損益分岐点|経営者なら絶対に理解しておくべき損益分岐点の仕組み

LINEで送る
Pocket

あなたが経営者や個人事業主の場合、「どの位売上げを上げれば黒字になるのか」を常に意識して経営しているでしょうか?これを常に意識しているといないとでは、業績に多大な影響が有ります。これを知る為の指標が「損益分岐点」です。

今回は、その損益分岐点についてご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

損益分岐点とは? 

損益分岐点とは何でしょう?損益分岐点とは、利益がプラスでもマイナスでもなくゼロになる時の「売上高」や「販売数量」を言います。つまり、売上高=経費(利益=0)の時です。売上げがこれよりも増えた場合に、黒字になり、これよりも減れば赤字になる売上高です。 

損益分岐点とは、「損益がゼロになる売上高である」と覚えましょう。

実際の損益分岐点はどのように求めるか?

1、まず最初に経費を固定費と変動費に分ける

固定費とは

固定費:売上があっても無くても、かかる費用(売上げの増加,減少に伴わず、一定に掛かる費用)

固定費

例えば、「事務所,店舗家賃」「リース代」「広告宣伝費」「交際費」「従業員給与」等です。

変動費とは

変動費:売上がゼロならゼロとなる費用(売上げの増加とともに、増加する費用)

変動費

例えば、「商品仕入れ代」「材料費」「外注費」「販売手数料」等です。

2、固定費と変動費を合計し「総費用」を求める

固定費+変動費

3、売上高と費用の交わる点「 損益分岐点」を求める

「損益分岐点」を計算すると、下記の式になります。           

損益分岐点売上高=固定費/1−変動費/売上高

書き方を変えると、下記になります。

損益分岐点売上高 = 固定費 ÷{(売上高 − 変動費)÷ 売上高 }

式だけではわかりにくい為、図に示すと下図になります。

損益分岐点

「損益分岐点」に関連する一般的な経営指標は?

損益分岐点に関係する指標は、大まかに2つ有ります。

損益分岐点比率

損益分岐点比率とは、実際の売上高を100%した場合、損益分岐点売上高が何%なのかを表す指標です。数値は低ければ低い程良いです。100%よりも大きい場合は、損益が赤字を表します。次の式で表されます。

損益分岐点比率 = 損益分岐点売上高 ÷ 実際の売上高 × 100

 下図では、 損益分岐点比率 = A/B x100になります。

損益分岐点比率

 安全余裕率

これは損益分岐点比率と似ていますが、実際の売上高と損益分岐点の差が、実際の売上高を100%とした場合に、何%になるかを表す指標です。高ければ高い程良いです。

安全余裕率=(実際の売上高-損益分岐点)÷ 実際の売上高 × 100

下図では、 損益分岐点比率 = A/B x100になります。

安全余裕度

「損益分岐点」を事業に生かす方法

今まで、損益分岐点について説明してきましたが、それを実際に事業に活用する方法について、ご紹介して行きましょう。

利益を含めた売上目標を明確にすることができる

  • 損益分岐点がわかることによって、利益をこの位上げる為には、売上げ目標をどのくらいにしなければならないかを、明確に決定することが可能になります。
  • また、黒字にする為に、あと幾ら売り上げを上げなければならないかを常に意識して、営業活動を行うことが可能です。 

不況抵抗力を知ることが出来る

  • 「損益分岐点比率」「安全余裕率」の指標から、売上げがどの位減っても、利益を確保可能か不況抵抗力を知ることが可能です。 

まとめ

いかがでしたでしょうか。損益分岐点の基本的なことについて、だいたいわかって頂けたでしょうか? 今回ご紹介した内容をぜひ、実務に応用してみてください。

LINEで送る
Pocket