経理の仕事をわかっていない社長が会社を潰す

経理の仕事をわかっていない社長が会社を潰す

皆様は「経理の仕事」といわれて、どのような仕事内容を思い浮かべますか。

経理とは、会社に入ってきたり(入金)、会社から出て行くお金(出金)に対して、きっちりと伝票をつくり、それを総勘定元帳に記入して…というのが、一般的な答えかと思います。

経理部のイメージはどうでしょうか。
営業など花形の部署に対して、簿記の資格をもったまじめな人が、静かに細かいお金の計算をしている。
そのような様子を頭に浮かべるのではないでしょうか。

しかし、これは経理業務の一部であり、すべてではありません。

[Read more…]

経理が1ヵ月止まれば会社は傾く

経理が1ヵ月止まれば会社は傾く経営者の多くは、前職で営業マン出身か、技術者出身かのどちらかでしょう。前職が経理出身という方は、まずいません。

ですから、成長期にある企業において、営業マン出身の社長は営業に注力しますし、技術者出身の社長は新技術、新サービスの開発に熱心になる傾向があり、経理はどうしても軽視されがちになります。

このような社長たちにとって、経理とは単なる「空気のような存在」なのかもしれません。

[Read more…]

その経理でほんとうに大丈夫ですか? その2

その経理でほんとうに大丈夫ですか? その2営業職に繁忙期と、非繁忙期があるのと同様、経理職にも、忙しい時期と比較的時間に余裕がある時期があります。
経理職が忙しい時期は、月末月初です。
取引先に対して「末締め翌月末払い」のような支払い方法をとっている会社であれば、その前後に多くの支払い業務をこなさなければなりません。

また、自社が顧客に対して発行した請求書の請求金額が、振り込まれているかどうかの消し込み作業も忙しくなります。

[Read more…]

起業者支援の専門家に相談してみませんか?