税理士がいるだけで、ビジネスは変わるその3

税理士がいるだけで、ビジネスは変わるその3起業を考えていて、個人か法人かで迷っている場合には、税法上、どちらの納税額が安いかで決めるのも1つの方法です。
一般的には、年収が700万円、または年商が1000万円を超えたあたりが判断基準と言われます。
[Read more…]

税理士がいるだけで、ビジネスは変わる その1

税理士がいるだけで、ビジネスは変わる その1経理作業を経営者自らがして事業を傾かせてしまった。
こういうことが、なぜ起こってしまうのでしょうか。

それは、経営者自身が自分の給与計算をしっかりできていないからです。

あなたの時給を計算してみてください。自分の時給がわかると、仕事への考え方が変わります。
税理士を雇えば、経理会計業務にかかわる時間を90%以上短縮できます。

ここでは、税理士の存在がビジネスをどのように変えていくのかについて、ご紹介していきます。
[Read more…]

実例から学ぶ! デキる経営者の資金調達法 その2

実例から学ぶ! デキる経営者の資金調達法実際にあった事例をもとにしながら、それぞれの状況にぴったりの資金調達に向けた有効手段を学んでいきましょう。

事例を参考に、どの方法がご自身の状況にふさわしいか、考えて読んでみてください。

 

[Read more…]

実例から学ぶ! デキる経営者の資金調達法 その1

実例から学ぶ! デキる経営者の資金調達法実際にあった事例をもとにしながら、それぞれの状況にぴったりの資金調達に向けた有効手段を学んでいきましょう。

事例を参考に、どの方法がご自身の状況にふさわしいか、考えて読んでみてください。

 

[Read more…]

これから申請したい!助成金&補助金

これから申請したい 助成金&補助金創業時に是非活用したい「助成金」と「補助金」。2つの違いを理解できたら、いざ申請です。

ここでは、創業時や創業間もない時期に利用できるもので、とくに人気のある補助金&助成金制度の一部をご紹介します(※平成29年度現在)。

 

[Read more…]

節税効果のある“出張旅費規程”を導入するには?

節税効果のある“出張旅費規程”を導入するには?社員が出張をすると、交通費や宿泊費、接待費など、さまざまな経費がかかります。
出張のたびに、これらを細かく経費精算するのは面倒なものです。

そこで“出張旅費規程”を導入することで、この面倒さが軽減され、節税効果も期待できます。

では、“出張旅費規程”とは一体どのようなものなのでしょうか?

[Read more…]

助成金と補助金でお金を工面する

助成金と補助金でお金を工面する助成金と補助金は国や地方自治体、財団などが管轄する「返済不要」の資金で、該当する事業などを実施することによって「後払い」で受給できます。
ただし、補助金は収益納付の可能性や一部先払いの例外も。

あらためて助成金と補助金は何が違うのか、要点を確認しておきましょう。

[Read more…]

借入で注意したい4つの書類とそのポイント ~損益計算書・試算表~

借入で注意したい4つの書類とそのポイント ~損益計算書・試算表~借入で注意したい4つの書類のうち、「損益計算書」と「試算表」についてみていきましょう。

銀行によっては、企業の成長性を見るために損益計算書を3期分並べて、売上と利益が増えているのか、減っているのかを確認します。

また、融資を申し込む時期が決算から3カ月以上経過している場合、試算表の提出を求められる可能性があります。

[Read more…]

借入で注意したい 4つの書類と そのポイント~決算書・貸借対照表~

「決算書」は提出前にココをチェックせよ融資を申し込む際、決算書などの書類を見直しせずに提出していませんか?

融資を申し込むとは、自社を売り込む営業活動です。
提出する書類はどの企業も同じであるため、アピールポイントは「正確さ」が重要になります。
ここでは、借入で注意したい 4つの書類のうち、「決算書」と「貸借対照表」についてみていきましょう。
[Read more…]

フルタイムで働くパート社員の社会保険を未加入にできる?

フルタイムで働くパート社員の社会保険を未加入にできる?当社は弁当や総菜の製造・販売をしています。
従業員は10人前後が入れ替わりながら働いている状態です。

フルタイムで働いているパート社員の社会保険を未加入にしたいのですが、それは可能なのでしょうか?

 

(結論)
法人の場合、従業員が1人でもいると強制加入となります。
個人であれば、“従業員数”と“事業の種類”によって判断されます。

[Read more…]

「衰退期」の資金調達法

「衰退期」の資金調達法衰退期は需要が落ち込み、売上が下降する時期です。赤字事業の撤退や売却、事業の抜本的な改革を図るなど、再生に向けた努力が必要になります。
売上が少なく、資金繰りに苦しんでいるという点では、導入期と同じです。

しかし、衰退期では、導入期になかった豊かな経験と人材、金融機関や取引先との関係性、資産などを持っています。それらを生かすことで、状況を変えられるのに、衰退期の経営者がそれを実践できないのは、なぜでしょうか?

[Read more…]

「成熟期」の資金調達法

「減運の会社」にならないための3つの方法成長期は右肩上がりだった売上も、成熟期では緩やかに下降していくため、新しい商品・サービスを開発し、売上を補わなければなりません。
予測していた利益が出なくなり、ときには赤字に転落するなど、資金繰りも徐々に苦しくなっていきます。

そのような状況で新事業を始めると、仕事を受けるほど会社の現金が減っていく「減運の会社」になってしまう可能性が高いです。

[Read more…]

「成長期」の資金調達法

「成長期」の資金調達法自社の商品・サービスの知名度が上がり、新規顧客がどんどん増えて、売上が右肩上がりになると、導入期と比べて資金繰りがぐっとラクになります。

このとき、たとえ資金調達が必要でなくとも、できるだけ融資を申し込んでおきましょう。

 

[Read more…]

「導入期」の資金調達法

「導入期」の資金調達法企業には、おおまかに導入期、成長期、成熟期、成熟期の4つのステージがあります。

この各ステージの状況に合わせて、どの資金調達の方法が適切なのかを、詳しくご説明していきましょう。

 

[Read more…]

企業のライフサイクルとは?

企業のライフサイクルとは?どのような商品・サービスであっても、永遠にブームが続くものはありません。

おおまかに次のような4つのステージを辿ることになります。

 

 

  • 商品に対する認知度や需要が低い「導入期
  • 認知度が高まり、需要が増えて売上が右肩上がりになる「成長期
  • 売上のピークが過ぎ、業界内で淘汰が始まる「成熟期
  • ユーザーやニーズが減り、撤退のタイミングを図る「衰退期

[Read more…]