こんな勘違いをなくそう! 情熱を持っていても、 数字で審査されてしまう理由

情熱を持っていても、 数字で審査されてしまう理由20年以上前のバブル絶頂の頃、会社は土地を担保に、銀行から融資を受けることができました。

当時、「土地の価格は下がらず上がる一方。土地を持っていれば自動的に利益を手にできる」という『土地神話』が信じられていました。
そのため、業務内容や経営状態に関係なく、担保となる土地の価格と同じ額の融資を受けられました。
しかし1990年代以降、日本バブルは崩壊し『土地神話』も消え去りました。

[Read more…]

創業融資の受け方を理解しておく(3)面談

創業融資の受け方を理解しておく(3)面談事業計画書、その他の書類を提出したあと、1週間ほどで、いよいよ担当者との面談となります。
融資の審査担当者は、あなたに直接会って事業計画書の内容を確認するとともに、人間性も見極めようとします。
審査は、計画書などの書類が3割、面談が7割ぐらいの配分となります。
ここでは面談時のポイントについてご紹介します。
[Read more…]