貸借対照表のポイントは3つだけ

LINEで送る
Pocket

貸借対照表のポイントは3つだけ

貸借対照表の見方を皆さんはご存知ですか?

今回は、創業者にとって必要な、貸借対照表の見方を簡単にご説明します。

重要なポイントはたった3つです。


貸借対照表とは

賃借対照表とは決算書の1つで、企業に存在する財務(資産、負債)を示す報告書です。
項目で左右に分かれており、左には「資産」右に「負債」そして会社の純利益である純資産が示されています。
また、賃借対照表を記入するにあたってルールがあります。
資産を借方、負債と純資産を貸方に記入する決まりです。
そして借方と貸方の合計は必ず同額になります。
左右のバランスが取れているので、 貸借対照表はバランスシートとも呼ばれます。
ちなみに資産から負債を差し引いたものが純資産となります。

見方としては、負債や純資産を見ると企業の財源確保の内容を知ることができます。
資産を見ると確保した財源の用途が分かります。
そしてなにより注目して見ていただきたいことは、
資産と負債のバランスが釣り合っているかどうかです。

1.現金預金

この金額が多ければOK、少なければ改善の余地あり、ということになります。
できるだけ増やすように努力してください。
左側の資産の部では「現金預金」と「無形固定資産」(特許、商標)以外は
できるだけゼロに近づけるようにするのがコツです。

2.当期利益の金額

これは先ほどの「現金預金」を生み出すところです。
ここが多くなければ、現金預金は増えませんので、がんばって増やしましょう。
ただ、数年経営を続ければ誰でも陥るジレンマがあります。
それは「税金を払いたくない症候群」です。
そのため、決算前に無駄なものまで購入してしまう経営者が多いのですが、
現金預金を増やしたければ、税金を払ってでも、しっかり利益を出すべきなのです。
それ以外に方法はありません。

3.前受金

先述したように、前受金が増えてくると、
運転資金を借りる必要がなくなり、資金繰りが楽になります。
創業経営者は、今後数年かけて、現金預金、当期利益、前受金
3つを改善し続ければ経営はよくなるのです。
では、この3つの数字を増やすためには、どうするのか。
これも何度も申し上げたように、売掛金を減らす、在庫を減らす、無駄な設備を減らす、
人件費を減らす、取引先への支払条件を緩和してもらう、となります。
ひとつひとつ確実に実行していくことで、自社の経営状態をよくしていきましょう。

この3つのポイントに注意して読むと、
自社との違いが明確になり、もし自社よりもよい数値が見られれば、
目標とすることもできますし、悪い数字のものは悪いと認識できるようになります。

LINEで送る
Pocket