適用不可の事業が混在……1週間単位では変形労働時間制を導入できない?

適用不可の事業が混在【相談内容】
業務の繁閑に対応するため、“1週間単位の非定型的変形労働時間制”の導入を検討しています。

しかし当社は、1つの部署で小売業と製造業の両方を担っています。
業種が限定される1週間単位では、変形労働時間制を導入できないのでしょうか?
また、仮に1週間単位で導入できない場合、1カ月単位であれば導入できますか?

[Read more…]

社内でパワハラ発生! 加害者にも休業手当の支給が必要!?

社内でパワハラ発生! 加害者にも休業手当の支給が必要!?【相談内容】
社内で深刻なパワーハラスメント(以下、パワハラ)のトラブルがあり、事態を収拾させるために加害者側の社員に数日間の自宅待機を命じました。
一方、被害者側の社員は精神的な苦痛から、うつ病を発症して会社を休んでいます。
この場合、加害者側・被害者側双方の社員に対し、休業手当を支払う必要がありますか?

[Read more…]

売れ残った自社商品を社員に販売すると給与になる?

売れ残った自社商品を社員に販売すると給与になる?「年末や期末に売れ残った自社商品の処理をどのようにするのか?」

この問題に頭を悩ます経営者は多いのではないでしょうか?
中には、売れ残った商品を割引して、社員へ販売する企業もあります。
これは福利厚生の側面からも有効な方法ですが、税務上で思わぬ注意点がありますので、ぜひおさえておきましょう。

[Read more…]

組織最適の教育ではダメ! Googleが導入している社員のモチベーションを上げる研修「SIY」とは?

組織最適の教育ではダメ! Googleが導入している社員のモチベーションを上げる研修「SIY」とは?人材コンサルティングを行っているギャラップ社(米国)の調査によると、日本の「熱意あふれる社員の割合」はたったの6%しかないことがわかりました。
不名誉なことに、調査対象139カ国中のうち132位でした。
やる気のある社員が少ない背景として、日本の社員教育と経営手法に問題があるとギャラップ社は指摘しています。

日本企業は組織最適に重きをおいており、“効率的な全体行動”を前提とした社員教育を実施しています。
大量生産大量消費の時代だったこともあり、こうした教育制度が企業の成功を生み出してきました。
しかし時代の流れによって、組織最適の教育制度では社員のモチベーションを保てなくなってきています。

では、どうすればいいのでしょうか?

Googleが導入している研修プログラムが、その答えのヒントとなるでしょう。

[Read more…]