法人成りした場合のデメリット面を考える

法人成りした場合のデメリット面を考える

過去の記事では、個人事業主が、法人成りした場合のメリットについて、書いてきました。

法人成りすると経費の範囲が広がる
法人成りして自分と家族従業員への退職金を経費とする
家族従業員への給与支払による節税効果
法人成りしたときの給与所得控除の節税効果

今回は、法人成りのデメリットについて、考えたいと思います。

[Read more…]

法人成りすると経費の範囲が広がる

法人成りすると経費の範囲が広がる

一般的に、法人成りすると個人事業主のときよりも、経費の範囲が広がると言われています。

今回はその具体例を解説していきたいと思います。

 

 

[Read more…]

法人成りして自分と家族従業員への退職金を経費とする

法人成りして自分と家族従業員への退職金を経費とする

前回の記事では、「法人成りした場合の、家族従業員への給与支払による節税効果」を説明しました。

今回は、法人成りした場合の、「退職金」支払による節税効果について、解説いたします。

 

 

法人成りしたときの給与所得控除の節税効果

法人成りしたときの給与所得控除の節税効果

前回の記事では、法人成りする場合の会社の種類について解説をしました。

 

今回の記事では、個人事業主が法人成りした場合、給与所得控除が税負担を押し下げる効果を解説したいと思います。

 

法人成りする場合の会社の種類

法人成りする場合の会社の種類

個人事業主として商売をやっている方々は、事業が拡大してきたとき、事業形態を法人に変える、いわゆる「法人成り」を検討することが多いかと思います。

今回は、「法人成り」する場合の、法人形態について、解説したいと思います。

 

【税理士監修】これから起業するならドッチがお得? 日本一分かりやすい「個人事業」VS「法人設立」10番勝負!

法人企業と個人企業のどちらが有利?今日は、「法人企業と個人企業のどちらが有利か」についてご紹介します。
下記の表は良く聞かれる質問ベスト10に入る項目です。

一概にどちらが有利とは言えないのですが、メリットとデメリットを比較してみました。白色申告欄で空白の部分は青色申告と同じ内容となります。
これから起業を考えておられる方や、現在、個人事業の方で、今後法人成りを検討されている方は参考にしていただければ幸いです。

起業者支援の専門家に相談してみませんか?