自社株式の相続税・贈与税は、納税を猶予することが可能!?

自社株式の相続税・贈与税は、納税を猶予することが可能!?オーナー経営者が急に亡くなり、早急に自社株式の相続対策を行わなければならなくなった――。
そんなときの対策として注目すべきなのが、議決権のある株式の3分の2を上限として、納税の猶予ができる“非上場株式の相続税・贈与税納税猶予制度”です。
今回は、この“非上場株式の相続税・贈与税納税猶予制度”について、ご紹介します。

起業者支援の専門家に相談してみませんか?