懲戒解雇の処分を行うには労働基準監督署への申請認定が必須?

懲戒解雇の処分を行うには労働基準監督署への申請認定が必須?当社で、懲戒解雇を検討すべき事案が発生しました。
月半ばの懲罰委員会で処分を決定し、月末付での処分を予定しています。

懲戒解雇をするにあたって、労働基準監督署(以下、労基署)の認定を受けておくべきという意見がありました。
その場合、申請認定の判断がなされるまで解雇処分はできないのでしょうか?

[Read more…]

被相続人の生前財産以外にも相続税が発生!? “みなし相続財産”とは?

被相続人の生前財産以外にも相続税が発生!? “みなし相続財産”とは?相続税の課税対象となる“みなし相続財産”。
みなさんはご存知でしょうか?

遺産を相続した際、これを相続税の計算に入れなかったことにより、税務署に指摘されてしまうこともあります。
一体、みなし相続財産とはどのようなものか、まずは基本的なことからご説明します。

[Read more…]

借入で注意したい 4つの書類と そのポイント~決算書・貸借対照表~

「決算書」は提出前にココをチェックせよ融資を申し込む際、決算書などの書類を見直しせずに提出していませんか?

融資を申し込むとは、自社を売り込む営業活動です。
提出する書類はどの企業も同じであるため、アピールポイントは「正確さ」が重要になります。
ここでは、借入で注意したい 4つの書類のうち、「決算書」と「貸借対照表」についてみていきましょう。
[Read more…]

フルタイムで働くパート社員の社会保険を未加入にできる?

フルタイムで働くパート社員の社会保険を未加入にできる?当社は弁当や総菜の製造・販売をしています。
従業員は10人前後が入れ替わりながら働いている状態です。

フルタイムで働いているパート社員の社会保険を未加入にしたいのですが、それは可能なのでしょうか?

 

(結論)
法人の場合、従業員が1人でもいると強制加入となります。
個人であれば、“従業員数”と“事業の種類”によって判断されます。

[Read more…]

業務中に発生した罰金や反則金などはどう処理される??

業務中に発生した罰金や反則金などはどう処理される??配送業者の従業員が配送中に駐車違反をしたため、会社が罰金を支払うことになった――。

このように、業務を遂行する上で過料や科料、罰金を課され、会社が支払った場合、会計処理はどのように行えばよいのでしょうか?

 

[Read more…]

平成30年度以降、キャリアアップ助成金が変わります!

平成30年度以降、キャリアアップ助成金が変わります!平成30年4月以降より『キャリアアップ助成金』の内容が大きく変わる予定であることが、厚生労働省より発表されました。

今回は、8コースの中から特に取り組みやすい『正社員化コース』について、“支給申請上限人数の拡充”や“支給要件の追加”などの変更点も含めてご紹介します。

[Read more…]

売れ残った自社商品を社員に販売すると給与になる?

売れ残った自社商品を社員に販売すると給与になる?「年末や期末に売れ残った自社商品の処理をどのようにするのか?」

この問題に頭を悩ます経営者は多いのではないでしょうか?
中には、売れ残った商品を割引して、社員へ販売する企業もあります。
これは福利厚生の側面からも有効な方法ですが、税務上で思わぬ注意点がありますので、ぜひおさえておきましょう。

[Read more…]

小規模個人事業主の方は必見! 特例で65万円までは経費OK?

小規模個人事業主の方は必見! 特例で65万円までは経費OK?事業による収入を得ている個人は原則として確定申告をする必要があります。
収入はあるものの経費にできるようなものがあまりない場合、収入金額がそのまま所得税の対象になってしまうのでしょうか?
そんな時、もしかしたら「家内労働者等の必要経費の特例」が使えるかもしれません。

[Read more…]

退職予定者から賞与の前払いを請求されたらどうすればいい?

退職予定者から賞与の前払いを請求されたらどうすればいい?賞与の支給日前に退職する従業員から、賞与の前払いを請求されました。
どのような対応をすればいいのでしょうか?

(結論)
厚生労働省のモデル就労規則によると、「賞与の支給対象者を『一定の期日(6月1日や12月1日、または賞与支給日)に在籍した者』とする規定を設けることで、期間の途中で退職等をし、その日に在職しない者には支給しないことも可能」となっています。

つまり、支給日に在籍しない場合は賞与付与の対象外にできると考えられます。

[Read more…]

自宅を賃貸した場合、家賃収入の消費税は課税? 非課税??

自宅を賃貸した場合、家賃収入の消費税は課税? 非課税??引っ越しや異動といった理由で自宅を他人に貸し出し、家賃収入が発生するケースがあります。

今回は、その家賃収入に関する消費税について解説します。

原則として、住宅の貸付は非課税となりますが、家賃収入に消費税が課税される場合がありますので、ケースごとに見ていきましょう。

[Read more…]

夫婦がともに病気にかかった場合、高額医療費の「世帯合算」として払い戻しを受けられる?

夫婦がともに病気にかかった場合、高額医療費の「世帯合算」として払い戻しを受けられる?女性従業員の旦那様が病気にかかり、勤め先の会社で私傷病休職として扱われていると聞きました。心労や看護疲れのせいか、女性従業員も体調不良で会社を休むことが増えてきています。

もし2人とも病気にかかってしまったら、彼女たちは高額医療費の「世帯合算」として、医療費の負担を軽減できるのでしょうか?

(結論)
「世帯合算」が指す同一世帯とは、「被保険者+その被扶養者」になります。ですので、女性従業員と旦那様がそれぞれ独立した被保険者の場合は、世帯合算の規定は適用されません。

[Read more…]

生命保険関係の申告漏れは要注意! 税務当局も目を光らせている?

生命保険関係の申告漏れは要注意! 税務当局も目を光らせている?生命保険が贈与税・相続税の税務調査の対象として注目されています。
 
「名義保険」に関連した贈与税・相続税の申告漏れや課税逃れが目立ってきているからです。
 
 
 
[Read more…]

従業員の未払い賞与を損金計上するにはどうすればいい?

従業員の未払い賞与を損金計上するにはどうすればいい?決算の前後に支払われる従業員への決算賞与は、従業員の士気を高める効果があると考えられます。

また、通常の賞与と同じく損金に計上できるため、節税対策を目的として支払う企業も多くあるでしょう。

決算直前だと従業員への支払いが間に合わないこともありますが、未払いであっても一定の要件を満たすことで今期の損金に計上することが可能です。

[Read more…]

あなたは間違っていない? ゴルフ会員権の会計処理

あなたは間違っていない? ゴルフ会員権の会計処理得意先の接待や従業員の福利厚生を目的として、ゴルフ会員権を法人で購入されることもあるでしょう。

ゴルフ会員権関連の会計処理は、所有形態や使用実態によって異なります。

今回は、ゴルフ会員権の会計処理についてご紹介していきます。

[Read more…]

借上げ社宅を活用しましょう

労働契約や残業代… 法規制に適切に対応していこう会社が従業員の自宅家賃を負担する方法として、借上げ社宅を検討される方もいらっしゃるでしょう。
借上げ社宅とは、会社がアパートやマンションを借りて、それを社宅として従業員に又貸し提供する方法です。

家賃負担制度として住宅手当を支給している会社も多いと思いますが、一般的に借上げ社宅の方がメリットが大きいと考えられています。
では、借上げ社宅のメリットとその注意点について見ていきましょう。

[Read more…]