資金繰り表を作成して経営数字を読み、利益を確保する方法

financing

飲食業や美容業など、ビジネスの種類によって、どのぐらいの運転資金が必要でしょうか?

業種業態によって資金需要は大きく変わりますが、「狩猟型」「農耕型」に分けて考えると、どんな業種業態にも、応用がきき、わかりやすくなります。

[Read more…]

キャッシュリッチ経営を社長が最低限知っておくべきお金の循環の話

キャッシュリッチ経営をキャッシュリッチという言葉をご存じでしょうか。
ほとんどの人にとって、初耳だと思います。
普通はキャッシュフローというからです。
キャッシュフローとは資金の収支のことをいいます。
対して、キャッシュリッチというのは、資金の収支を改善して、正しいお金の流れ、循環を発生させ、その結果、会社にできるだけ多くのお金を残していこうという行為のことです。
[Read more…]

社員30名以内の企業なら経理全てをむしろアウトソーシングした方がよい理由

社員30名以内の企業なら経理全てをむしろアウトソーシングした方がよい理由

いますでに月5万円も税理士に顧問料として支払っている、そのうえ月15万円も外部に払いたくない、と思う社長さんは大勢いると思います。

ですが、考えてみてください。

経理を外注化せずにそのままにしていたら、どうなるでしょうか。
多くの会社では、年功序列で経理担当者の給料は上がっていきます。

経理作業の効率は、3年もやればだいたいの人が同じ水準に到達します。

ですから3年以上の人に任せたままにしておくと、それ以上は給料が上がった分だけ無駄なコストとなってしまうのです。

[Read more…]

社長が経理を丸投げする場合、最低限注意すべきポイントとは

社長が経理を丸投げする場合、最低限注意すべきポイントとは

社長が自ら帳簿をつけても1円も儲かりません。

経理や税金の専門家の税理士に任せてしまうのが一番です。

深夜に、仕事が終わって疲れている身体にむち打って、伝票の仕訳をしている社長さんがいますが、これはいくらやっても意味がありません。

そのようなことに汗を流すよりも、自分がいくら儲けたいかを考えてみてください。

[Read more…]

粗利益1億円未満の会社が、経理業務で正社員を雇わない方がよい理由

粗利益1億円未満の会社が、経理業務で正社員を雇わない方がよい理由

以前ご紹介した記事で、「経理業務は丸投げしなさい」と書きました。

では、どこに「丸投げ」するのがよいでしょうか。

会社が大きくなってくると、簿記の資格をもっている人を経理担当の正社員として雇おうとする社長さんがいます。

しかし、これでは、会社がいくら利益を上げても、本業を圧迫するだけです。

事務員の人件費は固定費です。

設立間もない会社が、事務員1人分の固定費をかかえるというのは、大きな足かせになるとお考えください。

[Read more…]

なぜ経理は丸投げした方がよいのか

なぜ経理は丸投げした方がよいのか

ここで、とても大切なことを述べます。

プレイングマネージャーと呼ばれる人達がいます。

野球では、選手兼監督といった人がそうですし、ビジネスの現場では営業マン兼管理職といったところでしょうか。
営業マンの場合、その部署のトップ営業マンが部下の育成指導もまかされているケースが多いと思います。

ところが、社長になると兼務をしてはいけない役職があります。

それは経理兼社長です。

[Read more…]

社長は経理を「流れ」でとらえましょう

社長は経理を「流れ」でとらえなさい

そもそも経理とはどのような仕事の範囲のことをさすのでしょうか。
 
普通の人に「経理とは何か」と質問すると「売上や経費を記帳したり、仕訳していく〝単純作業〞だよ」と捉えている人がほとんどです。
経理を個々の単純作業ととらえていると、以前の記事でご紹介したように〝循環〞として把握できないのです。
 
経理とはその名の通り「経営管理」の略です。

[Read more…]

なぜ経理業務の効率化ができないのか

なぜ経理業務の効率化ができないのか

この記事は、社長にとって必要な、経理の知識についてまとめたものです。
…と書くと、とたんに読まれていて気が重くなる方がたくさんいらっしゃるかもしれません。

なぜ経理は、経営者から面倒だと思われたりするのでしょうか。

それは、他の業務分野とくらべて、経理の効率化が遅れているからです。

[Read more…]

無理なくできる節税・二つのタイプ

無理なくできる節税・二つのタイプ

節税対策にはじつは二つのタイプがあります。

会社(法人も個人事業も)は経理業務を行い、その結果として算定される利益を基に、1年に1度の年次決算を行います。

年次決算に基づいて法人税や所得税を申告し納税しますから、節税と経理業務とを切り離して考えることはできません。
そもそも経理をまともに行えていなければ、現在の正確な利益が分からず、どれぐらいの納税予測となるのかが分からないからです。

[Read more…]

経理を自分で行うと業績が下がる2つの理由

経理を自分で行うと業績が下がる2つの理由

起業をしたら誰もが絶対に避けて通れないのが経理作業になります。

その作業の大半は、日々の取引を記録する帳簿付けになりますが、これを自分でやるか、それとも外部に委託するかで大きく業績が変わってくる、という話を聞いたことがありますか?

今回は経理事務を経営者が自ら行うと生じるデメリットについて紹介していきたいと思います。

[Read more…]

収入の決算整理で覚えておきたいこと3つ

収入の決算整理で覚えておきたいこと3つ

日々の経理作業の総まとめとも言われる決算。何をやっていいのかわからないと考えている社長も多いはずです。

今回は収入の決算整理について、3つのポイントに絞りながら、ご紹介していきたいと思います。

 

[Read more…]

なぜ、起業時の経理を「丸投げ」すると業績が上がるのか?

なぜ、起業時の経理を「丸投げ」すると業績が上がるのか?
皆様は、「税理士事務所に経理を一切合切丸投げする」と聞いて、どのような印象を受けますか?
「まだ起業したばかりなのに、そんなお金なんかない」というところでしょうか。
しかし、起業時だからこそ、税理士事務所に経理を丸投げすることで、成長が早まります。

[Read more…]

なぜ、起業時の経理を自力で行うと業績が下がるのか?

なぜ、起業時の経理を自力で行うと業績が下がるのか?沖縄では全国的に見ても開業率が非常に高い地域となっています。反面、廃業率も高く、たとえ起業しても、その後に経営を持続していくのは一筋縄ではいかない現実が浮かび上がります。

もちろん、経営者自身の資質が大きなウエイトを占めている訳ですが、税理士事務所のような経営者をサポートする立場から見た場合、事業がなかなか軌道に乗っていかない方の共通項として、今回のタイトルに掲げたように「起業時の経理を自力で行う」ということが挙げられます。
必ずしも全ての方に当てはまる訳ではなく、業績を伸ばしていかれている方もおられますが、経理業務から手が離れた途端、業績がさらにUPされる方がほとんどです。
これから創業を考えておられる方、起業後まだ数年だという方には、特に参考になると思いますので最後まで読んでいただければ幸いです。

[Read more…]

請求書管理を効率化するためにクラウドを使う4つのメリット

請求書管理を効率化するためにクラウドを使う4つのメリット売上が上がったら、取引先に代金の支払いを請求するために「請求書」を郵送する必要があります。しかし、取引ごとに請求書を書いたり、郵送したりする作業は非常に面倒。
しかも、請求書の数が多くなると請求書の管理するのも大変です。
また、ワードやエクセルなどの文書データで請求書を作成し、管理している人は、記載ミスや記載漏れ、間違ってデータの上書きをしてしまったりして、取引の記帳漏れという問題も出てくる場合があります。
そこで今回は、請求書発行を正しく効率化するための方法について、紹介していきたいと思います。
[Read more…]

申告で困ったら確認しておきたい、決算で必要な5つのポイント

決算でやることは5つある

まずは試算表(合計残高試算表)をつくる

複式簿記による記帳によって、取引の仕訳を総勘定元帳へ転記し終わったら、各勘定科目の借方と貸方を合計していきます。
こうして出来上がったものが、合計試算表です。
そして、借方の合計から、貸方の合計を差し引いて、各勘定科目の残高を算出します。
これが合計残高試算表(試算表)になります。
[Read more…]