社長はキャッシュリッチ経営を目指しましょう

社長はキャッシュリッチ経営を目指しなさい

「キャッシュリッチ」という言葉をご存じでしょうか。 ほとんどの人にとって、初耳だと思います。普通はキャッシュフローというからです。 キャッシュフローとは資金の収支のことをいいます。 対して、キャッシュリッチというのは、資 […]

続きを読む...

運転資金が増えていく「増運の会社」、運転資金が減っていく「減運の会社」、その違いとは

運転資金が増えていく「増運の会社」、運転資金が減っていく「減運の会社」、その違いとは

突然ですが、会社には2種類あるということをご存じでしょうか。 有限会社と株式会社ではありません。 「運」という観点から見た場合、会社には「増運の会社」と「減運の会社」があるのです。

続きを読む...

借り入れの3つのメリット

借り入れの3つのメリット

借り入れについて補足しておきましょう。   無借金経営は「がんばった結果」そうなるならかまいませんが、それを「目標」にするのは間違っています。   いや、もっと別の言い方をすれば、金利以上に稼げばいいのです。

続きを読む...

銀行からいくらまで借りればよいか

銀行からいくらまで借りればよいか

銀行に頼らず、自己資金だけで起業し、起業後もできるだけ借金はしたくないという人は多いかと思います。   借金しなくても、1~2年は食べていける金額を用意して起業した人でも、事業がうまくいけば手元のキャッシュがなくなってし […]

続きを読む...

決算は必ず黒字にしましょう

決算は必ず黒字にしなさい

みなさん方の学生時代の成績はどうだったでしょうか。 成績のいい人は、堂々と自分の通知簿を人に見せたりできました。 でも、この通知簿、就職のときまでは役に立つものの、社会人になってからは、なんの通行手形にもなりません。 銀 […]

続きを読む...

儲からなくてよいと思うなら 経営をしてはいけない

儲からなくてよいと思うなら 経営をしてはいけない

社長が会社を経営し、事業を続けていく上で、大切なこととは何でしょうか。 それは「儲ける」ということです。 会社にどれだけ「お金」を残しておけるかということです。 今回のお話では、ある社長のエピソードを交えつつ、なぜ会社の […]

続きを読む...

お金に関心がないなら、起業してはいけない

money

この記事では 「これから起業する人」 「すでに起業しており5年以内の人」 「売上規模1億円程度以内の人」 に対して、会社経営を続けていくための「お金と経理の基本」について、ぜひ知っておいてほしい知識を紹介しながら、その活 […]

続きを読む...

事業者の確定申告!今からでも間に合う節税対策!?

事業者の確定申告!今からでも間に合う節税対策!?

今年度の確定申告の方はお済ですか。 申告書の集計が完成して税金がこんなに掛かるの?とびっくりされた方もおられるのではないでしょうか。 そんな方の為に今回は今からでも節税できる対策をご案内致します。

続きを読む...

どこまで活用できる?接待交際費として処理できる実例3選

どこまで活用できる?接待交際費として処理できる実例3選

法人が飲食代を使う際には、大きく分けて次の3つに分かれます。 社員の残業食事代など 福利厚生費 会議を目的とした 飲食代 接待交際を目的とした 飲食代 「福利厚生費」と「飲食代」は全額経費となりますが、これまで「接待交際 […]

続きを読む...

個人事業者の決算・確定申告のコツ!?

個人事業者の決算・確定申告のコツ!?

いよいよ今週から所得税及び復興所得税の受付が開始されました。 個人事業者の方は収支内訳書や青色申告決算書の集計は出来てますでしょうか? 最近では自動で決算申告ができるクラウド会計ソフトのfreeeやCrewなどの会計シス […]

続きを読む...

マイナンバーはいつから申告書に記載するのか?

マイナンバーはいつから申告書に記載するのか?

平成28年からマイナンバーが本格稼働されます。 税務署に提出する申告書等にも、マイナンバーを記載する必要があります。 それでは、具体的には、いつから申告書などにマイナンバーを記載する必要があるのでしょうか。 それをまとめ […]

続きを読む...

個人事業者の確定申告でよくある誤り!?

個人事業者の確定申告でよくある誤り!?

2月に入りいよいよ16日から所得税及び復興特別所得税の確定申告の受付が開始(税金が戻ってくる申告は2月15日以前でもできます)されます。 準備の方は進められていますでしょうか? 今回は個人事業者の方の確定申告で誤りやすい […]

続きを読む...

「通勤交通費の非課税限度額拡大」で企業が考えなければいけないことは?

「通勤交通費の非課税限度額拡大」で企業が考えなければいけないことは?

2016年1月分の通勤手当支給分から、非課税限度額が月額10万円から15万円に引き上げられました。 この改正の背景は、新幹線などの交通網の発達で、比較的遠距離から都心部への通勤者が増えていることなどに対応する狙いがありま […]

続きを読む...

従業員の食事代の取扱い

従業員の食事代の取扱い

会社によっては、従業員に賄いを提供したり、夜食代を金銭で支給したりするような場合があるかと思います。 このような従業員に対する食事や食事代の提供については、注意しなければ、給与扱いされる場合がありますので、そのポイントを […]

続きを読む...

補助金採択後の煩雑な報告事務を攻略するには

補助金採択後の煩雑な報告事務を攻略するには

先日、長期に渡って手続きをしてきたとある補助金の入金処理が無事完了しました。 補助金は原則後払いですので、補助対象事業を実施した後に報告事務を行って初めて補助金が入金されるのですが、今回の補助金でかかった総手続期間、なん […]

続きを読む...