起業を考えている人必見!!個人事業主として起業するにはどんな手続きが必要?

one-man-business個人事業主として開業する際、どのような法的な手続きが必要なのか?まず何から始めればいいのかわからない方もいらっしゃることでしょう。

今回はそんな疑問を解消し、申請書類の基本知識をご紹介します。 [Read more…]

創業融資は個人事業主でもできます!創業後すぐに融資を受ける方法とは?

融資資金調達2_R個人事業主として創業したいけど、銀行などの融資は会社設立してないと申し込みできないんだよね?と思われている方は実はとても多いのです。

答えとしては「ノー」。創業融資の多くは個人事業主でも申し込むことが可能です。今回の記事では、個人事業主の方が創業後すぐに融資を受ける方法をご紹介します。

[Read more…]

個人事業主の方、必見!日本政策金融公庫から融資を受ける際の必要書類まとめ

document個人事業主としてこれから起業する方もすでに事業をスタートしている方でも、事業を円滑に進めるには資金調達が非常に重要になってきます。
資金調達方法のひとつとして、日本政策金融公庫から融資を受ける方法が挙げられますが、「これから開業する、もしくは開業して間もない場合」と「開業して1年以上経過している場合」とでは、提出する書類が少し異なります。

そこで今回は、個人事業主の方が日本政策金融公庫から融資を受ける際に必要となる書類を状況にあわせてまとめましたので、参考にしてください。
[Read more…]

「会社の節税法」で差をつけよう その6

「会社の節税法」で差をつけよう その6固定資産」と「棚卸資産」は、会社にとって非常に重要な資産です。
固定資産は長期的に使用されることによって間接的に売上に貢献する資産で、減価償却費として費用計上されるものです。
棚卸資産は販売により直接売上に貢献する資産で、売上原価として費用になります。

[Read more…]

「会社の節税法」で差をつけよう その4

「会社の節税法」で差をつけよう その4会社の節税法は、主に次の4つに分類できます。

①お金が出ていく節税の方法
②お金が出ていかない節税の方法
③税金の額が減少する節税の方法
④税金の支払いを繰り延べる節税の方法

実際には、これらの組み合わせで節税策を考えることになります。

「会社の節税法」で差をつけよう その3

「会社の節税法」で差をつけよう その3会社における節税法を考えるにあたり、会社にかかる税金にはどんな税金の種類があるかを把握することが大切です。

ここでは、通勤費についてや、子会社・グループ会社の清算方法ついて、どのような節税法があるか考えてみましょう。
[Read more…]

「会社の節税法」で 差をつけよう その2

「資産家の節税法」で差をつけよう その2人件費を使った節税の代表は、役員報酬や役員退職金を活用したものです。
役員(従業員)として働いている家族に給与を支給することで、所得の分散が可能になるからです。

雇用契約に基づく従業員への給与と賞与について、どのような節税法があるか考えてみましょう。

 

「税理士」に関するQ&Aその2

「税理士」に関するQ&Aその2税理士にまつわる一般のお客さまからのよくある質問をQ&A形式でまとめました。
知っているようで知らないことや、今更聞けない!?といった疑問にお答えします。是非参考にしてください。

 

 

[Read more…]

企業にもメリット満載! 大きな改正を遂げた所得拡大促進税制とは?

企業にもメリット満載! 大きな改正を遂げた所得拡大促進税制とは?安倍内閣が掲げた経済政策として発足した所得拡大促進税制。これは、事業で得た利益を賃上げにより従業員に還元した法人又は個人事業主に対し、税金を一定額控除する制度のことです。
今回、平成30年度税制改正により、所得拡大促進税制適用要件の見直しが行われました。
ここでは、所得拡大促進税制の内容をおさらいすると共に、改正されたポイントにも触れていきます。

中小企業主は必見! 交際費と減価償却資産の損金算入が2年間延長に

中小企業主は必見! 交際費と減価償却資産の損金算入が2年間延長に平成30年度の税制改正では、“交際費等の損金不算入制度”と“少額減価償却資産の特例”の期限を2年間延長することが盛り込まれ、ともに平成32年3月31日まで延長されました。

これらの特例は、資本金が1億円以下の法人(ただし大規模法人の子会社と常時使用の従業員数が1,000人超の法人は除く)や個人事業主を対象としています。

では、具体的にどのように活用できるのでしょうか?
今回は中小企業が活用しやすい、この2つの特例についてご説明します。

起業者支援の専門家に相談してみませんか?