観光を兼ねた海外出張費は、どこまで経費として認められる?

観光を兼ねた海外出張費は、どこまで経費として認められる?

相談内容
最近は、視察と観光を兼ねた“海外視察ツアー”を行う会社が増えてきているようです。
本来、視察と観光とでは支出する費用の目的が異なります。

では、観光を兼ねた海外渡航費は、どのように処理をすべきなのでしょうか?
[Read more…]

中小企業主は必見! 交際費と減価償却資産の損金算入が2年間延長に

中小企業主は必見! 交際費と減価償却資産の損金算入が2年間延長に平成30年度の税制改正では、“交際費等の損金不算入制度”と“少額減価償却資産の特例”の期限を2年間延長することが盛り込まれ、ともに平成32年3月31日まで延長されました。

これらの特例は、資本金が1億円以下の法人(ただし大規模法人の子会社と常時使用の従業員数が1,000人超の法人は除く)や個人事業主を対象としています。

では、具体的にどのように活用できるのでしょうか?
今回は中小企業が活用しやすい、この2つの特例についてご説明します。

[Read more…]

取引先が被災……贈った“災害見舞金”は交際費扱いになる?

取引先が被災……贈った“災害見舞金”は交際費扱いになる?日本では近年、地震や台風などの自然災害が度々発生しています。
万が一、取引先が被害を受けた場合、会社として見舞金を支払うことがあるかもしれません。

今回は、“会社へ支払う場合”と“役員や従業員へ支払う場合”を例に災害見舞金についてご紹介します。

[Read more…]

これって経費?判断に迷う5つの経費事例

これって経費?判断に迷う5つの経費事例

仕事をしていると、経費を使う場合がよくあります。
「これは、経費にしてもいいのかな?」と疑問に思うこともあるのではないでしょうか。

ここでは、よくあるお悩みをQ&A形式でまとめましたので、参考にしてください。

 

[Read more…]

「公私混同」なんて言わせない!正しい経費の落とし方

「公私混同」なんて言わせない!正しい経費の落とし方高額な海外出張費や公用車での別荘通いなど、政治資金をめぐる「公私混同疑惑問題」が取りざたされています。
これは「公人の話だから」と、他人事として捉えていませんか?
経費を公私混同してしまうと、中小企業でもさまざまな問題が起きてしまうのです。
今回を機に、正しい経費の取り扱い方法を学びましょう。

[Read more…]

どこまで活用できる?接待交際費として処理できる実例3選

どこまで活用できる?接待交際費として処理できる実例3選

法人が飲食代を使う際には、大きく分けて次の3つに分かれます。

  1. 社員の残業食事代など
    福利厚生費
  2. 会議を目的とした
    飲食代
  3. 接待交際を目的とした
    飲食代

「福利厚生費」と「飲食代」は全額経費となりますが、これまで「接待交際費」は一部または全部を経費にすることはできませんでした。

取引先などと飲食をしながらコミュニケーションを取り、自社製品やサービスなどのアピールをするという手法は、古くから行われています。
しかし
「お酒が入ったら会議費ではないのか?」
「会議を目的とした飲食代なのだけれど、会議室代金を入れて高額になってしまっても、会議費で大丈夫か?」
など悩みは尽きません。

[Read more…]

飲食費って、交際費?それとも会議費?福利厚生費?迷うんですけど!

飲食費って、交際費?それとも会議費?福利厚生費?迷うんですけど!
飲食店において、楽しそうに飲食に興じる人達を横目に、
接待に精を出している方も、少なからずいらっしゃることでしょう。

そんな頑張って、営業している経営者の方にとっては
「飲食費 = 全て交際費?」となってしうまのか
改めて気になるところでしょう。

今回は意外と細かい規定のある、飲食費のイロハについてお話しします!

[Read more…]