税理士がいるだけで、ビジネスは変わるその3

税理士がいるだけで、ビジネスは変わるその3起業を考えていて、個人か法人かで迷っている場合には、税法上、どちらの納税額が安いかで決めるのも1つの方法です。
一般的には、年収が700万円、または年商が1000万円を超えたあたりが判断基準と言われます。
[Read more…]

「うちはまだ必要ない」は本当か その3

「うちはまだ必要ない」は本当か その3税理士と月次契約をすると、顧問料がかかります。
ほかにも、記帳の代行費、個人の確定申告費、決算申告費が必要になります。

この費用は会社経営をよくするうえでの必要経費とわりきるべきでしょう。

 

[Read more…]

「うちはまだ必要ない」は本当か その2

「うちははまだ必要ない」は本当か その2以前は地域でいちばん大きな介護系サービス会社に勤めていて、売上は数億円。直属の部下に指示しながら部の業績を伸ばした。お客様にも慕われ、応援してくれる人 もたくさんでてきたので独立した──。

起業した人は、多かれ少なかれ、そのようなサクセスストーリーをもっていることでしょう。

ですが、起業直後に経営者が最も悩むこと。それは人材不足です。
とくに、参謀役とよばれる人達がいないといって、皆悩むのです。

[Read more…]

起業して「経営者」として成功するのに大切な「3つの鍵」とは 

経営をしたければ経営を学ぼう

起業をする多くの人は、サラリーマン時代に、優秀な営業マンであったり、すばらしい技術やサービスを持つエンジニアであったと思います。

大変すばらしいことですが、それらは起業した会社を続けるにあたっての「必要条件」にはなり得ますが「十分条件」ではありません。

起業をするということは「経営者になる」ということです。
経営者は、経営を知っておかなくてはいけません。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?