「会社の節税法」で差をつけよう その5

「会社の節税法」で差をつけよう その5会社の節税対策の基本は、やはり決算時の対策です。
会社の業績がほぼ確定する時期なので、税金の支払額もおおよそわかるからです。

決算期末から申告期にかけてできる節税対策を見ていきましょう。

 

「会社の節税法」で差をつけよう その4

「会社の節税法」で差をつけよう その4会社の節税法は、主に次の4つに分類できます。

①お金が出ていく節税の方法
②お金が出ていかない節税の方法
③税金の額が減少する節税の方法
④税金の支払いを繰り延べる節税の方法

実際には、これらの組み合わせで節税策を考えることになります。

「会社の節税法」で差をつけよう その1

「資産家の節税法」で差をつけよう その1Q:先生、わが社は業界でも右肩上がりで売上を伸ばしています。なのに、手元に残るお金が少なくて……
人件費を見直したり、コスト削減したり、費用を減らす努力をしているんですが、節税対策をしたほうがいいでしょうか?

A:そうですね。会社の節税を見直すときには、まず「通年」と「決算時」に分けて具体策を考えてみましょう。
ポイントはいかに費用計上できるか。契約書を活用したものから退職金の見直しまで方法はいろいろあります。
[Read more…]

節税の基本を知ろう

節税の基本を知ろうそもそも節税って何をすればいいのでしょうか?

恥ずかしい話、なぜ節税をすればいいのかもイマイチわかっていない状況で……
節税より投資をするほうがお金が増えるイメージをもっていました。
といった方に、節税の基本をお伝えします。
[Read more…]

税理士がいるだけで、ビジネスは変わる  その4

税理士がいるだけで、ビジネスは変わる  その4現在、新規設立した企業 10 社のうち9社が 10 年以内に倒産すると言われています。

人が健康診断を受けて、病気の早期発見につながるのと同じように、企業も悪い兆候を早めにみつけて対処することで、健全な経営を続けていくことができるはずです。

では、会社における健康診断とはなんでしょうか。
[Read more…]

今年6月に民泊新法が施行! 民泊を副業にする際の利点と注意点

今年6月に民泊新法が施行! 民泊を副業にする際の利点と注意点近年、個人が自宅の一部などを旅行者に貸し出す“民泊”が注目を集めています。
これを受け、2018年6月15日に『住宅宿泊事業法(民泊新法)』が施行される予定です。
これまで、民泊を営業するには“旅館業法に基づく簡易宿泊の営業許可”や“特区民泊の認定”などが必要でしたが、民泊新法の施行により条件や手続きが簡易化されます。

今回は、民泊を副業とする際の利点と注意点について、ご説明します。

[Read more…]

「うちはまだ必要ない」は本当か その1

「うちはまだ必要ない」は本当か その1「税理士なんていらないよ」
そんな経営者の方によくお会いします。

ですが、その判断は果たして正しいと言えるのでしょうか?
ここでは、「税理士は本当にいらないのか」について、さまざまな角度から検証してみたいと思います。

 

[Read more…]

生命保険関係の申告漏れは要注意! 税務当局も目を光らせている?

生命保険関係の申告漏れは要注意! 税務当局も目を光らせている?生命保険が贈与税・相続税の税務調査の対象として注目されています。
 
「名義保険」に関連した贈与税・相続税の申告漏れや課税逃れが目立ってきているからです。
 
 
 
 

3,000万円までは控除! マイホームを売ったときの特例 ~利益が出た場合~

3,000万円までは控除!マイホーム(居住用財産)を売ったときは、所有期間の長短に関係なく譲渡所得から最高3,000万円まで控除ができる特例(居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例)があります。

譲渡益が3,000万までは、税金がかからないという訳です。
[Read more…]

あなたは確定申告が必要?不要?がわかるチェックリスト

あなたは確定申告が必要?不要?がわかるチェックリスト

年が明けてから3月までの間に、よく耳にするようになるのが「確定申告」という言葉です。

私たちは、仕事をしたり副業をしたりするなど、さまざまな手段によってお金を得ています。
国や自治体も、公共的な活動を行うためにお金が必要です。
そのために日本に住んでいる個人や日本にある法人から「税金」を集めています。
なかでも大きな比率を占めている税金のひとつが、個人から徴収する「所得税」です。

確定申告は、その所得税を納めるために個人が行う税法に基づく手続きです。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?