「助成金」の成り立ちや使い道を理解しよう

ecbc6bbad05728bb3ba87f338c90fec9_s助成金、補助金の特徴やメリットをお伝えしてきましたが、今回は助成金にフォーカスしてお話します。

「助成金」「補助金」の金額以上の2つのメリットとは?

助成金の成り立ちからその目的、申請方法までをご紹介していきます。

助成金を申請する前に確認すべきチェック項目もご用意しましたので、申請を検討される方はぜひ参考にしてください。 [Read more…]

事業計画書作成の具体的な13のポイント

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

前回の記事で、事業計画書を作成する際に意識する点や採点方式についてご紹介しました。

創業融資を制するための事業計画書の書き方ポイント大公開!

しかし、募集要項から割り出した審査項目が合っているか不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は、事業計画書の構成と、より具体的な書き方のポイントをご紹介します。 [Read more…]

創業融資を制するための事業計画書の書き方ポイント大公開!

3f448da7a14472a06fab1d8a6d6a4cfa_m

日本政策金融公庫で創業融資を受けるために最も重要となるのは「事業計画書」です。

日本政策金融公庫の創業融資制度についてはこちら

創業前でまだ実績がない、または創業したばかりで実績を表す決算書がない企業に対して「融資を行うか否か」の判断基準となるのが、事業計画書だからです。

今回は、事業計画書の作成に際して意識すべきことをお伝えします。 [Read more…]

創業融資は「日本政策金融公庫」を活用しよう

e4440618ade5bac86162ae82d8e9f22b_s起業時の資金調達方法として最もお勧めしたいのが「日本政策金融公庫」の融資です。

日本政策金融公庫は、株式の100%を国が常時保有することを「日本政策金融公庫法」によって定められている、特殊な株式会社です。

一般の金融機関が行う金融業務を補完し、国民・中小企業者・農林水産業者の資金調達のサポートや、大規模災害等の危険発生時に指定金融機関に対して一定の信用供与を行う(自己の資金や商品などを一時的に利用させること)など、国民生活の向上を目的に事業を展開しています。

特に起業前または起業間もない企業に対する「創業融資」は、金融業などの一部の業種を除いたほぼすべての業種に対応しており、毎年約2万社が利用しています。

国の政策にのっとった固定金利(約1.5〜4.0%)で借りられること、最長20年という長期間の融資を受けられることが特徴です。

また信用保証協会などを介さないため、信用保証料もかかりません。 [Read more…]

ニッチの美学

ニッチの美学

ニッチに特化すること

事業の立ち上げを成功させるための条件を一つだけ挙げるなら間違えなくこれです。

であるにもかかわらず、創業者や事業家の選択がそうではない事が少なくないように感じます。

 

[Read more…]

経営におけるカラーバス効果とは!

経営におけるカラーバス効果とは!情報やヒントは相手を選んで降りてきます。

幸運も不運も同じです。相手を選びます。
求める量と質に応じて降りてくる、と解説した方がわかり易いかも知れません。

・優良な情報を得る人は、そのような生き方をしています。
・優良な情報に恵まれない人は、そもそも情報を求めていないのです。
・幸運をたくさん手にする人は、そのような考え方をしています。
・幸運を手にできない人は、幸運を避ける生き方をしています。原因と結果、ここでも因果の法則が働きます。

「年がら年中、そのことばかりを考えていただけです。」(アイザック・ニュートン)

[Read more…]

ライフサイクルと借入

ライフサイクルと借入ご存知の方も多いと思いますが、会社や事業にはライフサイクルがあります。
ライフサイクルとは、会社や事業が、導入期→成長期→成熟期→衰退期という成長カーブを描くという考えです。
ライフサイクルと借入の関係について見てみましょう。

各ステージにおける適正な財務戦略があります。

[Read more…]

【税理士監修】これから起業するならドッチがお得? 日本一分かりやすい「個人事業」VS「法人設立」10番勝負!

法人企業と個人企業のどちらが有利?今日は、「法人企業と個人企業のどちらが有利か」についてご紹介します。
下記の表は良く聞かれる質問ベスト10に入る項目です。

一概にどちらが有利とは言えないのですが、メリットとデメリットを比較してみました。白色申告欄で空白の部分は青色申告と同じ内容となります。
これから起業を考えておられる方や、現在、個人事業の方で、今後法人成りを検討されている方は参考にしていただければ幸いです。

[Read more…]

経営者業務と執行業務をバランスよく使い分けてください。

経営者業務と執行業務をバランスよく使い分けてください。中小企業経営者は、100%経営者業務のみを行っているわけではありません。

執行部分、大企業流に言うなら執行役員部分や部長、場合によっては担当者の仕事も担っています。
経営者業務と執行業務を分けて考えておかないと、どうしても執行業務に追われてしまいます。
結果として、経営者不在の経営が続くことになります。

会社のステージによって、経営者業務と執行業務の業務比率は変わります。

[Read more…]