく「増運の会社」、運転資金が減っていく「減運の会社」、その違いとは

突然ですが、会社には2種類あるということをご存じでしょうか。 有限会社と株式会社ではありません。 「運」という観点から見た場合、会社には「増運の会社」と「減運の会社」があるのです。

続きを読む...

借り入れの3つのメリット

借り入れの3つのメリット

借り入れについて補足しておきましょう。   無借金経営は「がんばった結果」そうなるならかまいませんが、それを「目標」にするのは間違っています。   いや、もっと別の言い方をすれば、金利以上に稼げばいいのです。

続きを読む...

銀行からいくらまで借りればよいか

銀行からいくらまで借りればよいか

銀行に頼らず、自己資金だけで起業し、起業後もできるだけ借金はしたくないという人は多いかと思います。 借金しなくても、1~2年は食べていける金額を用意して起業した人でも、事業がうまくいけば手元のキャッシュがなくなってしまう […]

続きを読む...

決算は必ず黒字にしましょう

決算は必ず黒字にしなさい

みなさん方の学生時代の成績はどうだったでしょうか。 成績のいい人は、堂々と自分の通知簿を人に見せたりできました。 でも、この通知簿、就職のときまでは役に立つものの、社会人になってからは、なんの通行手形にもなりません。 銀 […]

続きを読む...

儲からなくてよいと思うなら 経営をしてはいけない

儲からなくてよいと思うなら 経営をしてはいけない

社長が会社を経営し、事業を続けていく上で、大切なこととは何でしょうか。 それは「儲ける」ということです。 会社にどれだけ「お金」を残しておけるかということです。 今回のお話では、ある社長のエピソードを交えつつ、なぜ会社の […]

続きを読む...

起業者支援の専門家に相談してみませんか?