収入の決算整理で覚えておきたいこと3つ

収入の決算整理で覚えておきたいこと3つ

日々の経理作業の総まとめとも言われる決算。何をやっていいのかわからないと考えている社長も多いはずです。

今回は収入の決算整理について、3つのポイントに絞りながら、ご紹介していきたいと思います。

 

[Read more…]

法人の決算を自分でやりたい人のための、やり方紹介記事まとめ

法人の決算を自分でやりたい人のための、やり方記事まとめ

個人の確定申告は毎年申告、納付期限が決まっていますが、会社の場合、法人税や消費税の申告、納付期限は各会社の決算(課税事業年度終了の日の翌日)から2ヵ月以内です。

日本は3月が決算月の企業が多いため、5月末日が決算申告の期限日となるケースが多いです。

ここではご自身で法人の決算を行いたい方を対象にした、決算のやり方、進め方について参考になる記事をまとめてご紹介します。

[Read more…]

棚卸作業を進める上で注意したい3つのポイント

棚卸作業を進める上で注意したい3つのポイント

決算手続きで最大の難所と言っても過言ではないのが、棚卸作業です。
決算では、1年間の事業の成果を集計しなければいけません。
そのときに判断に迷うのが売上原価の算出です。

[Read more…]

決算を始める前に把握しておきたい5つのこと

決算を始める前に把握しておきたい5つのこと
決算というと、面倒くさいとか難しいというイメージを抱く社長の方もいらっしゃると思います。
しかし、会社経営において非常に重要な作業になります。
決算とは、ひと言でいえば、一会計期間における、企業の財産を整理し、内訳を明らかにすることです。
つまり、経営成績を明らかにし開示することです。業績を評価し、経営の見直しをすることが、決算の目的といっても過言ではありません。
実は決算の意味はもう一つあるのです。

[Read more…]

申告で困ったら確認しておきたい、決算で必要な5つのポイント

決算でやることは5つある

まずは試算表(合計残高試算表)をつくる

複式簿記による記帳によって、取引の仕訳を総勘定元帳へ転記し終わったら、各勘定科目の借方と貸方を合計していきます。
こうして出来上がったものが、合計試算表です。
そして、借方の合計から、貸方の合計を差し引いて、各勘定科目の残高を算出します。
これが合計残高試算表(試算表)になります。
[Read more…]

会社の決算申告手続きに必要な16の勘定科目内訳明細書

会社の決算申告手続きに必要な16の勘定科目内訳明細書

決算の月から2ヵ月後が、会社の決算申告手続き期限です。
今回は勘定科目内訳書を中心に、会社の決算手続きの内容を確認してみましょう。

[Read more…]

決算期を変更する際に注意するべき4つのポイント

決算期を変更する際に注意するべき4つのポイント
会社設立に必ず決めないといけない会計期間。これは決算期とも呼ばれます。
この決算期は、一度会社設立時に決めたら変更できないのでしょうか。
実は、設立後も決算期を変更することが可能です。今回は決算期の変更手続きについてご紹介します。

[Read more…]

【3月決算企業の方へ】法人税・消費税の確定申告期限間近!慌てないための決算申告手続きガイド

決算申告5月は、決算期が3月の法人税・消費税の確定申告期限となります。
最近は、他の月に決算期を設定されるところも多くなってきましたが、平成24年の国税庁の統計調査では、年1回決算のうち3月決算企業が締める割合は、19.6%とまだ高い割合です。
(3月決算企業数 507,025社/全体 2,582,350社)

会社の決算で、どの様な手続きをすすめていくのか?
書類を作成していくのか?
簡単に確認してみましょう。

[Read more…]

経理を丸投げすると業績が上がる10の理由

経理を丸投げすると業績が上がる5つの理由ビジネスを実践するにおいて、避けて通れないのが会計です。日々のお金の出入りを管理しないと、事業は立ちいかなくなります。
しかし、一方で経理業務はなかなか大変な作業でもあります。起業した多くの方が、経理業務をわずらわしく感じているのではないでしょうか?
特に起業したてならば本来のビジネスに時間を割いて情熱を注ぎ込みたいところ。経理に時間をとられるのは苦痛以外の何物でもありません。机上で山積みになっている領収書や伝票を見るだけで、ため息をついてしまうでしょう。
そんな状態では、せっかく奮起して始めたビジネスに対する情熱が冷めてしまいます。面倒な記帳業務は丸投げしてしまうことをおすすめします。
今回は経理を丸投げする5つのメリットと、丸投げしない5つのデメリットを合わせてご紹介いたします。

[Read more…]