忘れられてしまいがち?実は落とせる4種の経費

5414cd666254af97101fe5c13e1e42b9_mこれまでの記事で、さまざまな経費項目について、経費で落とせるもの、落とせないものをご紹介してきましたが、意外なところに盲点はあるものです。
経費として計上できるものとできないもの
減価償却資産を経費化する際に気をつけるべきこととは

落とせるのに忘れている、というものについて参考までにいくつか挙げておきます。

塵も積もれば山となる。
経費の落とし忘れをなくすことで、もしかするとかなりの額を節税できるかもしれませんよ。 [Read more…]

節税のためにレシートや領収書を集めよう

6c6934daed93ec0bacc9824791db8749_s経費を使った節税の基本は、集めることです。

集めるものは、レシート、領収書、そしてメモ書きです。

毎日、何かを購入した際には、必ずもらっておくように習慣づけます。

サラリーマン時代は、領収書をもらう習慣はなかったかもしれませんが、経営者になればまずはどんなレシート、領収書でももらっておくようにしなければいけません。 [Read more…]

事業者の確定申告!今からでも間に合う節税対策!?

事業者の確定申告!今からでも間に合う節税対策!?

今年度の確定申告の方はお済ですか。

申告書の集計が完成して税金がこんなに掛かるの?とびっくりされた方もおられるのではないでしょうか。

そんな方の為に今回は今からでも節税できる対策をご案内致します。

[Read more…]

無理なくできる節税・二つのタイプ

無理なくできる節税・二つのタイプ

節税対策にはじつは二つのタイプがあります。

会社(法人も個人事業も)は経理業務を行い、その結果として算定される利益を基に、1年に1度の年次決算を行います。

年次決算に基づいて法人税や所得税を申告し納税しますから、節税と経理業務とを切り離して考えることはできません。
そもそも経理をまともに行えていなければ、現在の正確な利益が分からず、どれぐらいの納税予測となるのかが分からないからです。

[Read more…]

家族従業員への給与支払による節税効果

家族従業員への給与支払による節税効果

前回の記事では、法人成りをした場合の、社長自らに支払う役員報酬に係る給与所得控除による節税効果について、解説しました。

今回は、家族従業員に支払う給与による節税効果について、解説をしたいと思います。

 

[Read more…]

『社宅家賃』と『年払い』を有効活用して、スマートに節税しましょう

『社宅家賃』と『年払い』を有効活用して、スマートに節税しましょう

今回は、お客様から相談がちょくちょくある節税スキーム

  • 社宅家賃の活用
  • 期末に翌期の1年分を前払いする方法

の2つについてご紹介します。

[Read more…]

青色申告特別控除65万円!どれだけ税金が安くなるの?

青色申告特別控除65万円!どれだけ税金が安くなるの?

個人の確定申告の時に話題に出てくる青色申告。

この青色申告の特典の一つである青色申告特別控除65万円を使えば税金が安くなるというのはわかるのですが、実際どのくらい安くなるかは所得金額によって異なります。

今回は、その節税額の概算を所得金額別に計算してみました。

[Read more…]

【税理士監修】これから起業するならドッチがお得? 日本一分かりやすい「個人事業」VS「法人設立」10番勝負!

法人企業と個人企業のどちらが有利?今日は、「法人企業と個人企業のどちらが有利か」についてご紹介します。
下記の表は良く聞かれる質問ベスト10に入る項目です。

一概にどちらが有利とは言えないのですが、メリットとデメリットを比較してみました。白色申告欄で空白の部分は青色申告と同じ内容となります。
これから起業を考えておられる方や、現在、個人事業の方で、今後法人成りを検討されている方は参考にしていただければ幸いです。

[Read more…]

ふるさと納税を法人が行う際、気をつけることとは?

ふるさと納税を法人が行う際、気をつけることとは?ここ数年、よく話題になるのが「ふるさと納税」というお話。

ふるさと納税といっても、実態は地方自治体への
寄付金の ようですが、個人がふるさと納税をした場合には、
確定申告を行うことで、納付する税金の額から、
一定額の寄付金控除を受けることが出来ます。

[Read more…]

太陽光及び風力発電事業!「グリーン投資減税」

太陽光及び風力発電事業!「グリーン投資減税」
グリーン投資減税(エネルギー環境負荷低減推進税制)とは、青色申告書を提出する個人及び法人が、対象設備(太陽光及び風力発電設備など)を取得し、かつ1年以内に事業の用に供した場合に、取得価額の30%特別償却(一部の対象設備については即時償却)又は7%税額控除(中小企業者等のみ)のいずれかを選択し税制優遇が受けられる制度です。

このグリーン投資減税について別表1の太陽光発電設備を中心に簡単に説明致します。
[Read more…]

いくらまでもらっていいかやっぱり悩む、社長の役員報酬

いくらまでもらっていいかやっぱり悩む、社長の役員報酬
中小企業の社長は役員給与を自分で決められます。しかし、いざ自分で決めるとなると、いくらまでもらうのが適切なのか悩むところ。今回は節税の意味も含め、どれくらいの金額に設定するが適正額なのか、ご案内します。

[Read more…]

納める税金を少なくするのは同じでも、節税と脱税は何が違う?

納める税金を少なくするのは同じでも、節税と脱税は何が違う?
会社で利益が出たら、税金を納めなければいけません。
しかし、できれば税金を多く払わずに手元に残しておきたいもの。
節税と脱税って、納める税金を少なくする点では同じ。
本質的にはどう違うのか、ご紹介します。

[Read more…]

経費で落ちるか、落ちないかを判断するための3つの基準

経費で落ちるか、落ちないかを判断するための3つの基準

事業をスタートすると、社長の誰もが気になるのが「どこまで経費として落としていいのか?」ということではないでしょうか? 

飲食店での取引先の接待から、打ち合わせに行くための電車代やタクシー代、事務所や店舗の家賃や水道光熱費、社用車の車検費用まで。
日々、事業活動を行っていれば、経費はどこかで必ず発生するものです。

とはいえ、事業活動のために使ったものすべてを「経費」として処理できるだけではない、ということも、皆さんはどこかで耳にしたはずです。
では、「経費」として処理できる基準は一体何でしょうか? 誰もが知りたい、「経費」の基準を今回はご紹介したいと思います。

[Read more…]

意外と知られていない節税対策「役員に社宅を貸与」

意外と知られていない節税対策その1「役員に社宅を貸与」

会社が役員へ社宅を無償又は低額で貸与した場合には、役員に対して経済的利益があったものとして、その経済的利益に対して給与所得課税されることとなります。
そこでどのぐらいの水準の賃借料になると経済的利益があったものとされるのでしょうか?

今回は役員に社宅を貸与することで実現できる、節税対策についてご紹介します。
[Read more…]