休職者の被保険者資格を喪失させることは可能ですか?

休職者の被保険者資格を喪失させることは可能ですか?当社は設立間もないベンチャー企業で、従業員は片手で数えられるぐらいしかいません。
そのうちの1人が入院し、まもなく私傷病休職の発令をします。
療養には長い時間がかかるようなので、発令と同時に社会保険の資格を喪失させようかと検討中です。

休職と被保険者資格の関係について、どのように考えたらよいでしょうか?

(結論)
使用関係である場合、被保険者資格は喪失しません。
就労規則に記載しておけば、休職中の従業員に社会保険料を支払ってもらうことが可能です。

[Read more…]

平成30年度以降、キャリアアップ助成金が変わります!

平成30年度以降、キャリアアップ助成金が変わります!平成30年4月以降より『キャリアアップ助成金』の内容が大きく変わる予定であることが、厚生労働省より発表されました。

今回は、8コースの中から特に取り組みやすい『正社員化コース』について、“支給申請上限人数の拡充”や“支給要件の追加”などの変更点も含めてご紹介します。

[Read more…]

売れ残った自社商品を社員に販売すると給与になる?

売れ残った自社商品を社員に販売すると給与になる?「年末や期末に売れ残った自社商品の処理をどのようにするのか?」

この問題に頭を悩ます経営者は多いのではないでしょうか?
中には、売れ残った商品を割引して、社員へ販売する企業もあります。
これは福利厚生の側面からも有効な方法ですが、税務上で思わぬ注意点がありますので、ぜひおさえておきましょう。

[Read more…]

下請会社の従業員が業務中に人身事故を起こした場合、元請会社は責任を負わなければならない?

下請会社の従業員が業務中に人身事故を起こした場合、元請会社は責任を負わなければならない?下請会社の従業員が、業務中に交通事故を起こしました。元請会社である自社に対して、被害者から「損害賠償を請求する」と言われたのですが、自社の従業員でなかったとしても損害賠償責任を負わなければいけませんか?

(結論) 
下請会社の従業員が起こした交通事故は、原則として元請会社が損害賠償責任を負うことはありません。

ただし、元請会社が指揮監督を直接していた場合は、損害賠償責任を負うこともあります。

[Read more…]

小規模個人事業主の方は必見! 特例で65万円までは経費OK?

小規模個人事業主の方は必見! 特例で65万円までは経費OK?事業による収入を得ている個人は原則として確定申告をする必要があります。
収入はあるものの経費にできるようなものがあまりない場合、収入金額がそのまま所得税の対象になってしまうのでしょうか?
そんな時、もしかしたら「家内労働者等の必要経費の特例」が使えるかもしれません。

[Read more…]

退職予定者から賞与の前払いを請求されたらどうすればいい?

退職予定者から賞与の前払いを請求されたらどうすればいい?賞与の支給日前に退職する従業員から、賞与の前払いを請求されました。
どのような対応をすればいいのでしょうか?

(結論)
厚生労働省のモデル就労規則によると、「賞与の支給対象者を『一定の期日(6月1日や12月1日、または賞与支給日)に在籍した者』とする規定を設けることで、期間の途中で退職等をし、その日に在職しない者には支給しないことも可能」となっています。

つまり、支給日に在籍しない場合は賞与付与の対象外にできると考えられます。

[Read more…]

求人内容に虚偽は厳禁! 労働契約書より求人票が重視される!?

求人内容に虚偽は厳禁! 労働契約書より求人票が重視される!? 人手不足に悩むと、応募数を確保するために求人内容を曖昧にしたり、実際より労働条件を“良く”見せようとするかもしれません。

しかし、求人内容と実際の労働条件が異なると、会社と従業員との間でトラブルになり、会社にとっても、大きな損害を招く恐れがあります。
今回は、実際に起こった事例をもとに、ご説明していきます。

[Read more…]

従業員が直行直帰の際に事故を起こした場合、使用者責任は問われる?

従業員が直行直帰の際に事故を起こした場合、使用者責任は問われる?従業員が「事業の執行について第三者に加えた損害」には、使用者は責任を負うことになっています(民法715条:使用者責任)。

では、電車やバスといった交通機関を推奨していたにもかかわらず、従業員が作業着を着てマイカーで現場に直行で向い、その途中で人身事故を起こしてしまった場合は使用者責任を問われるのでしょうか?

[Read more…]

会社が従業員の資格取得費用などを支出した場合は給与として課税される?

会社が従業員の資格取得費用などを支出した場合は給与として課税される?会社が売り上げを伸ばし、優秀な人材を確保するためには、社内の教育制度の拡充は欠かせません。

では、それに伴う支出は、どのように処理すれば会社・従業員ともにメリットがあるでしょうか?

今回は、教育制度の中でも、従業員の学費を会社が負担する場合の税務処理についてご説明いたします。

[Read more…]

“人事評価制度”が、モチベーションUPや売上増加に繋がる!?

“人事評価制度”が、モチベーションUPや売上増加に繋がる!?“中小企業に人事評価制度は必要ない”と考えている経営者は少なくありません。
実際、社員の人数が少なく、経営者が社員全員のことを把握できる環境であることが大きな理由といえるでしょう。
しかし、人事評価制度を導入することで、さらに売上増加や社員の定着率UPを狙うこともできるのです。

今回は、人事評価制度の基本的な策定方法についてご説明します。

[Read more…]

[現場に身近な労働法 Q&A]過労死の認定基準における労働時間の考え方は?

[現場に身近な労働法 Q&A]過労死の認定基準における労働時間の考え方は?深夜労働を含む長時間労働が続いた従業員が、くも膜下出血で死亡してしまいましたので、会社としてできるだけのことをしなければと考えています。
労災保険の給付を申請することになりますが、いわゆる「過労死」の認定基準における労働時間の考え方はどうなっているのでしょうか?

(結論)
残業80時間から危険水域
「精神的緊張」も考慮要素に

[Read more…]

過重労働で倒れるのは人か? 会社か?

過重労働で倒れるのは人か? 会社か?最近、過重労働により従業員が自殺に至る、痛ましいニュースを見ることが増えたように感じます。
このような事件を受け、厚生労働省は2017年11月1日~30日までの1ヵ月間、『過重労働解消キャンペーン』を実施していました。

職場環境が原因で従業員が亡くなったり、心身の健康が損なわれることは絶対に避けなくてはなりません。

では、過重労働はどのように防ぐことができるのでしょうか?
今回は、会社への義務や与える影響についてご紹介します。

[Read more…]

従業員の未払い賞与を損金計上するにはどうすればいい?

従業員の未払い賞与を損金計上するにはどうすればいい?決算の前後に支払われる従業員への決算賞与は、従業員の士気を高める効果があると考えられます。

また、通常の賞与と同じく損金に計上できるため、節税対策を目的として支払う企業も多くあるでしょう。

決算直前だと従業員への支払いが間に合わないこともありますが、未払いであっても一定の要件を満たすことで今期の損金に計上することが可能です。

[Read more…]

平成31年4月には非正規社員の賃金を上げないといけない?

平成31年4月には非正規社員の賃金を上げないといけない?2017年現在、政府が肝いりで推し進めている政策のひとつ「働き方改革実行計画」。

労働者が働きやすくなるよう、労働基準法改正案等の議論が関係閣僚と有識者で行われています。

関連法案の施行は、早ければ平成31年4月ころになる予定です。

[Read more…]

借上げ社宅を活用しましょう

労働契約や残業代… 法規制に適切に対応していこう会社が従業員の自宅家賃を負担する方法として、借上げ社宅を検討される方もいらっしゃるでしょう。
借上げ社宅とは、会社がアパートやマンションを借りて、それを社宅として従業員に又貸し提供する方法です。

家賃負担制度として住宅手当を支給している会社も多いと思いますが、一般的に借上げ社宅の方がメリットが大きいと考えられています。
では、借上げ社宅のメリットとその注意点について見ていきましょう。

[Read more…]