はじめての「税務調査」5.顧問税理士の徹底活用!

はじめての「税務調査」5.顧問税理士の徹底活用!

これまで、トレンドを踏まえた税務調査の傾向と対策について、解説をしてきました。

まとめとして最も強調したいのは、税務調査における究極の対策は、顧問税理士の徹底活用だということです。

 

[Read more…]

はじめての「税務調査」4.こんな会社、 業種が税務調査に入られやすい !?

はじめての「税務調査」4.こんな会社、 業種が税務調査に入られやすい !?

毎年すべての会社に対して税務調査を行うことは、物理的に不可能です。

では、税務調査に入る企業はどうやって選ばれるのでしょうか。

実は世の中の流れを反映したトレンドがあるのです。

 

[Read more…]

はじめての「税務調査」3.税務調査に関する6つの誤解

はじめての「税務調査」3.税務調査に関する6つの誤解
これまで税務調査の経験がない、あるいは1~2回しか税務調査を受けていない社長さんは、当然ながら税務調査の実態をよく知りません。

その一方でさまざまな情報が入ってきます。

ただし、その中には間違いや誤解も少なくありません。

この記事では、税務調査に対して都市伝説化している情報について解説いたします。

[Read more…]

はじめての「税務調査」2.調査項目を 知ろう!

はじめての「税務調査」2.調査項目を 知ろう!

税務調査で不安になる理由は、何を質問され、どんなことをチェックされるのか分からないからです。

この記事では、税務調査当日、調査官は御社のどこを見るのか、決算書や領収書の中身から、会話内容までチェックポイントを解説します。

 

[Read more…]

はじめての「税務調査」1.初期対応のポイント

はじめての「税務調査」1.初期対応のポイント

「税務署です。10月6日に調査に行きたいのですが」

税務調査は、こんな風に突然来ます。
何の準備もなく、こんな電話を受けたら、何を話せばいいのか分からなくなるのも無理はありません。
この記事では、税務署と最初に接触する際、どのように対応すればいいのかを解説します。

[Read more…]

ネット取引の申告漏れ所得金額12%増の1件当たり1,222万円

ネット取引の申告漏れ所得金額12%増の1件当たり1,222万円

ネット取引者の申告漏れ額は実地調査全体の1.5倍

国税庁によると、平成25事務年度におけるインターネット取引を行っている者への実地調査(税務調査)は、昨年度の1,886件から5.5%減の1,782件。
一方、1件当たりの申告漏れ所得金額は、昨年度の1,091万円から12.0%増の1,222万円となっています。
実地調査全体の申告漏れ所得金額が810万円ですから、実に1.5倍の金額に上ります。

[Read more…]

起業!法人成り!その資金どうする?

起業!法人成り!その資金どうする?

これから事業を展開していく起業家にとって重要な問題が「資金調達」です。

 

今回はその中でも、創業時や法人成りの際に申請することができる補助金・助成金をクローズアップします。

 

[Read more…]

慌てず騒がず落ち着いて対処しよう!税務署から「税務調査に行きたい」と電話があった場合のQ&A

慌てず騒がず落ち着いて対処しよう!税務署から「税務調査に行きたい」と電話があった場合のQ&A

Q.当社は設立してから3年が経過します。
そろそろ税務署から税務調査が来そうで気になります。
もし、税務署から電話がかかってきたら、どのように対応すればいいのでしょうか?

A.即答せず、顧問税理士に連絡をしてください

[Read more…]

貸倒損失を計上する場合の注意点

長い間にわたって回収できない売掛金が資産に計上されている場合、期末に貸倒損失を計上することができます。

 

売掛金を経費で処理する場合、どんな留意点があるのでしょうか?

 

[Read more…]

怖い重加算税!

怖い重加算税!
今回は税務調査の後に仮装隠ぺいしている事実が発覚し、追徴課税を受けた時に課せられる「重加算税」などを中心に説明致します。
例えば、5年間無申告の個人事業者に税務調査が入り、調査の結果、1年あたり300万円の所得税額が出た場合、仮装隠ぺいしている事実があると認められる時は、本税以外に40%が上乗せされます。
[Read more…]

役員の親族が通常の使用人である場合の給与には要注意

役員の親族が通常の使用人である場合の給与には要注意
私は、家族経営に数名のスタッフを含めた8人程度の中小企業の社長をしています。
先日、同業者の知り合いが、税務調査で多額の修正申告をするはめになったという話を聞きました。

[Read more…]

サービス業を始めたらこの数字だけは要チェック

サービス業を始めたらこの数字だけは要チェック
確定申告書を出して、決められた金額を納税すれば、長きに渡る税金とのお付き合いは終わり……。
と思っていませんか?
実は忘れてはいけないことがあります。
それは忘れた頃にやってくる税務調査です。
[Read more…]

建設業の税務調査で指摘される急所とその対応策

建設業の税務調査で指摘される急所とその対応策
建設業を営んでいる社長さんに、日々の売上管理と原価管理はしっかり行っていますか?
と聞くとたいてい、「細かくはやっていない」「頭の中で把握している」といった答えをいただくことがあります。
しかしながら、このような社長さんに限って決算を迎えると、赤字の工事があったり、決算上、黒字は出ているけれども、会社に現金がなかったりと経営上問題のある会社が多いのです。
特に日々の売上管理や原価管理がこのような状態では、ある日、突然、税務調査に入られても、なす術がありません。
今回は建設業の方のために、税務調査に入られても慌てないための対応策をご紹介します。

[Read more…]

飲食業の税務調査で必ずつっこまれる急所と対応策

飲食業の税務調査で必ずつっこまれる急所と対応策
飲食店はその日の売上が現金で管理される現金商売の代表格です。
日々の売上をきちんと帳簿につけて管理している飲食店は別として、なかには、実際に取引があったのにも関わらず、帳簿に売上をつけずに、申告する悪質なケースも存在します。
しかし、現金商売なのでなかなか取引の実態をつかめない可能性もあります。
そこで税務署ではこうした脱税の証拠を掴むために、顧問税理士や本人に、事前連絡せずに抜き打ちで調査に来る「事前調査」や「現物確認調査」(現況調査)を行うことがあります。

[Read more…]

税務署は介護事業者の数字のここを見ている

税務署は介護事業者の数字のここを見ている

「うちは、自分とヘルパーさん数人の小さな事業所。年商も1,000万円未満だから税理士なんていらないよ」という介護事業者の社長さん、それはちょっと早計かもしれません。
実は近年、税務調査で指摘される項目として、ヘルパーさんの源泉所得税の未納付の問題や介護保険の未収金の問題があります。
この背景にあるのは、普段の実務作業に忙殺され、なかなか経理作業まで手が届かないという実態があるからでしょう。
売上台帳の作成を行っていない事業所も多く、経営もどんぶり勘定になってしまっていることが多いのではないでしょうか。
最近では、売上や経費などの経営情報をうまく活用できないために、ヘルパーさんの残業代や光熱費が膨大になってしまい、なかなか利益を出すことができない事業所も多くなっているといいます。
このため、多くの事業所が競合他社との競争で苦しんでいるそうです。毎日の売上管理がこれらの問題の鍵を握っているといえそうです。
今回は介護事業者の会計について、ご紹介していきます。

[Read more…]