税理士がいるだけで、ビジネスは変わる その2

税理士がいるだけで、ビジネスは変わる その2決算書に税理士の判がある場合、「この会社は○○税理士が顧問だから、脱税はしないだろう」という印象を税務署に与えることがあります。
そのほかにも税務調査へ入る企業リストから外されたり、3年に1回の税務調査が5年に1回になったりするなどのメリットが考えられます。

ところが、です。

税理士が判を押していない決算書があると、個人の年金受給者といったレベルなら許されるのですが、年商がある程度の株式会社など法人格については、税務署に与える印象がまったく変わってきます。
[Read more…]

税理士がいるだけで、ビジネスは変わる その1

税理士がいるだけで、ビジネスは変わる その1経理作業を経営者自らがして事業を傾かせてしまった。
こういうことが、なぜ起こってしまうのでしょうか。

それは、経営者自身が自分の給与計算をしっかりできていないからです。

あなたの時給を計算してみてください。自分の時給がわかると、仕事への考え方が変わります。
税理士を雇えば、経理会計業務にかかわる時間を90%以上短縮できます。

ここでは、税理士の存在がビジネスをどのように変えていくのかについて、ご紹介していきます。
[Read more…]

会社のホームページに掲載 就業規則の周知義務は果たしている?

会社のホームページに掲載 就業規則の周知義務は果たしている?相談内容】
当社は建設業を営んでいます。
ある工事現場で、監督者が規律違反者を注意したところ、当人は「就業規則を見たことがないから、服務規律も知らない」と反論してきました。
当社では、会社のホームページ上で就業規則を確認することができます。
そのため、就業規則の周知義務を果たしていると考えていますが、いかがでしょうか? [Read more…]

「うちはまだ必要ない」は本当か その2

「うちははまだ必要ない」は本当か その2以前は地域でいちばん大きな介護系サービス会社に勤めていて、売上は数億円。直属の部下に指示しながら部の業績を伸ばした。お客様にも慕われ、応援してくれる人 もたくさんでてきたので独立した──。

起業した人は、多かれ少なかれ、そのようなサクセスストーリーをもっていることでしょう。

ですが、起業直後に経営者が最も悩むこと。それは人材不足です。
とくに、参謀役とよばれる人達がいないといって、皆悩むのです。

[Read more…]

社内でパワハラ発生! 加害者にも休業手当の支給が必要!?

社内でパワハラ発生! 加害者にも休業手当の支給が必要!?【相談内容】
社内で深刻なパワーハラスメント(以下、パワハラ)のトラブルがあり、事態を収拾させるために加害者側の社員に数日間の自宅待機を命じました。
一方、被害者側の社員は精神的な苦痛から、うつ病を発症して会社を休んでいます。
この場合、加害者側・被害者側双方の社員に対し、休業手当を支払う必要がありますか?

[Read more…]

得意分野に精通した 心強い味方の見極め方 ~税理士と社労士~

得意分野に精通した、 心強い味方の見極め方~税理士と社労士~専門家は、対象となる専門分野があまりにも広いため、すべての業務に精通しているわけではありません。
たとえば税理士は「節税に強い」「不動産分野に強い」「相続税・贈与税に強い」など、一人ひとりに得意分野があります
豊富な経験と知識があるため、得意分野に関しては個々の状況に応じた的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

しかし、得意分野以外に関しては、いわゆる「マニュアル的な対応」になりがちです。

[Read more…]

季節的業務の雇用延長後に解雇をする場合、予告は必要?

季節的業務の雇用延長後に解雇をする場合、予告は必要?【相談内容】
海水浴場などでの季節的業務を行うため、2ヵ月の契約で新たに従業員を雇い入れました。
その後、夏日が続いた影響で浴場経営を継続させる必要性から、従業員の雇用期間をさらに3ヵ月間延長しました。

しかし、思ったほど海水浴客が増えず、雇用を継続することが困難になったため、雇用を開始して4ヵ月目に解雇することになりました。

この場合、30日前までに解雇予告をすることが必要でしょうか?

[Read more…]

自社株式の相続税・贈与税は、納税を猶予することが可能!?

自社株式の相続税・贈与税は、納税を猶予することが可能!?オーナー経営者が急に亡くなり、早急に自社株式の相続対策を行わなければならなくなった――。
そんなときの対策として注目すべきなのが、議決権のある株式の3分の2を上限として、納税の猶予ができる“非上場株式の相続税・贈与税納税猶予制度”です。
今回は、この“非上場株式の相続税・贈与税納税猶予制度”について、ご紹介します。

[Read more…]

経営者にとって 頼りになる専門家とは?

経営者にとって 頼りになる専門家とは?資金調達は「お金を確保できれば終わり」ではありません。
資金の確保はあくまで「事業を拡大して顧客満足度を高める」「新しい商品やサービスを市場に提供する」など、ある目的を達成するための準備であり、スタートです。
そこから走り出し、無事にゴールにたどり着くまで、さまざまな困難を乗り越えていく必要があります。

プロほど「横のつながり」を持っている

資金調達をゴールとする専門家では、それ以降のサポートは期待できません。真に資金調達に精通した専門家であれば、クライアントが目指すゴールを意識し、自身がもつ人脈をフル活用してサポートしてくれます。
たとえば、銀行融資の申し込みには、生命保険への加入が有利になります。そのため銀行融資の相談があれば、生命保険の加入を勧めるとともに、信頼できる生命保険会社の営業マンを紹介してくれます。
起業の相談であれば、司法書士や行政書士を紹介し、面倒な申請や手続きがスムーズに進むよう支援してくれます。「創業資金は十分か」「起業のタイミングは最適か」なども、複数の専門分野から意見を伝えてくれるかもしれません。

専門家には専門家ならではの豊富な人脈があり、そこには多くの経営者をサポートして成功に導いてきた知恵と経験があります。経営者一人では超えられない限界も、理解ある専門家の助けを借りることで、信じられないくらいあっさりとクリアできるのです。それでは、どのような専門家がいて、それぞれ何を得意としているのか、どんなときに頼りになるのか、簡単にご説明します。

▲税理士
税理士は税の専門家です。税務代理や税務書類の作成、税と会計に関する幅広い相談業務を行っています。
資金調達時に限らず、日々の記帳代行、定期的な伝票入力、試算表や決算書の作成、税務に関する優遇措置や税制改正の最新情報の提供など、経営者にとって身近な専門家であり、ビジネスパートナーになれる存在です。
そのほか、次のような業務も担っています。
◦確定申告書や相続税申告書など、税務署に提出する書類作成
◦確定申告の代理、青色申告の承認申請
◦税務調査の立会
◦税務相談
など

▲社会保険労務士(社労士)
労働関係諸法令に精通し、人事や労務に関する手続きの代行や相談に応じる専門家です。社員の入社から退社まで、さまざまな場面で支援をしてくれます。労働関係諸法令の書類作成や提出は、必要ですが、素人がやるとたいへん時間がかかってしまいます。その作業から解放されることは、経営者にとって大きなプラスになります。また社外の人間からの冷静かつ客観的なアドバイスは非常に貴重で、社内の労働トラブルについても、正しく解決の道へと導いてくれます。
◦労働関係諸法令および年金に関する申請・手続きの代行
◦労働トラブル、労務リスク対策の相談
◦厚生労働省関連の助成金申請サポート、手続きの代行
◦就業規則等、社内規定の作成・変更・届出
◦賃金や退職金、企業年金制度の構築、給与体系の見直し
◦社内研修や社員教育、教育訓練制度、人事考察制度の制定や改定

▲行政書士
行政手続きのスペシャリストであり、外国人の入国や在留に関する諸手続き、中小企業へのさまざまな支援を行っています。行政書士の業務は多岐に渡りますが、経営者が頼れる内容には、次のようなものがあります。
◦法人関連手続き
◦許認可等の申請
◦外国人雇用関係に関するビザ関係
◦知的財産権の保護・利用に関する支援
◦土地活用関連手続き
◦相続関連手続き
など
法人関連手続きでは、書類作成や提出手続だけではなく、定款や議事録、契約書、示談書などに関する相談業務も行っています。

▲司法書士
法務局や裁判所、検察庁における手続きのサポートをする専門家です。主な業務は、次のような内容です。
◦不動産、会社、法人の登記。供託手続きの代理
◦裁判所または検察庁に提出する書類の作成
◦家庭裁判所から選任される成年後見人等の業務
◦簡易裁判所における訴訟、調停、仲裁、裁判外和解等の代理および相談(訴金140万円以下の訴訟で、法務大臣認定司法書士に限る)
経営者として依頼をするのは、主に会社や法人の登記関係でしょう。会社や法人を設立したとき、社名や資本金、役員などを変更するとき、M&Aなどの組織再編成をするときに相談できます。

▲弁護士
法律の専門家であり、裁判や法的な交渉の代理、補助金の対象となる事業に関する契約書作成、Webサービスを行う場合の利用規約やプライバシーポリシーの作成代行などを行ってくれます。とくに法的な交渉や裁判の代理を担えるのは、原則として弁護士のみです。契約トラブルや売掛金の未払い、労働問題などの法的トラブルを解決したり、法的トラブルを未然に防ぐための仕組みづくり、契約書作成などでも活躍してくれます。ただし、専門分野といっても法律の数は約2000もあり、そのすべてに精通することは不可能です。そのため個々の弁護士は、次のような「得意分野」を持っています。
◦契約書作成
◦会社法等のビジネス法分野
◦事業再生や破綻などの更生法分野
◦相続や離婚事件などの家事分野
など。

 

 

経営者の仕事とは?

経営者の仕事とはあなたは、月にどれくらい稼げる経営者になりたいと思っていますか?
もし月に 22 日、毎日8時間働いて100万円稼ぎたいのであれば、あなたの時 給は約5700円になります。
ただし創業当初、従業員と呼べるのは奥様だけ。またはアルバイトが1人か2 人といった小規模からのスタートになります。事務所の掃除や消耗品の買い出し、 電話対応、銀行への記帳、領収書の整理、請求書の発送など、時給900円程度 のアルバイトの作業を自らカバーしなければならない場面もあるでしょう。
パソコンやプリンターなどの電子機器が壊れたときは、修理費を抑えようと、メーカーのカスタマーセンターに電話をかけてどうすれば直るのか、自分にできることをすべて試すはずです。バックアップを取り、初期化して、設定をやり直し、ソフトやデータをインストールし直して……そんな作業で4〜5時間があっという間に過ぎてしまいます。
時間がかかったけど、なんとか自力で直すことができた。修理代が浮いてよかった──と思うかもしれませんが、それは間違いです。

[Read more…]

育休の取得予定者は、年休の計画的付与の対象となるのでしょうか?

育休の取得予定者は、年休の計画的付与の対象となるのでしょうか?当社で、年次有給休暇(以下、年休)の計画的付与制度の導入を検討しています。
育児休業(以下、育休)の取得予定者に対して、計画的付与の予定日をどう扱うべきでしょうか?
また、1歳6ヵ月や、2017年10月に改正された育児・介護休業法による、最長2歳までの育休延長との関係はどうなるのでしょうか?

[Read more…]

実例から学ぶ! デキる経営者の資金調達法 その2

実例から学ぶ! デキる経営者の資金調達法実際にあった事例をもとにしながら、それぞれの状況にぴったりの資金調達に向けた有効手段を学んでいきましょう。

事例を参考に、どの方法がご自身の状況にふさわしいか、考えて読んでみてください。

 

[Read more…]

試用期間中の給与は減額できますか? 期間は?

試用期間中の給与は減額できますか? 期間は?お金をかけてどうにか採用できたけれど、期待したほど仕事はできない。
もう少し給与を安くすればよかった。
もしくは今後、試用期間中は給与を減らしたい。

今回は、試用期間中に給与は減額できるのか、試用期間の一般的な期間設定などをお伝えします。

 

[Read more…]

取引先が被災……贈った“災害見舞金”は交際費扱いになる?

取引先が被災……贈った“災害見舞金”は交際費扱いになる?日本では近年、地震や台風などの自然災害が度々発生しています。
万が一、取引先が被害を受けた場合、会社として見舞金を支払うことがあるかもしれません。

今回は、“会社へ支払う場合”と“役員や従業員へ支払う場合”を例に災害見舞金についてご紹介します。

[Read more…]

実例から学ぶ! デキる経営者の資金調達法 その1

実例から学ぶ! デキる経営者の資金調達法実際にあった事例をもとにしながら、それぞれの状況にぴったりの資金調達に向けた有効手段を学んでいきましょう。

事例を参考に、どの方法がご自身の状況にふさわしいか、考えて読んでみてください。

 

[Read more…]