【税務調査対策】決算書と領収書のチェックポイントを知っておこう

決算書と領収書のチェックポイントを知っておこう

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋など、秋は心が躍るシーズン。
しかし、実は秋は税務調査が多い季節なのです。

税務調査で不安になる理由は、何を質問され、どんなことをチェックされるのか分からないからです。

では、税務調査では調査官は御社のどこを見るのか?
いつ税務署から連絡が来てもいいように、今から対策を練っておきましょう。

[Read more…]

事例に学ぶ税務調査でチェックされやすいポイント

事例に学ぶ税務調査でチェックされやすいポイント

前々回と前回の記事で企業から見た税務調査の事例を2つご紹介いたしました。
いずれも税理士先生がついていたから、慌てず騒がず不安を最低限に抑えて臨むことができました。

また、今回の2事例で税務署からチェックされた事項は、実は税務調査でチェックされやすい典型的なポイントでもありました。
ここでは、どんなところが税務署にチェックされやすいのか解説します。

[Read more…]

実録! 企業が語る「税務調査」2.「税務調査は私の仕事です」の言葉に救われました

実録! 企業が語る「税務調査」2.「税務調査は私の仕事です」の言葉に救われました

長野県のある製造会社様は、これまで税務調査が来るのが憂鬱だったそうです。
しかし、平成21年に顧問税理士を変更し、いろいろな経営のアドバイスをもらうことができるようになりました。

昨年税務調査が来たときの対応で、さらに満足度が向上。
「同じ税理士でもここまで違うのか」と痛感されたとのこと。
税務調査に立ち会った同社の副社長様にお話をおうかがいしました。

[Read more…]

実録! 企業が語る「税務調査」1.「私に任せてください」の一言で大船に乗った気持ちに

実録! 企業が語る「税務調査」1.「私に任せてください」の一言で大船に乗った気持ちに

税務調査はどのようにして行われるのか?
経験がない社長さんにとっては、見当がつかないかもしれません。
しかし、会社を経営していれば、どこかのタイミングで税務調査を受けることになります。

今回と次回の2回にわたって、実際に税務調査を受けられた企業様のインタビューをお送りいたします。
この事例を通じて、税務調査を疑似体験してみてください。

[Read more…]

はじめての「税務調査」5.顧問税理士の徹底活用!

はじめての「税務調査」5.顧問税理士の徹底活用!

これまで、トレンドを踏まえた税務調査の傾向と対策について、解説をしてきました。

まとめとして最も強調したいのは、税務調査における究極の対策は、顧問税理士の徹底活用だということです。

 

[Read more…]

はじめての「税務調査」4.こんな会社、 業種が税務調査に入られやすい !?

はじめての「税務調査」4.こんな会社、 業種が税務調査に入られやすい !?

毎年すべての会社に対して税務調査を行うことは、物理的に不可能です。

では、税務調査に入る企業はどうやって選ばれるのでしょうか。

実は世の中の流れを反映したトレンドがあるのです。

 

[Read more…]

はじめての「税務調査」3.税務調査に関する6つの誤解

はじめての「税務調査」3.税務調査に関する6つの誤解
これまで税務調査の経験がない、あるいは1~2回しか税務調査を受けていない社長さんは、当然ながら税務調査の実態をよく知りません。

その一方でさまざまな情報が入ってきます。

ただし、その中には間違いや誤解も少なくありません。

この記事では、税務調査に対して都市伝説化している情報について解説いたします。

[Read more…]

はじめての「税務調査」2.調査項目を 知ろう!

はじめての「税務調査」2.調査項目を 知ろう!

税務調査で不安になる理由は、何を質問され、どんなことをチェックされるのか分からないからです。

この記事では、税務調査当日、調査官は御社のどこを見るのか、決算書や領収書の中身から、会話内容までチェックポイントを解説します。

 

[Read more…]

はじめての「税務調査」1.初期対応のポイント

はじめての「税務調査」1.初期対応のポイント

「税務署です。10月6日に調査に行きたいのですが」

税務調査は、こんな風に突然来ます。
何の準備もなく、こんな電話を受けたら、何を話せばいいのか分からなくなるのも無理はありません。
この記事では、税務署と最初に接触する際、どのように対応すればいいのかを解説します。

[Read more…]

ネット取引の申告漏れ所得金額12%増の1件当たり1,222万円

ネット取引の申告漏れ所得金額12%増の1件当たり1,222万円

ネット取引者の申告漏れ額は実地調査全体の1.5倍

国税庁によると、平成25事務年度におけるインターネット取引を行っている者への実地調査(税務調査)は、昨年度の1,886件から5.5%減の1,782件。
一方、1件当たりの申告漏れ所得金額は、昨年度の1,091万円から12.0%増の1,222万円となっています。
実地調査全体の申告漏れ所得金額が810万円ですから、実に1.5倍の金額に上ります。

[Read more…]

起業!法人成り!その資金どうする?

起業!法人成り!その資金どうする?

これから事業を展開していく起業家にとって重要な問題が「資金調達」です。

 

今回はその中でも、創業時や法人成りの際に申請することができる補助金・助成金をクローズアップします。

 

[Read more…]

慌てず騒がず落ち着いて対処しよう!税務署から「税務調査に行きたい」と電話があった場合のQ&A

慌てず騒がず落ち着いて対処しよう!税務署から「税務調査に行きたい」と電話があった場合のQ&A

Q.当社は設立してから3年が経過します。
そろそろ税務署から税務調査が来そうで気になります。
もし、税務署から電話がかかってきたら、どのように対応すればいいのでしょうか?

A.即答せず、顧問税理士に連絡をしてください

[Read more…]

貸倒損失を計上する場合の注意点

長い間にわたって回収できない売掛金が資産に計上されている場合、期末に貸倒損失を計上することができます。

 

売掛金を経費で処理する場合、どんな留意点があるのでしょうか?

 

[Read more…]

怖い重加算税!

怖い重加算税!
今回は税務調査の後に仮装隠ぺいしている事実が発覚し、追徴課税を受けた時に課せられる「重加算税」などを中心に説明致します。
例えば、5年間無申告の個人事業者に税務調査が入り、調査の結果、1年あたり300万円の所得税額が出た場合、仮装隠ぺいしている事実があると認められる時は、本税以外に40%が上乗せされます。
[Read more…]

役員の親族が通常の使用人である場合の給与には要注意

役員の親族が通常の使用人である場合の給与には要注意
私は、家族経営に数名のスタッフを含めた8人程度の中小企業の社長をしています。
先日、同業者の知り合いが、税務調査で多額の修正申告をするはめになったという話を聞きました。

[Read more…]