「資産家の節税法」で差をつけよう その3

「資産家の節税法」で差をつけよう その3小規模の会社等の役員が退職した場合、生活の安定や事業の再建を図るための資金をあらかじめ準備しておく共済制度に、「小規模企業共済制度」があります。
この制度は、いわば“経営者の退職金制度”。
国が全額出資している独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています。
税制上のメリットがあるほか、一定の資格者は、納付した掛金合計額の範囲内で、事業資金等の貸付が受けられます。
この制度の加入条件やメリットを詳しくみていきましょう。 [Read more…]

法人成りして自分と家族従業員への退職金を経費とする

法人成りして自分と家族従業員への退職金を経費とする

前回の記事では、「法人成りした場合の、家族従業員への給与支払による節税効果」を説明しました。

今回は、法人成りした場合の、「退職金」支払による節税効果について、解説いたします。

 

 

[Read more…]